前立腺がん

早分かり

前の記事 次の記事

男性への注意事項:前立腺肥大をがんに変性させる危険がある薬剤

2018年3月21日 | 265 ビュー |
バージョン:日本語

前立腺の健康は全ての男性のために重要なので、女性読者でしたら今回の内容を身近な男性と共有してください

同氏のおかげで前立腺肥大や前立腺がん等の前立腺異常リスクが大きく下がる効果的で簡単な戦略を男性は実践することができるので、今回は補助食品の化学専門家で業界インサイダーのDr.メルクとその戦略について話した内容をご紹介します。

健康な前立腺を維持する重要性

前立腺の健康が加齢にともないますます重要になる一方、特に60過ぎの男性の場合、この問題を十分早期に検討することが大切です。

前立腺の損傷を治せるとしても、こうした問題がそもそも起きないようにしたいものです。また、前立腺肥大用に処方されている薬剤の重篤な副作用についてよく知ってください。

Dr.メルクは次のように説明しています。「医者はこの異常を前立腺肥大症(BPH)と呼びます。この肥大症というところが重要で、前立腺がんではないことを意味しています。これは単なる前立腺の肥大にすぎません。

このための多くの薬剤が市販されていますが、近年、前立腺肥大症(BPH)がある場合、その薬剤がために前立腺がんになるおそれがあることを警告ラベルに表記せざるをえなくなった薬剤もなかにはあります。こうした薬剤のなかには実際にがん リスクを高めるまたは悪性がんに変性させるものがあります。」

これが煩わしい知らせであることは確かです。Dr.メルクによると、栄養補助食品にも注意すべきで、サプリメントと薬剤が組み合わさって前立腺がんに栄養を補給することになるので、専門医のアドバイスを求めることは欠かせません。

前立腺肥大用の従来の薬剤

前立腺肥大(BPH)に対して処方される2つの主な薬剤は二種類に分かれます:

  1. α阻害剤
  2. 5α還元酵素阻害剤

α阻害剤は膀胱や前立腺等平滑筋を弛緩させます。この種の医薬品にはFlomax、Hytrin、Cardura、Rapafloが挙げられます。α阻害剤は利尿効果はあっても前立腺のサイズを小さくしません。

もう一種類の方、5α還元酵素阻害剤にはAvodartやProscarといった薬剤があります。前立腺には5α還元酵素が含まれており、これが男性ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)という別のアンドロゲンに変換します。このDHTが前立腺を刺激します。

この種の薬剤は5α還元酵素を阻害し、テストステロンがDHTに変換しないようにします。このため前立腺を縮小させるのに役立つようですが、すでにご説明した通り、こうした医薬品には前立腺がんリスクを高める大きな危険があります。

前立腺の健康にいいノコギリヤシ(ソーパルメット)

前立腺肥大と前立腺がんはテストステロンによるのではなく、過剰なDHTによって引き起こされます。ここでノコギリヤシ(ソーパルメット)の効能が発揮され大きな違いにつながります。

Dr.メルクによるとノコギリヤシ(ソーパルメット)に関して100本もの臨床研究が医学文献には存在します。米国で初めて発売された前立腺医薬品や実際にイーライリリーが1870年代初期に発売したものは、ノコギリヤシ(ソーパルメット)でした。

「ノコギリヤシ(ソーパルメット)の効能の仕組みは完全には解明されていません」とDr.メルクは言っています。「特段医薬品がよいと主張しているわけではなく、逸話的になった証拠に基づいて言えることとして、テストステロンのジヒドロテストステロンへの変換が減少することは確かで、ノコギリヤシ(ソーパルメット)を摂取する男性は体内のテストステロン濃度が若干上がり、これ自体よいことです。

体内にじゅうぶんなテストステロンがないと、体重増加、男性の乳頭膨張、排尿異常などの問題につながります。ノコギリヤシ(ソーパルメット)だけまたはかぼちゃの種やリコピンと併用することはきっと効果があるはずなので試してみてください。」

Dr.メルクに私も賛成です。

危険であることが警告として表記されているような薬剤に依存するよりノコギリヤシ(ソーパルメット)等の高品質サプリメントを服用すること自体に価値があります。

当然のことすべての薬剤にがんリスクの警告ラベルがあるわけではありませんが、こうした薬剤でも実際には前立腺を小さくする効果があるわけではなく、単に症状を和らげるだけです。すべての薬剤には潜在的な副作用リストが付いています。

(今日医薬品の平均副作用項目数が70に上っていることを念頭におくべきです!どんな薬剤でもまず副作用一覧の小さい活字を必ず読んでください。)

ノコギリヤシ(ソーパルメット)に関しては前立腺がんのリスクを高めません。むしろこのリスクを下げます。しかも身体がこれを必要としていない場合でも害はありません。ではサプリメントを摂ることにしたとして、この場合はブランドに注意してください。

以下でご説明するように、これらはノコギリヤシの不活性な成分しか使用しないので市販のブランド薬剤はほとんど無価値なものばかりです。

高品質ノコギリヤシ(ソーパルメット)の用量と見分け方

Dr.メルクの推奨では一日に320 mgのノコギリヤシ(ソーパルメット)オイル(超臨界CO2抽出法)です。しかし品質にすべてがかかっています。ノコギリヤシ(ソーパルメット)は高品質な原材料である限りは効果的なサプリメントです!

