[フォレストガーデン]の植林はより持続可能な食糧システムを促進できます

深い森

早分かり -

  • ある領域がそのままにされている場合、長期的には森になり、多様な植生に溢れますが、この多様化は人の手を借りずに起こります
  • 果物や実のなる樹が低木、香草、つる草、さらに様々な多年生植物と混ざり合い、一見したところ自然のままの環境で成長する、[フォレストガーデン]を植林することで、このような自然発生的なエコシステムを模倣することが可能です
  • 英国在住のマーティン・クローフォードはフォレストガーデニングの第一人者です。500 種類以上もの多様な食用植物や木々が生い茂っているにも関わらず、彼のガーデンは一ヶ月に数時間のメンテナンスしか必要としません。これは、多様な植物や木々がすべて共生的に作用し、害虫の問題を取り除き、最適な成長を支えているからです
  • [システムプランツ]がシステム全体の繁栄を助けます。これには、窒素固定作用のある植物、ミネラル蓄積植物、さらに受粉媒介者や捕食昆虫を引き付ける植物があります
  • メンテナンスをあまり必要としないことに加えて、植物や木々の多様性は荒れ模様の天候による作物への打撃を保護します。失敗するものもあれば、恩恵を受けるものもありますが、多くの場合、作物の大半は気候条件に関わらず繁栄します
文字サイズ:

[サクセッション]として知られるプロセスは、ある植物種が別の種に変わる時に起こります。上記のナショナルジオグラフィックのショートフィルムで説明されているように、ある領域がそのままにされている場合、長期的には森になり、多様な植生に溢れますが、この多様化は人の手を借りずに起こります。

このフィルムは、果物や実のなる樹が低木、香草、つる草、さらに様々な多年生食粒と混ざり合い、一見したところ自然のままの環境で成長する、このような自然発生的なエコシステムを模倣するために設計された人工の[フォレストガーデン]を取り上げています。ナショナルジオグラフィックによると:

『英国在住のマーティン・クローフォードはフォレストガーデニングの第一人者です。1994 年に何もない場所だった彼の土地は森林地帯へと変貌し、フォレストガーデニングに興味を持っている人々向けの教育リソースとして役立っています。

Thomas Regnault によるこのショートフィルムは、豊かで、多様で、食べることができて、さらに将来の食糧システムの答えになるかもしれないクローフォードのフォレストガーデンを取り上げています。』

多様性がシステム全体の繁栄を助けます

クローフォードは自身の型にはまらないガーデンで、500 の様々な食用植物や木々を育てているにも関わらず、彼のガーデンは一ヶ月に数時間のメンテナンスしか必要としません。メンテナンスをあまり必要としないのは、すべてが共生的に支え合いながら作用している自立可能で再生可能なエコシステムを作成した直接的な結果です。

クローフォードは、現在では多くの人々が食糧生産は一年生作物の植え付けの過程であると考えていますが、それは自然ではないと言っています。自然のエコシステムには、植物の成長に複数の階層があります。一番高い木々から始まり、それよりも低い木々、中程度の高さの木々、低灌木、根菜、つる性植物、地面を覆うように生えている植物があります。

さらに、これらの多くが食用食糧を直接もたらす一方で、クローフォードが[システムプランツ]と呼ぶそれ以外の植物は、システム全体の繁栄を助けるために存在します。このグループには、窒素固定作用のある植物、ミネラル蓄積植物、さらに、受粉媒介者や、有害な虫を食べて自然の害虫コントロールとして役立つ捕食昆虫を引き付ける植物があります。

メンテナンスをあまり必要としないことに加えて、この種の多様性はまた、嵐、多雨や乾燥などのあらゆる種類の悪天候から作物を保護じます。失敗するものもあれば、恩恵を受けるものもありますが、多くの場合、作物の大半は気候条件に関わらず生き残り、天候がどうあれ育つ、とクローフォードは言っています。

