脚の攣り

早分かり

  • 痙攣は1つか複数の弛緩しているはずの筋肉が突如として不随意に収縮し、その部位が一時的に使えない現象です。最も攣ったとわかる症状は差し込むような痛みで、触ると皮膚の下に硬い組織の塊が感じられるはずです
  • 一つの方法としては、ヒートパックを攣った場所に当てます。ご自宅にこれがなければ、温かいお風呂に入ると効くこともあります
  • 生理期の攣りは生理中の女性によく起きますが、様々な方法で治せます。よく使われる方法の一つが腹部を温めることで、これが痛みを和らげます
前の記事 次の記事

攣りを解消する方法

2018年4月12日 | 238 ビュー |
バージョン:日本語

筋肉を動かすことは生活をするための基幹的な生物的機能です。自転車から食器洗いまで筋肉で動くことができています。

こうした動きを行うためには筋肉は収縮と弛緩を繰り返しながら機能しています。中枢である脳が筋肉が収縮と弛緩を行う動作に応じて一日のうちでも異なるだけの回数を数えきれないほど動かしているわでけす。

収縮は目的の筋肉の中へ神経系が刺激を送ると起きます。これでカルシウムが動かしたい筋肉に放出され、収縮させます。

反対に弛緩している筋肉はアセチルコリンエステラーゼという酵素を放出し、筋肉が伸びて緩むようにします。身体が正しく動くようにするため、筋肉は同時に収縮と弛緩します。

痙攣の原因はそもそも何でしょうか?

冒頭で述べたように、収縮と弛緩は筋肉に必要な動きを可能にする2つの並列的動作です。しかし、弛緩した筋肉も同時に収縮したらどうなるでしょうか?その結果けいれんが起きる(攣る)わけで、こむら返りという人もいます。

痙攣は1つか複数の弛緩しているはずの筋肉が突如として不随意に収縮し、その部位が一時的に使えない現象です。最もはっきりと攣ったとわかる症状は差し込むような痛みで、触ると皮膚の下に硬い組織の塊が感じられるはずです

けいれんは主に筋肉の使い過ぎによってまたは長時間特定の姿勢でいるときに発生します。その他考えられる理由:

  • 血行不足:脚の動脈が狭くなるとけいれんに似た症状が出やすくなります。
  • 神経の圧縮:脊柱の神経が圧縮されても脚にけいれんに似た痛みが走る場合があり、通常これは長く歩くほど悪化します。
  • ミネラルの枯渇:不健康な食生活ではミネラルが欠乏し筋肉がつることにもなりかねません。

脚の攣りをすぐに治せる運動

下半身では特にふくらはぎがよく攣る部位です。激しい肉体活動をしたとき起きたら、次の運動をすると痛みがすぐに治ります:

  • 壁に向かって60~90センチ離れて立ち、同時に足の底をフロアにぴたりとつけたままにします。
  • そのまま前へ体を傾けて壁に寄りかかります。ふくらはぎが伸びるのを感じるはずです。
  • ふくらはぎの強さがよくなるまで一日数回これを反復します。

一つの方法として、ヒートパックを攣った場所に当てます。ご自宅にこれがなければ、温かいお風呂に入ると効くこともあります。以上どちらの方法も効かない場合、攣った筋肉の上に直接氷を当てるのも効果があります。

生理期の攣りには熱が効きます

生理期の攣りは生理中の女性によく起きますが、様々な方法で治せます。よく使われる方法の一つが腹部を温めることで、これで痛みが和らぎます。

どんな機器や方法でもよく、お湯をボトルに入れて当てるとか、熱い水に浸したタオルや熱めのお風呂に入るなどありますが、生理期の攣りを解決するには胃に熱を加えるのが基本的な方法です。

症状を悪化させるようなお腹にガスが溜まる食品を避けることは重要です。カフェイン、塩気の多いの食べ物、アルコールドリンク、脂っぽい料理がこれに該当します。また、「予防運動」を毎日行うのも一つの手です。つまり体幹を規則的に鍛えておくと強くなり、攣っても治しやすくなります。

また、エッセンシャルオイルをおなかに塗るのも一つの手です。エッセンシャルオイルには痛み、炎症、不快感を減らし、リラックスさせる独特の化合物が含まれています。効果的と思われるエッセンシャルオイル:

  • ラベンダー
  • シナモン
  • バラ
  • クローブ(丁香)
  • アーモンド

お腹のけいれん処置方法が生理期の攣りにも効く

お腹のけいれんは腹筋が収縮して起きます。その主な原因は体幹を使う運動やその他の力を入れた肉体活動による筋肉の無理であることが多いです。その他の症例としては、脱水、ガスが溜まる、便秘等消化系の異常がお腹の痙攣の原因になります。

生理期のけいれんと同じでお腹のけいれんも攣った部位に熱を加えて治します。自分で行う処置に加えてマッサージしてもらうのもリラックスしやすくなります。代替処置としてはカモミールティーを飲むのも胃のけいれんに効くし、次のようなエッセンシャルオイルもいいです:

  • ペパーミント
  • 生姜
  • カモミールティー
  • クミン

首の攣りは悪い姿勢から起きる

首の懲りともいいますが首のけいれんは概していえば、首の筋肉が酷使や悪い姿勢のために弱くなることで発生します。

一日中コンピュータ画面を見るとか長時間運転や長時間スマホばかり見ている等の活動が首筋を弱くします。首のけいれんを解消する方法をご存じでなくてこれまでに体験したことがあれば、次のような方法でよくなるかもしれません:

  1. けいれんの震源を見つけそこに片手を当てます。
  2. 指でその点を中心に押しますが、ひどく痛むほど力を入れないでください。
  3. 攣っているのと反対側方向へ頭を少し回して対角に曲げます。
  4. 1~3を20回くらい反復します。

首が楽になったらクリーブランド・クリニックによる以下にご紹介する簡単な体操をすると今後は首のけいれんリスクを減らせそうです:

  1. 両肩を後ろへ10回回して下げます。
  2. 肩甲骨を付け合わせるように両肩を10回開く。
  3. 後頭部に両手を当て、押し込み、そのまま30秒保つ。
  4. 頭を肩から肩へ10回ずつ交互に傾けます。

最後に、どんな活動をしているかにかかわらず正しい姿勢を練習するよう心がけましょう。例えば、コンピュータの画面を目と同じ高さにする、運転中は首を頻繁に動かして筋肉が凝らないように気を付ける等の対策があります。

ストレッチで正しく手のけいれんを治す方法

手のけいれんは通常、脱水、怪我、使い過ぎで起きます。場合によっては、関節リウマチの症状かもしれません。

ウェルスター医療グループの医師ケリー・ウェセルマンさんによると、関節炎による関節の炎症は概して筋肉の機能に支障をきたします。問題を複雑にする点としては、炎症の痛みがけいれんに似ていることもあります。

幸いにも次の簡単なストレッチ体操すれば手のけいれんを簡単に解消できます:反対の手でけいれんしている手の5本指を全部押して反らせます。その後さらに熱いものを手に巻いたり手を温水に通すのも効きます。

けいれん予防のために重要な役割を果たす食事

自宅できるけいれん対策は効果的な処置であっても、食事を無視することはできません不健康な食品でビタミンが欠乏し結局身体機能に悪影響が及びます。

推計によると80%の人が健康な筋肉機能のために欠かすことのできないミネラル、マグネシウム不足です。その濃度が低すぎるとけいれんをはじめ線維筋痛症や慢性背痛など他の筋骨格異常につながります。別のミネラル、カリウムもけいれんに関連していることがわかっています。

けいれんリスクを減らすには、健康的な食事をして身体が最適に機能するように維持してください。マグネシウム豊富な食材には濃い緑の葉野菜例えばケールやほうれん草があります。アーモンドやヘーゼルナッツ等のなかでも非滅菌処理ナッツ類、さらにリンゴ等のフルーツも効きます。その他カリウムの豊富な物にはアボカド、パパイヤ、野生のアラスカサケがあります。

前の記事 次の記事

免責条項: 本ウェブサイトのコンテンツは特に断りのない限りすべてDr. マーコーラの意見に基づいています。個別の記事は記載の通りに著作権を保持するそれぞれの執筆者の意見に基づいています。このウェブサイト上の情報は有資格の医療従事者との1対1の関係性を置き換えるものではなく、医師のアドバイスとして想定されるものではありません。Dr. マーコーラおよび彼のコミュニティによる研究と経験からの知識および情報の共有を想定しています。Dr. マーコーラは、あなたがご自分のヘルスケアに関する決定を、有資格の医療従事者とのパートナーシップの中で下すことを推奨します。あなたが妊娠中、投薬中、または内科的疾患がある場合は、このコンテンツに基づいて製品を使用する前にかかりつけの医療従事者に相談してください。