ローズマリー

早分かり

  • 記憶に肯定的な影響があることが認識されているローズマリーは、何千年もの間、調理、治癒、および病気の予防に使用されてきたハーブです。
  • 記憶と認知低下減少は、ローズマリーが提供する劇的な利点の2つに過ぎません。研究によりますと、糖尿病、癌、神経学的問題も予防することができ、さらに多くの利点があります。
  • また、抗菌剤、カフェー、ロゼマリン、カルノシン酸、1,8-シネオールは、ローズマリーに驚異的な治癒力を与え、人間の寿命をより長くするのに役立つ強力な化合物です。
前の記事 次の記事

ローズマリーについて素晴らしいなのは何ですか?

2018年3月5日 | 284 ビュー |
バージョン:日本語

Dr. Mercolaより

あなたが温室のハーブセクションを歩いていれば、検出できる1つの香りはローズマリーです。木質の多年生ハーブとして、ローズマリーはバジルやオレガノなどのミントファミリーの他のメンバーと関連しています。

ラテン語名のRosmarinus officinalは「海の露」の意味であり、人気のある多年生の神秘的なエレガンスを提供します。

地中海に生息する銀色のローズマリーは、非常に丈夫で用途が広いです。その常緑のエッセンスは、ラム、チキン、 ポットローストなど肉類で調理された風味豊かな料理ですが、ジャガイモ、トマト、スカッシュなどの野菜料理でも同じように美味しいです。

それは非常に強いので、ローズマリーや ローズマリーオイルを使って楽しい味を作ったり、葉を乾燥させたり、葉を粉砕して食物に散らしたりします。素早く乾燥することで、色とエッセンシャルオイルを保つことができます。

ローズマリーを収穫する最良の時期は、夏の終わりまたは秋に咲く直前であると料理専門家は言っています。長い茎は、空気の循環が良好な暗い場所で上下逆さまに吊り下げることができます。また、枝を凍らせ、葉をはぎ取り、プラスチック製の貯蔵袋で再凍結することができます。

ローズマリーはほとんどの地域で容易に成長することができます。冬に、凍結する温度以下の地域に住んでいる場合は、屋内に持っておく必要があります。私は毎日サラダでローズマリーを楽しんでいます。私は単にいくつかの枝を切り取り、葉を剥ぎ、鋭いナイフで非常に細かく切ります。

ローズマリーの注目すべきの歴史、また忘れてしまったもの

ローズマリーは 伝統医学 の分野で長い伝統を持ち、髪の成長から筋肉鎮痛まで、循環系や免疫系の改善に至るまであらゆる用途に使用されています。

古代ギリシャの学者が思い出を巡る試験の間に頭の上にローズマリーガーランドを着たと言われています。シェイクスピアは彼の5つの演劇でローズマリーを言及しました。彼の最も有名なキャラクターの1人、オリビアは、ローズマリーを思い出の薬草と言いました(彼女はすぐに悲劇的な終わりを迎えましたが)。

1931年にモード・グリーブによって出版された「近代的なハーブ」には、古くからの使用に関する民俗情報を含む、草と植物の驚くほど徹底的なリストが含まれていました。彼女が明らかにしたローズマリーの使用法の一つはかなり興味深い:

「病気の部屋でローズマリーを焼くのは古い習慣でした。フランスの病院では、ジュニパーの果実を使ってローズマリーを焼いて空気を浄化し、感染を防ぐのが通例です。ヘンルーダのように、それはガオルフェアの伝染病からの予防として、正義の裁判所の被告席に置かれました。

監獄、または刑務所は、多くの犯人が発疹チフスのような、感染力の高い病気にかかった場所です。当時の医師は何かをしていたかもしれません。現代の科学者たちは抗菌性のあるハーブとしてローズマリーを特定しているからです。

質問を提出する:ローズマリーと記憶と感染症の関係が500年以上前に理解されていた場合、ルネサンスの学者は何を忘れてしまったのでしょうか?

