レンゲについて何でも知る: この東洋のオイルには多くの効能がある

レンゲの根

早分かり -

  • アジアでは様々な部族や文明が医用に収穫してきたハーブや植物が多くの文化の一部になりました。以前は西洋ではさほど人気がなかったのですが、レンゲ特にそのオイルが健康に様々な効能があるハーブの一つとしてだんだん定着してきました
  • マメ科のレンゲは中国では「黄芪」と呼ばれ、意味は黄色のリーダーです。根が黄色いのでこう呼ばれます
文字サイズ:

レンゲオイルとは?

レンゲ オイルは学名Astragalus membranaceusとして知られるレンゲの根から取ります。 中国語では黄芪、北芪、黄耆などとも呼ばれます。

原産地は中国北部及び雲南省や四川省の高地です。マメ科のレンゲは根が黄色いので中国では「黄芪」と呼ばれ、意味は黄色のリーダーです。

この植物は甘い香りの黄色い花を咲かせ、けばけばした茎があり、日のよく当たる砂地で水はけがよい土壌が成長に最適です。この植物の存在と利用法は約5,000年前とも憶測される中国の古代ハーブ学者神農(シェン・ノン)が発見しました。

「神農本草経」(紀元約100年頃と想定される)にその伝承がまとめられ、効能が発見された約300種類の植物について記述されており、おそらく神農の研究記録が伝わってまとめられるに至ったものと推測されています。

レンゲには他の品種が北半球ではモンゴル、日本、北朝鮮など温暖な気候帯で発見されています。

レンゲオイルの用途

漢方の歴史においてレンゲの応用により身体の生命力であり保護的エネルギーを意味する「気」または一般的に免疫系の強化に役立つと言われてきました。レンゲ オイルの化粧品としての利用については報告された研究がないので、当面はマッサージ用が最適でしょう。

オイルのほかにもレンゲの根はエキス液、 チンキ剤、お茶、クリーム(局所用)などその他の製品に応用されます。この植物を微量に含む製品が以下の異常を軽減するのに役立ちます:

慢性的虚弱

倦怠

弱い消化力

息切れ

膨満感

潰瘍

免疫力低下

心不全

HIV/エイズ

寝汗

腎炎

副腎エネルギー低下

尿路感染症

慢性化した風邪、アレルギー、インフルエンザの予防

他のレンゲ製品については推奨用量に配慮してください:

  • ティー/ハーブ煎じ汁 — 乾燥させた根3~6gを約30ccの水に入れて一日三回飲む
  • 根の粉末 — 250~500mgを一日三回飲む
  • カプセル — カプセル (500mg)を一日に2~3個
  • チンキ剤とエキス液 — 2~4cc (ティースプーン約1/2~3/4) 一日三回
  • 軟膏 — 傷口表面に10%濃度のレンゲを塗る(ヘルスケア専業者のアドバイスを受けずに開いた傷口には塗らない)

レンゲオイルの組成

レンゲには以下の成分があります:

多糖類

サポニン

フラボノイド

アミノ酸

微量元素

エッセンシャルオイル

コリン、ベタイン、グルコン酸等の有機化合物

亜鉛、鉄、銅、マグネシウム、マンガン、カルシウム、カリウム、セレニウム、ナトリウム

植物繊維、粗繊維

利尿効果がある苦い化合物

免疫応答を強化する粘液質化合物

学名astragalus maximusという別のレンゲについてイランのタブリーズ医科大学研究陣が行ったある研究では、以下のような非テルペノイド物質の混合物が発見されました:

ミリスチシン

フィトール

ベンズアルデヒド

3-メチル

1-ドデカノール

アセトフェノン

ペンタデカノン

6,10,14-トリメチル

レンゲオイルの効能

レンゲ エッセンシャルオイルなどのレンゲ製品をお使いになるなら、以下に潜在的ないくつか効能をご紹介します:

免疫機能強化

白血球数の増加

抗体生産の刺激

健康な消化促進

心臓と全体的心臓血管系の機能改善

新陳代謝の改善

糖尿病が管理しやすくなる

正常なコレステロール濃度の維持

肝臓と腎臓の機能強化

ウィルスや細菌に対する身体の抵抗力増加

胃内の分泌阻止と胃酸削減による胃潰瘍治癒に役立つ

煎じ出したレンゲオイルの作り方

レンゲ オイルを自宅で煎じる簡単な方法:

材料

  • レンゲの根
  • 担体(基質として利用する。よく使われるもの:スィートアーモンド、ココナッツオイル、オリーブオイル)
  • 混合用スプーン
  • 非漂白チーズクロス、綿モスリン、細目ガーゼ
  • ダブルボイラーかクロックポット
  • 保管用ガラスジャー

手順

  1. ハーブとオイルをダブルボイラーの中で混ぜます。最適比はレンゲ7.4ccに担体1カップ。
  2. 齢熱で(60℃)6~8時間加熱する。
  3. 加熱し終わったら、混合液を絞り出してガラスジャー(かお好みの容器)に移す。

出来上がった液をジャーに入れて約6か月乾燥した冷暗所に貯蔵し、オイルが芳香性、医用特性を保持できるようにする。オイルを電子レンジで加熱しない。経口では使用しない。

レンゲオイルはどのように効くのでしょうか?

ティーやカプセル等のレンゲ製品は通常内服しますが、オイルは局部に塗るのが最適です。以下は身体のための潜在的効能です:

血管を解す

血圧を下げる

脂肪のプラーク堆積を阻止し動脈を詰まらせないようにするので血液が流れやすくなる

身体のエネルギー増進(レンゲ は適応促進薬)

胃の酸度を下げる

血糖を削減する

レンゲオイルは安全?

レンゲにマイナスの影響があるかについて全く主要なレポートはありませんが、妊娠や授乳中、手術後、以下の病気の場合はこの植物やオイルを摂取しないのが安全です:

自己免疫疾患

多発性硬化症

乾癬

関節リウマチ

1型糖尿病

全身性エリテマトーデス

特に子供を含め、この植物を経口で使用するには医師に相談することをお勧めします。この植物を取り扱うことによる炎症を伝えた主要なレポートは存在しませんが、アレルギーの潜在性を判断するためのパッチテストは受けるほうがよいです。

レンゲオイルの副作用

レンゲの記録された副作用症例は存在しませんが、以下の副作用が潜在的に考えられますのでご注意ください:

湿疹、赤みの顔色や血液の異物がある人の場合はにきびや染みが目立つ

アシクロヴィールやインターフェロンなど一部の抗ウィルス薬剤の影響を増幅

利尿剤、フェノバルビタール、ベータブロッカー、抗凝結剤の効能を阻害

成長ホルモン濃度の増加

アレルギー反応(特にマメ科にアレルギーのある方)

臓器移植レシピエントの拒絶反応の確率を下げるために使用するシクロフォスファミドの免疫抑制効果の阻害