エンドカンナビノイド系および人の健康のための重要な役割

大麻

早分かり -

  • カンナビノイド受容体が人体に存在することは 1990 年代に発見され、それを受けて受容体に影響する化合物 — 内在性カンナビノイド — を体内で作っていることもわかりました
  • 偏頭痛、線維筋痛、過敏性腸症候群、炎症性及び神経の異常さらにいくつもの処置耐性がある状態にある人々はエンドカンナビノイドが欠乏していることが判明しました
  • CBD が最も注目を集めてきた一方、CBD だけでは体内のエンドカンナビノイド系(ECS)を完全に支持することができません。他の植物性カンナビノイドやテルペン類も必須なのです
  • 麻は 1938 年以来米国では禁制品でした。最近の新農産法が 2018 年末に制定されたので再び合法化され、フルスペクトル植物性カンナビノイドを含む麻油はさまざまな健康の問題にメリットがあるようです
  • ECS とオメガ 3 の状態の間には緊密な関係が存在します。オメガ 3 脂肪はカンナビノイド受容体をさらに活性化し、カンナビノイドを生産するためのバックボーン構造として利用されています
文字サイズ:

麻は 1938 年以来米国では禁制品でした。感謝すべきことに、2018 年末に制定された農産法で合法化されました。このインタビューでは、評定委員会から認証された臨床栄養士・植物性カンナビノイドの専門家カール・ジェルマーノ氏が、この法制定が持つ素晴らしい意味について説明しています。

ここで、麻から作られるのとマリフアナから作られるカンナビジオール(CBD)製品には違いがあります。麻とマリフアナが同義であると誤解している人が多いですが、2 つの別の植物です。

「属及び種によって両方とも Cannabis sativa と見なされていますが似ているのはそこまでです」と、ジェルマーノ氏が説明します。「麻は過去数千年間多くの目的— 食品、衣類、繊維、燃料のために栽培されてきました。この植物には植物性カンナビノイドと呼ばれる活性化合物が自然に含まれており、CBD はその一つにすぎません。

一方、マリフアナはその主成分である植物性カンナビノイドのテトラヒドロカンナビノール(THC)を目的として栽培されてきました。臭いの点では楽しむ価値がありますが、薬草としての効能があります。

しかし、数十年前に麻はマリフアナの定義にひとからげにされてしまいました。」

麻まるごとのほうが分離 CBD より優れる理由

麻には 100 種類以上の植物性カンナビノイドが含まれ、CBD はその一つにすぎません。麻は今や CSA から除外されましたが、CBD はいまだに食品医薬品局(FDA)の管轄下にあり、この当局はサプリメントの表記を管轄しており、栄養補助食品健康情報提供法(DSHEA)の執行当局なのです。

「栄養補助食品健康情報提供法(DSHEA)が制定されたので、CBD に不利ないくつかのことがあります。まず、CBD は 1994 年以前は市販されておらず、栄養補助食品の祖父扱いはできないものと考えられますが、それでも麻油は 1994 年以前に流通していましたから、そこまでは支障がないわけです。

第二に、DSHEA の規定によると新たな栄養補助食品を申請するとき、申請して次に FDA に栄養補助食品に分類すべき成分であることを請願することができます。

しかし、今日これをしようとすれば、DSHEA の別の条項には大製薬会社が天然成分を採用して医薬品を製造してこれが認可されると、栄養補助食品業界はもうそれを扱えなくなるという規定があります。

GW Pharmaceuticals には分離精製した CBD を含む薬が2つあります。従って、栄養補助食品と表して CBD を前面に表記するといくつもの障壁にぶつかりますが、なぜそれが迷惑なのか?と私は問います。なぜならその話は臨床的にも科学的にも法的にも CBD を超越した規模のことだからです。」

麻油は CBD を偶然含む食品です。CBD は法的にはラベルに記載して宣伝することはできませんが、CBD 含有の麻製品は CBD もその一部をなす化合物の集合体である植物性カンナビノイドを含むとラベルに記載することは認められています。CBD が最も注目を集めてきた一方、CBD だけでは体内のエンドカンナビノイド系 (ECS)を完全に支持することができません。植物性カンナビノイドのために極めて補完的な機能をするその他の植物性カンナビノイド及びテルペン類も必要なのです。

ECS を把握する

ECS はかなり最近に発見されたものですが、遺伝子的には 6 億年以上遡ります。カンナビノイド受容体が人体に存在することは 1990 年代に発見され、それを受けて受容体に影響する化合物 — 内在性カンナビノイド — を体内で作っていることもわかりました。