ローズマリーの健康上のメリット

このような歴史的事例は、 エッセンシャルオイル と一般的に使用されている 抗生物質の効果を即座に比較する科学者を助けているかもしれません。より最近の研究の1つは、ローズマリーおよびオレガノ油が、

「抗生物質のアビラマイシンと同じ量のニワトリの成長をもたらし、その油がバクテリアを殺したこともあります。また、エッセンシャルオイルはニワトリのサルモネラ菌を減らすのに役立ち、いくつかのオイルを混ぜると動物間でサルモネラ菌の拡散が制限されることが分かりました。」

科学は、この香ばしい薬草の初期の健康促進の多くを実証するために、抗酸化物質および抗炎症化合物の優れた供給源であることに加えて:

強化された記憶 集中力 科学者らは、ローズマリーの香りが2012年に出版された研究に精神薬理学の治療上の進歩において記憶を増強したことを初めて証明したと言います。

糖尿病 の予防 ギリシャとメキシコの、 オレガノ、 マジョラム ローズマリーは、グルコースレベルをチェックする自然な方法であると判断されました。

神経学的防御 カルノシン酸 (ローズマリー中)は、海馬におけるベータアミロイド誘発神経変性の予防に有用であるかもしれない」とのレビューがなされた。」

脳の老化を防ぐ 日本の研究では、ローズマリーの化合物であるカルノシン酸が脳老化に対して有効です。

癌の予防 ローズマリーの化合物は、白血病および乳癌細胞に対して抗増殖効果を有することが報告されています。 別のレビューでは、それが炎症および腫瘍保護に対して有益であると報告されています。

黄斑変性 防止 カルノシン酸は、この最も一般的な年齢関連の眼に関連する問題に対する保護剤であることが判明しました。

ローズマリーの栄養上のメリットと癒しの力

カルシウム、鉄、ビタミンB6の良い供給源であるローズマリーには、銅、マグネシウム、カリウムも含まれています。繊維、ビタミンA、C、葉酸、カルシウム、鉄の優れた供給源です。

マンガンは、癌、特に乳癌のリスクを低減するために、スーパーオキシドジスムターゼと呼ばれる重要な抗酸化物質を用いて最も顕著な鉱物である可能性があります。

ローズマリーの豊富なビタミンB群には、パントテン酸、ピリドキシン、リボフラビン、葉酸が含まれ、これらはDNA 合成に必要なものです。受精の直前に、ローズマリーの多くの成分が新生児の神経管障害を防止してくれます。

ヨーロッパ人は頻繁にローズマリーを消化器系のトラブルに利用します。ドイツの欧州委員会は、ローズマリーエキスを、正真正銘の治療薬として承認しており、仮説を支持する科学的な研究よりも、逸話的な証拠を採用しています。

アルツハイマー病や痴呆症は、従来の薬で広く検討されていて、たいていはどちらかを防止したり、記憶力を増やすことができる医療用薬品が利用されています。しかし、「臨床的に有意」とは決して見られていません。

ローズマリーを食べれば長生きできる?

約300人の100歳以上の人が、イタリアの辺鄙な村に住んでいることがわかりました。最初科学者は、内陸の食事療法が長寿に寄与していると考えました。しかし、100 歳を超えた高齢者の食事でローズマリーが定期的に大量に消費しされていました。

多くの科学者のチームとともに村を調査権限を与えられた、冠状動脈性 / 心臓研究者のアラン・メイゼル博士によると、印象的な年齢要因は新鮮な山の空気、山々に長いハイキングで増強されていますが、ローズマリーについての以前の研究から、老人が非常に長寿でいる理由が考えられます。メイゼルは記しています:

「ローズマリーには、脳内の遊離基の損傷と戦う成分が含まれています。

この有効成分は、カルノシン酸(CA)と呼ばれ、脳卒中やアルツハイマー病や痴呆症などを引きを超す原因の1つと考えられる毒素やフリーラジカルによる、脳卒中と神経変性過程から脳を守ることができます。

この研究者たちは、ローズマリー内のカルノシン酸と成分が「信号経路」を活性化して損傷から脳細胞を保護し、さらに、カフェー酸とローズマリー酸が強力な抗酸化を促しローズマリー内の他の成分の背後で抗炎症を支持し、肝臓疾患、心臓病、喘息を低減することを確認しました。

科学者が動き出すと、代替健康はしばしば検証されます

ローズマリーの香りから、松を連想するかもしれません。香りは 1.8シネオールの、ベイリーフ、ヨモギ、セージ、ユーカリにも含まれるテルペンです。これが科学者が 認知症患者に使用する化合物で、これによってアセチルコリンは神経伝達物質が急増します。

