双極性障害:この重篤な精神障害のの概略

双極性障害の女性

早分かり -

  • 体力レベルの変動を伴う極端な気分の変動は双極性障害という重篤な精神病の典型的な症状です
  • 双極性障害は管理しうる病気であることを銘記してください。この障害を診断されても処置方法や治療法、健康的なライフスタイルの習慣を続ける限り、幸せで充実した生活を送ることはまだ可能です
文字サイズ:

時として幸福感や寂寞感といった浮き沈みを感じることはまったく正常ですが、双極性障害は気分の変動が極端すぎて日常生活が無理になるような症例を指します。

体力レベルの変動を伴う極端な気分の変動は双極性障害という重篤な精神病の典型的な症状です。治療せずにおくと、双極性障害は仕事や人間関係、学業成績等人生のいくつもの側面に重大な影響が及びます。症例によってはこの異常を患った人は自殺さえします。双極性障害をよく把握するためにまず精神衛生と精神病についての基礎知識をご説明します。

精神衛生と精神病の概略

精神衛生は情緒面、心理面、社会的な正常なあり方を指します。これが物事の選択、人間関係の処理、ストレスへの対処や様々な活動を行う方法に基本的に影響します。外傷、虐待、家族の既往歴、遺伝子、脳内化学物質等精神衛生に支障をきたす多くの要因が存在します。

精神衛生の問題は想像していらっしゃらないでしょうが一般的なものです。また、精神衛生の問題には異なる形態が存在します。双極性障害はうつ病や偏執狂とともに気分の障害とか情緒障害に分類されています。その他の精神病の分類には次のようなものが含まれます:

  • 不安異常、これには全身に及ぶ不安障害や外傷後ストレ障害(PTSD)を含む
  • 精神病性障害、精神分裂病等
  • 人格障害、強迫障害(OCD)及び反社会性人格障害等
  • インパルス制御及び依存症障害、盗癖、薬物依存症、ギャンブル狂等
  • 摂食障害、拒食症、病的飢餓(大食)、過食性障害(むちゃ食い)

以上の精神病は重度が異なります。あるものは軽くて日常生活に目立った影響がない一方、他の異常は重篤で直ちに治療が必要です。

双極性障害の蔓延:この病気の負荷を受けている人はどれだけいるでしょうか?

世界保健機関(WHO)によると、双極性人格障害は世界で約6000万人が罹っている、障害者に至る最も多い原因の一つです。米国国立精神衛生研究所も米国の成人のうち約4.4%が人生のうちある時期に双極性障害に罹り、そのうち82.9%は重篤と見なされると報告しています。

双極性障害は年齢や性別、人種、社会的地位に関わらず発生しますが、統計によると男性より女性に多く、その比は約3対2あります。発病年齢のメディアンは25歳ですが、それより高齢でもあるいは年少児でも発生します。

双極性障害が蔓延しているにもかかわらず、この精神衛生の問題を取り巻きいくつもの誤解やる汚名が存在するため、罹った人が自分の状態をうまく管理するのが困難になっています。