ごま油は何に良いのでしょうか?

文字サイズ:

ほうれん草についての新たな情報
学名:Spinacia oleracea

ほうれん草

イギリスでは「スペイン野菜」と長年わかりにくい名前で呼ばれていたこの緑葉野菜の名前が後に短縮化されて今の名前になりました。古代ペルシアが発祥の地と言われています。ほうれん草の栽培はネパールへ普及し、7世紀までには中国へ普及した頃まだ「ペルシアの緑」と呼ばれていました。11世紀にムーア人がスペインに紹介しました。

USDA(米国農務省)によるとアメリカ人は国民一人当たり年間平均約1.13kgのほうれん草を食べます。この量は40年前より四倍をはるかに超えており、かつて学校の給食で出ていた茹でた缶入りの海藻に似せたほうれん草料理が大幅に改善されたからであると考えられます。

現代では緑が深まり、味も深く、冷凍するとクリスプ感がある庭園のほうれん草はサラダに使ったり、サンドイッチでレタスの代わりに使われています。

漫画ポパイによって1960年代にほうれん草が博した人気を超える野菜は他にありません。しばしば無駄な努力でしたが、親たちは子供にほうれん草を食べさせ、大柄で強く育てようとしていました。

これにはいく分の真実は実際にあります…

ほうれん草の健康メリット

ほうれん草は低脂肪で、コレステロールはさらに少なく、ナイアシン、亜鉛、タンパク質、繊維、ビタミンA、C、E、K、チアミン、B6、葉酸、カルシウム、鉄、マグネシウム、リン、カリウム、銅、マンガンを多く含みます。つまり、全身に必要な栄養が詰まっているのです!

ほうれん草に豊富なフラボノイドはコレステロールの酸化を防ぎ、体特に腸をフリーラジカルから保護します。

ほうれん草の葉酸は健康な心臓血管系のはたらきを促進し、マグネシウムは高血圧を下げやすくします。ほうれん草が活発な脳の機能、記憶力、明晰な精神の維持を助けることも研究から判明しています。

軽く料理中にほうれん草の豊富な鉄分を保持するにはレモン汁か酢を加えましょう。

ほうれん草の栄養成分

分量:100g、生
  量一回の適量
摂取につき
1日
必要量の%*
カロリー 23  
脂肪によるカロリー 3  
総脂質 0 g 1%
飽和脂肪酸 0 g 0%
トランス脂肪酸    
コレステロール 0 mg 0%
ナトリウム 79 mg 3%
総炭水化物 4 g 1%
食物繊維 2 g 9%
糖質 0 g  
タンパク質 3 g  
ビタミン A188% ビタミンC 47%
カルシウム10% 鉄分 15%

*一日2,000カロリーの食事に対する充足度(%)。摂取カロリーによって充足度は上下する場合があります

ほうれん草研究の成果

DDT (ジクロロジフェニルトリクロロエタン)濃度汚染が潜在的に高いので可能な限り有機野菜のみ買いましょう。DDTはがん、奇形児、生殖能力損害といった既知の要因が理由で1972年に米国では禁止されましたが、製造は継続され開発途上国へ輸出されて蚊が媒介するマラリア対策に投入されています。

輸入野菜には今でも大量に使用されている作物からDDTが検出されました。さらに悪いことに、この物質は長年土壌に残留します。実際に、1972年以前にDDTを噴霧された米国産ほうれん草から微量のDDTが検出されています。

ほうれん草のヘルシーなレシピ:ほうれん草クリーム

ほうれん草クリーム

材料:

  • 生全乳¾ カップ
  • 水¼ カップ
  • 中ぐらいのニンニク粒2個をつぶす
  • バター大さじ1杯
  • クズウコンの粉1½テーブルスプーン
  • ほうれん草907g、蒸したものか蒸して水切りしたフダンソウ907g
  • パルメザンチーズの粉¼カップ
  • 砕いたナツメグの粒¼ティースプーン
  • 海塩と削りたての胡椒

手順:

  1. 中くらいのソースパンにミルク、水、にんにくを混ぜる。熱くなり湯気が出始めるまでゆっくりと熱する。カバーして5~10分そのまま置いておく。この間ににんにくが柔らかくなる。
  2. 別のフライパンに中高の熱でバターを解かす。
  3. クズウコンの粉を混ぜ熱した牛乳混合液を加えて、滑らかになるまでかき回す。ほうれん草かフダンソウを入れてかき混ぜ、ソースの粘度を感じ泡立ち、ほうれん草が柔らかいがまだ緑の状態まで熱する。
  4. チーズを混ぜてナツメグ、塩、胡椒で味付け。すぐにお召し上がりください。

このレシピは4人分です。