条件が悪ければ、作物全体が同時に失われてしまう単式農法ではこうはいきません。このように、多様性に富むガーデンが食糧安全保障の鍵なのです。クローフォードは『最大の回復力が得られる』と言っています。

再生式農業の原則をご自身のガーデンにどう役立てるか

長年にわたり、私は複数の再生式農業の第一人者にインタビューしてきました。その中には、ノースダコタのビスマルクに再生式農場を持っているゲイブ・ブラウンもいます。ブラウンが説明しているように、健康的な食物を育てるには、健康な土壌を作る必要があります。

健康な土壌エコシステムを構築するには 5 つの基本原則があり、それらのほとんどは、仮にあなたの庭が裏庭の小さな一画であっても実装できるのです。

土壌微生物叢を、耕作や除草剤、農薬および殺菌剤で阻害しないでください — 機械的阻害は少ないほうが好ましいです。同じことがホームガーデンにも当てはまります。

耕作すればするほど、土壌の劣化や破壊が早まります。なぜなら、耕作は栄養素移動に必要な微生物が住む土壌団粒や歯根菌を破壊してしまうからです。同様に、土壌に合成窒素を加えることで、生物学は劇的に変わります。土壌団粒中の炭素を消費し始めるので、土壌構造を破壊します。

土壌構造がなければ、水が浸透して土壌全体に染みわたり、有機物に蓄えられることはありません。土壌団粒は、栄養豊富な食物の生成に必須である土壌生物学も提供します。

土壌を被覆作物やその残留物で保護する — 森林や草原は全体的に植生で覆われている。これが農業者が見習いたい環境です。その植生は土壌を風や水食から保護するだけでなく、過度な熱や寒さからも保護します。これらの生きた植物は、実際の[成長し続ける]土壌表面になります。

お宅のホームガーデンでは根覆い、ウッドチップ、または芝がこれに利用できます。決して土壌を露出させないでください。露出土壌は土壌の生物学と水循環に悪影響があります。被覆作物や、それ以外の形状の例えばウッドチップなどの「土壌保護」は効果的に水分蒸発を防ぎ、土壌温度を下げます。

露出土壌と、覆われている土壌では、簡単に 20 F 以上の温度さになります。気温が 90 度以上に達すると、土壌温度は簡単に 100 度を越えます。これは、すべてを干上がらせ植物の根を熱でダメにします。

「土壌表面に保護や残留物があれば、温度は 80 度範囲に収まるでしょう。この場合、そこにある植物は成長します。生産者にとって生産に大きな違いがあります。」とブラウンは言っています。

多様化する — 多様な植物を備えることが不可欠ですが、被覆作物はこの要件も満たしてくれます。ホームガーデンも、土壌改善に役立ち、益虫を引き付け、より多くの日光(エネルギー)を集める被覆作物から恩恵を受けます。

生きている根を地中に可能な限り維持する — 従来の農法では、換金作物を収穫すると、農地には日光を浴びて成長を続ける植物は何も残りませんでした。常に成長している何かを維持することが鍵です。小さなベジタブルガーデンがある場合、野菜の収穫後に露出した状態のままにしないでください。代わりに、次のシーズンに備えて被覆作物を植えます。

次のシーズンに、被覆作物からお好みの野菜に移行するには、被覆作物を土壌に埋め込みたいという誘惑は避けてください。代わりに、次のいずれかの方法で被覆作物を根絶やしにして、その区画を新しい作物の成長向けに準備します。

  • 被覆作物を地面に足か板(2 本のロープハンドルを 2x4 の板に取り付けて、その板を使って作物を踏みつけます)で踏みつけます
  • 被覆作物が種を付け始めたら、クロップローラーか小さな樽ををの上で転がして根絶やしにします
  • 実りを切り落として、残留物を一番上に残します(ロールしたり踏みつければより良いです)