「これらの化合物は、この酵素により、神経伝達物質の破壊を防止します。そして非常にもっともらしいのですが、吸入は、脳内に薬を入れる最高の方法の 1 つです。

薬を飲むと、消化により吸収されたすべてを処理する肝臓内で粉々にされますが、吸入すれば小さな分子が血流を通り、そこから脳へ到達するので、肝臓内で破壊されることはありません。

別の研究では、研究者たちは、正確さ同様スピードも観察し、これは個人が思い出すことのできる速度は老化における認知機能の測定に利用できるからです。科学者たちは、ローズマリーエッセンスの濃度が高い場合は、上記のすべてが向上しているという事実を容認するという総括を述べました。

「あまり話されませんが、化学物質もムードに影響していました。しかし、これは1.8シネオールの満足度と血液レベルにおける変化の間の負の相関関係であり、ローズマリーの精油が放つ化合物が神経化学経路を通って主観的な状態や認知のパフォーマンスに影響を与えることが示唆されるのは、非常に興味深いことです。」

警戒心や注意のいずれかを精油が改善するようには見えませんでしたが、ある研究は次のようなものでした。

「・・・精油内の化学物質の一部をさらに研究すれば、セラピーの幅が広がり、記憶と脳機能を理解する手掛かりとなるでしょう。」

異なる種類の記憶があります

記憶は 3 つのカテゴリに分けることができます:

  • 過去の記憶は、それまで住んでいた場所、どこで学校へ行ったかなどの経験で構成されています。
  • ワーキングメモリは、一日のそれぞれの瞬間が構成することに関係しています。
  • 将来記憶は、意図的に「覚えておくこと」に関係します。

ノーサンブリア大学の心理生物学教授、マーク・モスは、ローズマリーの探査と精油としてのその有効性は将来記憶を改善すると言っています。ある実験で、ラベンダーとローズマリー精油の効果を、すでにビタミンウォーターを試験されていた60歳以上の患者で実験しました。

同じ被検者が、2つの精油が充満した部屋か、何もない部屋に連れていかれ、それから記憶の試験を行いました。被検者は部屋の周りのばらばらな位置に置かれ、「気が散るが、楽しい」単語パズルの説明を同時に受け、思い出せるか尋ねられました。

「単語パズルで、クイーンに関する質問があれば、ガレージに電話をかけることを私に思い出させてくれますか?」といった課題が含まれています。

研究者は2つの大きなことを発見しました。ローズマリーの充満した部屋からの被検者は、「何もない部屋」の人たちよりも「統計学的に顕著に良好」で、ラベンダーの部屋に行った被検者はむしろ悪い結果で、これはラベンダーが、リラクゼーションと睡眠を促すからです。

ちなみに、ローズマリー精油の化合物の痕跡は、ローズマリーの部屋へ行った調査対象者の血液サンプルで見つかりました。測定結果から、ローズマリーと他の精油は、ローズマリーが脳機能と記憶に役立つであろうということに関して、化学が貴重な手掛かりを提供する可能性があることがわかります。

ローズマリー注意事項

ローズマリーは少量であれば安全ですが、過度に使用すると、問題が起こる可能性があると報告されています。副作用には次のものがあります:

  • 嘔吐
  • 痙攣
  • 昏睡状態
  • 肺水腫 (肺内の液体)

また、大量に摂取すると流産を引き起こす可能性があり、妊娠中の女性には、ローズマリー摂取をお勧めしません。

前の記事 次の記事

免責条項: 本ウェブサイトのコンテンツは特に断りのない限りすべてDr. マーコーラの意見に基づいています。個別の記事は記載の通りに著作権を保持するそれぞれの執筆者の意見に基づいています。このウェブサイト上の情報は有資格の医療従事者との1対1の関係性を置き換えるものではなく、医師のアドバイスとして想定されるものではありません。Dr. マーコーラおよび彼のコミュニティによる研究と経験からの知識および情報の共有を想定しています。Dr. マーコーラは、あなたがご自分のヘルスケアに関する決定を、有資格の医療従事者とのパートナーシップの中で下すことを推奨します。あなたが妊娠中、投薬中、または内科的疾患がある場合は、このコンテンツに基づいて製品を使用する前にかかりつけの医療従事者に相談してください。