痔:イントロダクション

トイレで立っている男性

早分かり -

  • 痔は直腸下部や肛門に発生する拡大し腫れた血管の状態です。痔は45~65歳の成人によくありますが、若い人や子供でも発生することはあります
  • 健康の専門家は痔の正確な原因をまだ突き止めていませんが、直腸下部に圧力が増すために発生すると言われています
文字サイズ:

直腸と肛門は大便その他身体から出る廃棄物を一時的に保持して完全に排出するという主な機能を果たしています。

この部位近辺の健康を維持することは大切です。そうしておかないと正しい機能を損なうだけではなく痛みや不快感も伴う健康上の問題に直面することになります。

とても痛くなることがある痔

痔は直腸下部や肛門に発生する、拡大し腫れた血管の状態です。

健康の専門家は痔の正確な原因をまだ突き止めていませんが、直腸下部に圧力が増すために発生すると言われています。

長時間座っていること肥満、繊維質不足の食生活、便秘、下痢等のその他のリスク要因も痔につながります。痔は通常45~65歳の成人に発生しますが、若者や子供にも発生することはあります。男性の方が痔にかかりやすいですが、女性も特に 妊娠中に痔になることはあります。

50歳以上の約半数は、直腸の痛み、かゆみ、出血やさらには脱出(痔が肛門から外部へ出る症状)等の痔によくある症状の1つまたはそれ以上をすでに体験したことがあり、中には治療を受けたことがあります。

残念ながらこの年代の4%しか痔の治療を受けようとしないことはショックです。.検査を受ける人の大多数が痔になっていると医者は言います。

痔の予防方法

生命に危険はありませんが、痔は文字通りお尻に痛みが発生します。しかし、効果的で安価なうえ自宅で楽にできる鎮痛手順は存在します。また、痔の手術介入もありますが、これは極度に悪いケースのみに行うべきものです。

予防こそカギであり、健康的で繊維質が豊富な食生活をし、身体をよく動かし、さらにトイレでの排泄方法を変えてみることで痔のリスクを実際を下げることができます。

痔について知るべきこと

痔は直腸下部や肛門に発生し、拡大し腫れた血管の状態です。痔には内痔核、脱出性、外痔核、血栓性の4つの種類があります。

痔は腫れるし、炎症したり血栓を生じたり、複数の症状を起こすので他の身体のこぶや傷跡などとは異なります。痔は血栓性痔核が血管に派生する場合特にすべて同じように見えるものではないことを把握しておいてください。

(血栓がない)非血栓性痔核はゴムのような腫れとして出現します。その一方、血栓性痔核はこぶのように出現しますが、肛門から突き出て、血管内の血栓があるために暗青色をしている場合があります。

大部分の痔患者は平均的に2週間たつと快適に感じますが、治癒期間は実際には痔の種類によって異なります:

内痔核:7日(小規模な痔)

脱出:2か月(回復所要期間)

外痔核:7日(小規模な痔)

血栓性:3か月

初めて痔になった人はよく早期に回復します。重篤症例では長期の回復期間を要し、再発する場合はさらに2週間以上の治癒期間が必要になります。痔は生命に危険がなく伝染性でもないですが、痛みがひどく、出血やかゆみ等の副作用を発生させることがあります。

痔の一般的な症状

出血は内痔核と脱出性の痔ともに主要な兆候なので血便、トイレットペーパーや便器に着く血液に注意してください。痔の上の皮膚が裂けて血栓がにじみ出てくれば血栓性痔も出血します。

直腸や肛門周辺のかゆみは特に外痔核の場合にはよく見られます。.内痔核の人も痔核から粘液が漏れ出て肛門周囲の皮膚が炎症し、焼け付く感覚や痒みを起こします。

排便の際に出血に気づいたり、肛門の痒みを感じれば、稀に特定の合併症が発生するおそれがああるので直ちに検査を受けてください。こうした合併症には貧血症や慢性の出血による倦怠感や虚弱傾向あるいは絞扼性痔核になりやすく、この場合内痔核への血液供給が閉塞され、極度の痛み、ガングリオン、組織の死に至ります。

痔の原因を特定する

健康専門家は痔の正確な原因をまだ突き止めていませんが、下腹部や直腸下部への圧力が増すとこの領域の静脈を伸ばすことから出現することはわかっています。このためこの部位の血管が膨れたり腫れます。

痔になるリスクを高める可能性がああるかないかを決めるその他の要因:

無理な排便の力み:排便の際踏ん張り過ぎる人ほど肛門や直腸の静脈への加圧が過剰になり、痔になりやすくなります。

慢性的便秘や下痢:前記のリスク要因に伴い、こうした異常があると排便の際に無理に力み過ぎるる傾向につながります。

特にトイレでの:長時間の着座慢性的に着座する、特にトイレで座り過ぎると静脈への応力がかかり、その結果痔のリスクが高まります。

遺伝要因:静脈が弱い家系はリスク要因と見なされます。静脈が弱いと損傷しやすいか広がりやすく、痔を発生させやすくなります。

老化:高齢者ほど直腸と肛門内の静脈を支える組織が緩み加齢にともない弱くなるので、痔に掛かりやすくなります

アナルセックス:アナルと痔には明確な因果関係は存在しませんが、その行為は摩擦により直腸内に小さい亀裂を発生させるといわれています。充分にルブを使用せずに日常的にアナルセックスをする人は痔のリスクが高いです。