被覆作物が全滅したら、野菜の種を撒いてかまいません。小さな庭の場合、くわを使って被覆作物の残りを脇に片付けます。土壌に小さな穴をあけ、種を落として、少量の土で覆います。植物を移植する場合、被覆作物を脇に片付けて、穴を掘りそこに通常通りに植えつけます。

家畜や、昆虫を含むその他の動物を統合する — 何世紀も昔は、バイソンやエルクの大群が荒野を駆けまわり、食糧をあさり、肥料を施し、野菜を地中に踏みつけていました。これらすべては自然のサイクルですが、動物が高濃縮動物給餌経営体(CAFAO)に閉じ込められるようになってから失われました。

多くの人々が再度裏庭でニワトリを飼い始めましたが、ニワトリは持続可能なガーデンの優れた参加者です。郊外では、うさぎ、鳩、アヒルがニワトリに代わる役割を果たします。状況または地域の法律により動物を取り込めない場合は、花を付ける植物を植えるようにしてください。これらは受粉媒介者や捕食昆虫を引き付け、主な作物を滅ぼす可能性のある害虫の自然な撃退に役立ちます。

持続型農業的ガーデンの設計に役立つヒント

クローフォードは自身の庭を「フォレストガーデン」と呼んでいますが、基本的には持続型農業的ガーデンの一形態です。持続型農業とは、シナジー効果のある、自助的なエコシステムを作るために互恵関係を利用する持続可能性を象徴しています。この原則は有機的、生体力学的および再生式農業それぞれの良い点を取り込んでいます。持続型農業機関によると:

『持続型農業とは、あらゆる人間の努力の側面における持続可能性向けのエコロジカルな設計システムです。これは、自然な住宅や豊かな食糧生産システムの設計方法、劣化した土地やエコシステムの再生方法、道徳的な経済やコミュニティなどの開発方法を我々に教えてくれます。』

つまり、持続型農業とは 1 種の農業システムで、そのシステムの各パーツが相互に交差し、自然に逆らうのではなく、自然とともに作用する農業システムです。「持続型農業」とは「持続的な農業」または「持続的な文化」から派生しています。その目的はシステムの 1 つの要素に特化しているのではなく、それらの関係にあります - 動物、植物、昆虫、微生物、水、土壌および住居 - さらに自助的なエコシステムを生み出すためにそれらを用いる方法についてです。

クローフォードのフォレストガーデンを目標にしたいならば、彼のアドバイスを受け入れて、まず背の高い木々を植え(またはすでにあるのであればそれを取り込み)、次にそれよりも背の低い木々、低木、植物などを植えていきます。始める前にすべて計画する必要はありません。

持続型農業ガーデンの設計には決まったフォーミュラがあるわけではありませんが、考慮すべき基本ガイドラインはこちらです:

  • 背の低い木々があり、その横に低木があり、樹冠の下には陰性植物があるような樹冠を備えた森林のブループリントをコピーします
  • 互換性のある根系および樹冠系により植物をグループ化し、酸性を好むなどの土壌タイプをある区画、干ばつに強い植物を別の区画へとグループ化します
  • 庭の微気候を識別し、日陰の涼しい区画、日の当たる企画、岩がちの区画、水量が豊富な区画などを利用しま
  • 固有の植物や動物に焦点を当て、可能な限り多くの多様性を取り込みます
  • 利用とアクセス可能性に基づいて庭をゾーン化します。例えば、ドライブウェイ沿いやデッキ沿いなどのアクセスしやすい場所にはハーブガーデンや野菜を植えます

土地が広ければ、一歩進んで以下の図に記載した 5 つの持続型農業ゾーンを考慮しても良いでしょう。中央にはあなたのあなたの家がありますが、その外側ゾーンは自然のままです。

ゾーンはエネルギー効率を最大化するように組織化されているので、アクティビティは使用頻度、傾向、訪問などにより区分けされています。ゾーンについての詳細は、Permaculture Research Institute『Permaculture Zones Primer』を確認してください。