マツヨイグサ油は皮膚と髪の健康をよくする

マツヨイグサ油

早分かり -

  • マツヨイグサ油はマツヨイグサの種子から作られ、経口投与用サプリメントとして普及しています
  • マツヨイグサは見過ごされがちですが、マツヨイグサ油にはいくつもの健康的メリットがあるので無視していられません
  • その使い方やメリット、マツヨイグサ油を生活の一部にするとよい訳をご説明します
文字サイズ:

マツヨイグサ (イノテラ・スペシオサ)は亜熱帯や温帯に普通に分布しており、道端や荒地の単なる野草ぐらいにしか扱われません。しかし、ありきたりな反面、様々な利用法や応用を知る人は多くいません。

昔はマツヨイグサはチェロキー、イロコイ、オジブワ、ポタワトミ等のアメリカ原住部族の定番の食品でした。根を沸騰し、打撲傷やその他の傷に塗り速く治していました。17世紀には欧州に導入されるようになりました。

現代では、マツヨイグサは鎮痛や様々な皮膚病を抑えるのに利用されています。さらに、この植物のほぼすべての部分をサラダやその他の料理に加えて風味と色を加味しています。マツヨイグサはさらにホーリスティック医療と化粧品にマツヨイグサ油(EPO)として利用されています。

マツヨイグサ油の使用

マツヨイグサ油はマツヨイグサの種子から作られ、経口投与用サプリメントとして普及しています。このオイルの普及している利用法:

湿疹の抑制 — 湿疹の主な原因はホルモンのアンバランスですマツヨイグサ油はホルモン生産の調整を助け、湿疹ができにくくなります。マツヨイグサには脂肪酸が豊富なので皮脂を希釈しやすく、毛穴が塞がりにくくなります。

乾癬の症状を和らげる — 乾癬は乾いた痒い炎症を起こした皮膚によってしばしば特徴づけられます。よく腸管壁浸漏症(腸壁を通過した毒素が血流に侵入する)とも関連づけられています。こうした毒素は乾癬症状の発生に影響します。

マツヨイグサ油に豊富に含まれるγ-リノレン酸(GLA)は腸壁の炎症を減らし、腸壁浸漏を修復するのを助けます。マツヨイグサのサプリメントで体内から乾癬を癒すことができます。

糖尿病患者の神経障害を軽減する — 2014年のある研究がビタミンEとマツヨイグサのサプリメントは糖尿病による神経障害の軽減に有用なことを特定しました。一年間サプリメントを服用した研究参加者の88 %で神経障害による痛みがとてもよく減りました。

マツヨイグサ油の健康的メリット

以上の利用法のほかにも、マツヨイグサ油にはその他の健康的メリットもあります:

抗炎症 — マツヨイグサ油の抗炎症性はリウマチやその他の炎症による異常を緩和するのを助けます。

多発性硬化症(MS)の重度を軽減する — 2013年のある研究が麻の実とマツヨイグサ油の組み合わせを取り入れた熱い自然食が多価不飽和脂肪酸を増やし、これが体内の血漿ストックの改善を示すことを特定しました。

2018年のある研究がマツヨイグサは直接生活の質全体を改善するわけではないが、これを投与すると認知機能とバイタリティーによい効果があることを示しました。MSの痛みと倦怠は対照群より軽くなりました。

心臓を健康に維持 — EPOに含まれるGLAが血行を盛んにすることがわかっています。Prostaglandins, Leukotrienes and Essential Fatty Acids誌に掲載されたある動物研究は、GLAを餌に加えると重篤な心室細動が軽減されることを特定しました。

マツヨイグサ油の成分

マツヨイグサ油のいくつもの健康的メリットは健康的な脂肪が豊富なことによるものです。このエッセンシャルオイルは、リノレン酸とGLAという形態でオメガ6脂肪酸が豊富です。アメリカ人はほとんどオメガ6脂肪酸を健康に悪い植物油から摂っていますいますが、マツヨイグサ油のGLAはオメガ6やその他いくつもの健康的メリットがあります。

GLAがリノレン酸より健康的な理由はプロスタグランジンを含むからです。プロスタグランジンは全身の機能のために必須の物質で、多くの器官の機能調節のために必要な物質です。この物質はこのオイルの抗炎症性をも担っており、関節炎やその他の炎症性の障害を緩和します。GLAは脳の機能、生殖力、代謝の改善に関わっています。

マツヨイグサ油の機序は?

マツヨイグサ油のメリットの多くは高濃度のγリノレン酸によります。GLAは炎症による障害の悪化原因であるサイトカインの一つ、インターロイキン 1 ベータの生産を減らして体内の炎症を減らします。 さらに、不飽和脂肪酸であるGLAは体内で受容体や酵素、イオンチャンネルの機能を円滑にします。

マツヨイグサ油は安全に使えますか?

マツヨイグサ油

マツヨイグサ油は人間が消費したり短期間塗るには概して安全です。しかし、長期的使用の安全性は化学研究により今後解明される余地があります。

鎮痛効果があるけれども、このオイルを投与したり消費する前に健康関連の専門家にご相談ください。こうして正しい用量と他の薬をのんでいればそれとの相互作用の可能性について見極めやすくなります。局部に塗るなら、パッチテストをしてから利用しましょう。

マツヨイグサ油の副作用

その他大部分のエッセンシャルオイルと同様でマツヨイグサ油を使う前に把握すべきいくつかの禁忌が存在します。禁忌の例:

  • EPOは低血圧にする傾向があり、血圧調整薬に干渉することがあります。
  • このオイルはワルファリンやクマジン等の血液希釈剤に干渉し、手術中の異常な出血リスクと出血の問題を大きくします。
  • フェノチアジンは精神分裂症の処方薬です。こうした薬を服用している人はマツヨイグサ油で発作やひきつけが起きるリスクが高くなる場合があります。
  • マツヨイグサ油の使用は胎児や授乳中の赤ちゃんへの影響がまだじゅうぶん解明されていないので妊娠中や授乳中は避けたほうがよいでしょう。 幼い子供もEPOの使用は控えたほうがよいでしょう。
+ 出典および参考資料