ノコギリヤシ(ソーパルメット)オイルの超臨界抽出品をお求めください。このオイルの製法には3種類あります:

  1. エタノール/アルコール抽出法 (色の濃いオイルにはまだ葉緑素などの微量栄養素が少しは残っています)
  2. ヘキサン抽出法(コーンオイルに似ている黄色のオイルで微量栄養素は全く含まれない。有毒なヘキサンの残留物を含むこともある)
  3. 超臨界CO2抽出法

最高品質の抽出油はこの第三の抽出法で得られます。これは二酸化炭素と超高圧を使用してベリー類からオイルを抽出する方法です。Dr.メルクによると超臨界CO2抽出法こそ食品をそのまま食べる以外には今日知られている方法のなかで最も清潔な抽出法だそうです。加圧が高ければ高いほど、ルテイン、リコペン、ゼアキサンチン、葉緑素等の微量栄養素がオイルに含まれます。

その最高品質製品は有機の超臨界抽出されたノコギリヤシ(ソーパルメット)オイルで濃緑色をしています。ブランド20種類当たり1種類か2種類しか高品質品はありません。次に品質が高いもの:

  • 超高圧または高圧抽出オイル(バラ色)
  • 超臨界オイル
  • 低圧抽出オイル(黄色)

ノコギリヤシ(ソーパルメット)とその他の栄養素の相乗効果

栄養素の中にはノコギリヤシ(ソーパルメット)の効能をさらに高める相乗効果を生むものがあります。

Dr.メルクが以下のように説明しています。「伝統的に利用されてきた多くの栄養素があります」「その一つが有機かぼちゃの種抽出オイルで良質な栄養素です。それだけでは活性の仕組みが異なるためノコギリヤシ(ソーパルメット)より若干効果は弱いです。」

しかし組み合わせて購入するときはノコギリヤシ(ソーパルメット)オイルがかぼちゃの種オイルよりはるかに高価であることにご注意ください。従って一部のサプリメントは大部分がかぼちゃの種オイルで微量のノコギリヤシ(ソーパルメット)オイルが添加されているだけなので、効果的な製品とはいえません。1日当たりの用量はノコギリヤシ(ソーパルメット)オイル320 mg以上必要であることを念頭においてください。

「私の場合はその二倍の量を超すほどは必要ないです」とDr.メルクは言っています。「またコギリヤシ(ソーパルメット)の脂肪酸は遊離脂肪酸であることも注意を促したいです。とても酸性です。あまり摂り過ぎると胃やけすることもかんがえられます。食事といっしょに摂るようお勧めします。」

ノコギリヤシ(ソーパルメット)は脂溶性のサプリメントなので空腹では摂らないことが必要で、脂肪が少々ないと吸収されません。脂溶性栄養素の吸収をよくするリン脂質を含む玉子といっしょに摂るとよいでしょう。

ノコギリヤシ(ソーパルメット)と合うその他の栄養素にはリコペンがあり、リコペンが前立腺の健康によいことを証明した研究がますます増えています。その優れる摂取源はトマトで、有機の甘味をつけていないトマトソースも含みます。

動物実験の結果、あらゆるカロテノイドのなかでもリコペンが雄の前立腺に蓄積されることがわかっており、このことはヒトについても同じです。

「前立腺は極めて重要な器官です。その中央を尿道が走っています。このため前立腺が肥大し始めると尿の流れを止めにくくなります。リコペンがこの症状をよくするという、よい報告がすでに存在します」とDr.メルクは説明しています。

前立腺がんの予防のために研究されている栄養素の一つでもあります。私自身このことを主張しているわけではありません。ただ研究が進んでいること、その結果を楽しみにしているだけです。これはとても興味深いことです。」

前立腺がんの予防になることがわかった三番目の栄養素がビタミンK2です。私は普通ならたくさんのサプリメントを勧めませんが、ビタミンKは普段の食事からじゅうぶんに摂れていない人が多いので、まじめにサプリのことを考えるべきものに含まれるとおもいます。

前立腺の健康のために欠かせないビタミンD

前立腺がんを予防するにはビタミンDの濃度を最適に維持することが必要です。最適なのは日常的に日光を浴びることです。ビタミンDが前立腺がんリスクを下げる最も効能のある要因の一つであることがわかっています。