ECS が呼吸器系、消化器系、免疫系、心臓血管系等体内の他の系統間の通信の指揮を執っていることも発見されました。ECS は皮膚も含む器官ごとに存在する受容体を経由してこの機能を果たしています。

「ECS はオーケストラの指揮者のようなものです。オーケストラは器官系です。ECS が正常に機能しない限り私たちは健康でい続けられなくなり、体調がよいままでいられません」と、ジェルマーノ氏が説明しています。

「体内では大麻に含まれるカンナビノイドと構造的に同じカンナビノイドを生産しています。身体はこれを餌にします。受容体一つずつを賄えるだけ十分に生産されないと、いくつもの異常やさまざまな病気につながります。」

種類のエンドカンナビノイド受容体がすでに特定されています

ECS 受容体には 2 つの主要なものがあります:カンナビノイド受容体 1 型 (CB1)とカンナビノイド受容体 2 型 (CB2)です。CB1 は通常は主に脳内にあると考えられ、CB2 は主に免疫系に存在すると考えられますが、両タイプの受容体が実際には体中に存在します。

身体が生産している二種類のカンナビノイドのうち 1 つはアナンダミドと呼ばれます — THC が着くのと同じ CB1 受容体に結合するので「アーナンダ」という言葉に頷かれるはずですが、これはサンスクリット語で「至福」を意味します。もう一つの 2 -アラキドノイルグリセロール (2-AG)は身体全体に存在します。

「ECS は多くの学問的教科書の主題になってきましたが、率直に言って、これは高校から大学、医学校までで教えるべきものです。カンナビノイドにつきまとっている烙印があるので、米国の医学校のうち 13 % 未満でしか ECS について教えていません。」

エンドカンナビノイドが低濃度だと健康を害する

加齢にともない、人間の体は最適な健康のために必要な化合物を効率的に作ることができなくなる傾向があり、これはアナンダミド及び 2-AG にも言えることです。ジェルマーノ氏によるとこれら二種類のカンナビノイドは特定の病気や異常を把握すえるための生体マーカーとして実際に利用可能だそうです。

エンドカンナビノイド欠乏は偏頭痛や線維筋痛、過敏性腸症候群、炎症性及び神経の異常さらにいくつもの処置耐性がある状態にある人々はエンドカンナビノイドが欠乏していることが判明しました。ジェルマーノ氏も Translational Psychiatry に掲載されたあるペーパーで低濃度のアナンダミドはストレス誘因性不安の統計的に有意な指標であることを引用して言っています。

ECS とオメガ 3 の状態の間には緊密な関係があることも彼らは発見しました。判明した事実は、オメガ 3 脂肪はカンナビノイド受容体をさらに活性化し、カンナビノイドを生産するためのバックボーン構造として利用されています。

カンナビノイドが低レベルになることに関連する最もよくある異常:

  • 痛み、炎症、炎症的な異常
  • ストレス、不安不眠症
  • 目の健康
  • 骨の健康
  • 神経の異常

「これらは全て植物性カンナビノイドで適切な処置が可能な異常です」と、ジェルマーノ氏は説明していまうす。「これらの異常はエンドカンナビノイドが不足している人に見られます。」

ランニングするとアナンダミド濃度が急増する

ランナーズハイという気分は通常の場合エンドルフィンの放出によるものとされていますが、ランニングすると体内のアナンダミドも急増し、アナンダミドは CB1 受容体を標的にするだけではなく、オピオイドやエンドルフィン受容体にも作用します。これなら想像し易いことですが、アナンダミドの濃度が高いほど、気分がよくなると言います。

エンドカンナビノイド系 — 炎症の主役

クルクミン、ボスウェリア、魚油、ケルセチンはすべてよく定評がある抗炎症性の栄養素ですが、カンナビノイドの作用に比べればそのどれも雲泥の差で劣り、特にフルスペクトルオイルを使う場合これが言える、とジェルマーノ氏は説明しています。

Current Opinions in Clinical Nutrition and Metabolic 誌に掲載された 2014 年のあるペーパーで説明されているように、ECS はオメガ 3 魚油が作用するエイコサノイドの伝達経路を含むすべての炎症経路と密接に絡み合っているので、炎症において主役であることが最近わかってきています。

ジェルマーノ氏も ECS を標的にすると炎症性及び神経痛ともに和らげることができることを実証した他の研究を挙げており、また、カンナビノイドの鎮痛剤としての機序について説明されています。ジェルマーノ氏はこう説明します:

「ECS を支持しない限りいかなる炎症性異常をも処置することはできません。これらは相互に入れ替えて利用できます植物性カンナビノイドにクルクミンとボスウェリアさらに魚油を組み合わせるとこれらが異なる機能をすることによって相互補完的に機能するので顕著な効果が得られると考えられます。」

エンドカンナビノイド系は腸の健康にも主な機能をしている

脳と腸の密接な連関性だけではなく、免疫系とも密接に連絡している事実はおそらくご存知でしょう。健康及び病気予防のためにこの三つの間の連関性が重要なことは強調しても大げさでないほど大切です。腸は最大の免疫器官であり、また、数億以上のニューロンを含む第二の脳です。

「今では腸には脳細胞も免疫細胞もあるので脳と免疫系といかに通信しているかを把握しています」とのジェルマーノ氏による説明でした。このトリオの中心にあるのが ECS です。これは実際には三方向通信の調整役をしています。ジェルマーノ氏によると ECS が何を制御しているかも研究からわかっています:

  • 腸内の運動性
  • 小腸の炎症
  • 腹部の痛み
  • 腸の浸透性
  • 抗原に対する耐性

ECS は視床下部–下垂体–副腎(HPA)経路を含むストレス経路の活性も減少させます。アナンダミドは特に腸内の免疫応答で作用しています。さらに、エンドカンナビノイド系と腸内細菌叢(腸の中のバクテリア)も通信しています。

麻製品の臨床応用

繰り返すと、フルスペクトルオイルのほうが実際に、CBD が分離された製品よりはるかに優先されます。ジェルマーノ氏はフルスペクトルオイルを分離 CBD と比較した 2015 年のあるイスラエルのペーパーを紹介して、フルスペクトルオイルが実際臨床的に優れることを発見しました。

用量に関して、ほとんどの文献は CBD の範囲が数百ミリグラムで効能があることを示していますが、これは分離 CBD での「単一の魔法の弾丸」のことを言っています。前臨床研究及びどの臨床医も効能はフルスペクトルオイルならはるかに少量 — 10 ~ 25mg の CBD 範囲で適量であることを示しています。

どんなものでもそうであるように、摂り過ぎは害があります。CBD で死ぬことはありませんが、CBD 生成物を摂り過ぎると効能が下がる場合があります。フルスペクトルオイルを使う限りこのような問題ははるかに起こりにくいようです。

睡眠のための麻油

炎症や痛み以外にフルスペクトル麻油は睡眠の改善と不眠症の処置にもよいです。ジェルマーノ氏は CBD を 25 mg 含むフルスペクトルオイルを使用するように勧めます。

「この濃度で CBD は多くの機能を果たします。No. 1 は、脳内の興奮性を抑えます。グルタミン酸の毒性やどんな興奮性の異常をも軽減することができます。第二に、CBD は正常な睡眠周期に関わっているいくつもの神経伝達物質に関与しています。

これには和らげる効果があり正常な睡眠周期を確立するのを助ける一方、必ずしも鎮静剤であるわけではありません。メラトニンと併用できます。ラベンダーと併用できます。カモミールやパッションフラワー、何か手元にあるものと併用できます。私ならこれを晩になってから飲みます、少なくとも就寝の 1 ~ 2 時間前までにやります。低用量の CBD はさらに刺激性があり、いわば、さらに活発化させます。」

新法によりいかに麻製品の品質がよくなるか

過去、新農産法の制定前は、CBD 濃縮麻油の生産に麻の葉、花、芽を使用することが禁止されていました。このオイルは麻の柄と枝からしか抽出することが認められず、これらは濃度が低い部分だからです。新法により、麻の全ての部分を使用できるようになり、カンナビノイドは葉、花、芽に高濃度にあるので処理が簡素化され経済性が増しました。

新法はどの州でも麻の栽培を合法化したので、お望みなら自分の裏庭でも栽培できます。これなら全ての部分を容易にジュースにしたりスムージーに加えられるので、私が必ずするつもりで検討中です。

高品質の麻製品の見分け方

自分で栽培していない方のための麻製品を買うとき注意すべき点:

有機

Kosher 認証取得

非 GMO

農薬や除草剤不使用の検証済み

フルスペクトル植物性カンナビノイド

マリフアナとの交配種ではなく、認証を受けた種から栽培した物であること

「私は正しく営業している会社も探します。つまり、表立って CBD と表記していないことあるいは栄養成分表示ボックスで数値化表記していないものであること。責任ある企業は植物性カンナビノイドについて説明しています」とジェルマーノ氏が説明してくれました。