低繊維質の食生活:繊維質が足りない食事をしていると便が硬くなり、排便で余計に力み過ぎることになるので、直腸と肛門への圧力が高まり、その結果痔のリスクが高くなります。

肝硬変: 痔の静脈は血液を直腸、肝臓から輸送して心臓へ返す大規模な循環系の一環をなします。肝硬変患者は肝臓で血液循環が閉塞しているので、血液が通過するために別の経路を通る必要があります。

こうして血液は痔静脈に行き着くので、これが痔を起こします。

肥満:肥満の人は体内に十分な高繊維質の食物を取り込まず液体をあまり飲んでいないうえ、運動せずに座り続けるため、痔になりやすいです。

痔の処置と自宅療法

痔を処置して治すには、簡単ですぐに対処できる手法から複雑に見えるが専門医が手助けする限り行うことが可能な、手術を避ける処置まで多くの方法があります。

痔の自宅療法

あなた自身や知音が痔を患ったら、以下のよい方策をご利用になれます:以下の手法のどれでも利用して自宅で痔を治すことができます:

腰湯で座って温まる:ドイツ語で「座る」という意味の単語に「ジッツェン」という言葉があり、ここから取った言い方で英語ではズィッツバス(腰湯)と言っています。これは臀部を温めるための入浴で、かゆみ、炎症、括約筋のけいれんを処置します。

痔の処置のために腰湯をお試しになりたい方は、お風呂にお湯を約10cm未満まで入れるか、たらいを便座の上に乗せてこれにお湯を入れて温めます。排便後20分お尻をお湯につけたままにするようにたいていの専門家は勧めています。さらにそれ以外に一日に2~3回この方法で温めるます。

お風呂で温まる:人によっては一日に3~4回10~15分間お風呂に浸かると痛みを緩和し、痔の腫れを抑える効果があります。

アイスバッグ、温かいティーバッグ、ウィッチヘーゼルの湿布を肛門に当てる:痔の痛みを和らげるためにアイスバッグか温かいティーバッグを肛門の辺に当てます。ウィッチヘーゼルの湿布がご自宅にあればなおさらよく、この部位に一日に3~4回10~15分当てて痛みを和らげます。

着座が必要な場合はドーナツ型まくらを使用する:この型の枕なら肛門周辺がある程度は圧迫されなくなるので役立ちます。

肛門の周囲を清潔に保つ:こうすればかゆみがなくなり、痔による感染症リスクも減らせます。

排便後にトイレットペーパーではなくビデを使用するトイレットペーパーよりビデのほうが排便後にお尻をきれいにするために刺激がなく安価な効果的方法です。ビデがご自宅にない場合、ウェットトイレットペーパーか香料なしのベビーワイプで拭き取り、肛門周囲をかるくたたいて乾かします。肛門周囲を乾かすにはヘアドライヤーも役立ちます。

痔になった部位を搔かない様にする: 掻くと問題が悪化します。

「xxxケイン」といた成分表示のあるかゆみ止めクリームやローションを使用しない: この種の製品には頻繁に使用すると炎症させる局部麻酔剤が含まれています。最適な方法は、局所用製品や坐薬タイプの製品を使用する場合はまず内科医や専門医にご相談ください。

排便機会を逃さない: 排便したい感覚を引きづっていると、便が上がる傾向があり、圧力と無理を増やすことになります。規則的な排便の習慣を確立するのに役立つように排便時刻を設定するとよいでしょう。食事したらトイレに座るのも一つの手です。

痔の手術以外の処置方法

痔を治せる手術以外の方法は3種類あります。それぞれの方法について賛否両論あるので、どれでも行う前にかかりつけの医者にご相談ください。

ゴム輪結紮療法:これは 痔のために利用可能な最も侵撃性が少ない処置と考えられています。結紮療法は痛みが少なく、手術のようなリスクが少なく、長期的には内痔核の処置に効果的です。結紮療法ではゴム輪で痔の底辺を縛り、血液の流れを大部分遮断します。この狭窄によって痔が収縮して一週間以内に解消します。

しかしゴム輪結紮療法は外部痔核には効かず、抗凝血剤を投与されている方には適しません。この処置は出血、痛み、潰瘍や創傷の開口につながることもあり、複数の痔ができている場合は反復する必要があります。

赤外線による光凝血法:電気療法とも呼ばれる赤外線凝血法では痔が小さい限り解消できます。部位に局所麻酔した後、赤外線凝血装置を使用して痔を温め、組織を短時間焼きます。このため創傷が発生してこれが痔への血流を阻止します。

残念ながら、赤外線による光凝血法はゴム輪結紮と同様に、数回の赤外線凝血手順を行わないと複数箇所の痔を処置できません。回復期間は数日長く要し、場合によっては出血することもあります。お通じを柔らかくする薬を使用して無理がなくなり傷口が再び開かないようにすることも必要になる場合もあります。

硬化療法:痔を治すには薬品の溶液を直接内痔核やその周囲に注入します。この処置で血流が阻止されるので痔が縮小するという局所の反応が起きます。

ゴム輪結紮療法と同様に硬化療法も外痔核の人や抗凝結剤を投与されている人には使用できません。この方法も痛みや出血を起こし、ゴム輪結紮法より効果はないと言われています。痔が再発する可能性もあり輪をかけて不利な療法です。