ビタミンDががんリスクを下げることはますます多くの研究からわかっており、現状では800件を超す科学研究がビタミンDの欠乏と前立腺がん等多くの種類のがんの間の関連性を実証しています。

例えば2005年に行われたある研究では、ビタミンDの血中濃度が高い男性はこれが低い人より悪性前立腺がんの発生リスクが半分しかないことがわかりました。近年の別の研究では、血中ビタミンD濃度が高い男性はこの量が少ない男性より前立腺がんで死ぬ確率が1/7しかないことが判明しました。

ビタミンDの血中濃度検査は簡素な血液検査で行います。20 ng/ml以下は深刻な欠乏状態で、乳がんや前立腺がん、さらに多発性硬化症(MS)や関節リウマチ等の自己免疫疾患リスクを高めます。最適な範囲は50~70 ng/mlです。しかし以前ある研究ががん予防のためには70 ng/mlより若干高いくらいがよいことを発見しました。

日常的に日光に当たれない場合、安全な日焼けベッドやビタミンD3のサプリメントを検討してみてください。しかしサプリメントを使用するときは定期的に血液検査することで正常範囲にあるいことを確認することが重要になります。

体も前立腺の運動も行う

運動は前立腺の健康のためのもう一つの重要な要因です。加齢にともない運動は特に重要になります。

「さらに定期的に性的交渉をすることで、前立腺の運動によいです」とDr.メルクは忠告しています。「このテーマは話しにくいものですが、パートナー等がいないということで高齢者には課題になりやすいです。

しかしどの男性もこのことは念頭に置いてください。年齢を問わず、定期的に性交することをお勧めします。私の推奨としては週に一回以上はするべきです。高齢の方はおそらく週二回は必要だと思います。

定期的に性交すると男性の健康によってよい訳は前立腺の運動になるばかりではなく、性交せずにためておくと精子や付随する体液を身体に再び吸収しなければならなくなるからです。これが場合によっては免疫の問題につながります。

前立腺の健康によい食事

食生活は前立腺の健康に大きな影響があります。可能な限り有機の(できれば生)食品を食べることが必要です。前立腺の健康によい食品にはビタミン、カルテノイド、リコペンが豊富な野菜やフルーツが含まれます。2009年のある研究は前立腺がん予防になる食品として以下のものを挙げました:

  • トマト
  • カリフラワー
  • ブロッコリー
  • 緑茶

砂糖、フルクトース(果糖)、穀物等からの炭水化物を可能な限り食べず、最適なインスリン濃度を維持することで、全般的にがんのリスクが下がります。高度加工食品や炭焼き肉、滅菌乳製品、トランス脂肪は前立腺がんリスクになるので止めましょう。

前立腺がんの安全なスクリーニング方法

前立腺がんは皮膚がんと同様、米国の男性にもっともよく発生するがんです。前立腺がんの従来的検査方法には生検があります。しかし、この手法は近年ますます疑問視されています。これは処置しにくい血流への感染症リスクが高いためです。

Dr.メルクは単に触診による古典的な前立腺肥大検査を推奨しています。さらに超音波やMRI等放射線を使用しない機器の使用も同氏は勧めています。

前立腺がんと診断されたとき従来式の処置には前立腺切除手術や放射線治療がありました。こうした処置は軽度のがんなら大部分の男性にとって実際には不要な場合が多いです。

前立腺がんは典型的に増殖が遅く、前立腺がん全体をひっくるめて見ても5年生存率は99%、10年生存率は91%、15年生存率は健康的な76%と高いです。

つまりこれはライフスタイルを適正にすることで管理可能な病気なのです。最適なのは前立腺の健康には早期に注意して60歳になるまで待たないことです。

Dr.メルクの推奨によると問題の兆しがまったくなくてもノコギリヤシ(ソーパルメット)を50歳になるまでには摂取し始めるとよいそうです。高品質のノコギリヤシ(ソーパルメット)にその他の健康的な今回ご紹介したライフスタイルを組み合わせることで前立腺の問題を予防できるはずです。

出典および参考資料
  • Video Transcript
前の記事 次の記事

免責条項: 本ウェブサイトのコンテンツは特に断りのない限りすべてDr. マーコーラの意見に基づいています。個別の記事は記載の通りに著作権を保持するそれぞれの執筆者の意見に基づいています。このウェブサイト上の情報は有資格の医療従事者との1対1の関係性を置き換えるものではなく、医師のアドバイスとして想定されるものではありません。Dr. マーコーラおよび彼のコミュニティによる研究と経験からの知識および情報の共有を想定しています。Dr. マーコーラは、あなたがご自分のヘルスケアに関する決定を、有資格の医療従事者とのパートナーシップの中で下すことを推奨します。あなたが妊娠中、投薬中、または内科的疾患がある場合は、このコンテンツに基づいて製品を使用する前にかかりつけの医療従事者に相談してください。