ペパーミントオイル

早分かり

  • ペパーミントアロマを吸い込むと記憶力が高まりストレス軽減に役立つ
  • ペパーミントエッセンシャルオイルを痛み止め、ヘアケア、スキンケア、息のリフレッシュ、歯磨きに局部的に利用できる
前の記事 次の記事

ペパーミントの威力: 21種類の健康へのメリットがある

2018年1月11日 | 8,778 ビュー |
バージョン:日本語

Dr. Mercolaより

キャンディ棒やペパーミントの季節になりましたので、冬のおやつに風味を与える薬草: ペパーミントに敬意を表するちょうどいい時です。

キャンディーの風味付け用とは全く異なり、新鮮なペパーミントの葉とペパーミントエッセンシャルオイルの治療効果は古代から知られており、芳香性アロマは多くの文化で来客歓迎の象徴になりました。

今日、先端研究は古代文化がすでに知っていたこと、すなわち、ペパーミントは自然の最も価値あるハーブレメディーの1つであることを、次々と実証しています。

ペパーミントの21種類のメリット

ペパーミントを自然医薬の棚に追加したくなるかもしれないわけは何でしょうか? この薬草の価値ある21種類の利用法を以下にご紹介します。

1. 過敏性腸症候群(IBS)

ペパーミントオイル カプセルは症状を安全に和らげ、生活の質を高めるのでIBS患者が「まず選ぶべき薬」とまでいわれてきました。子供にも大人にも効果があることを研究が示しています。ある研究はこれを試した患者の75%のうち50%に「過敏性腸症候群総合評価点」が減少したことを示しています。

2. 大腸けいれんとガス

ペパーミントオイルは大腸けいれんを軽減するためのBuscopan等薬剤に変わる効果的な代替品です。これで小腸の筋肉もリラックスでき、ガスが通過しやすく、腹痛を軽減します。お茶にペパーミントオイルか葉を加えてみてください。

3. 胃内容排出障害

胃内容排出機能障害にペパーミントが胃内容排出を助けるので有用な場合があります。

4. 機能性胃腸症(不快感や胸焼けと消化不良)

ペパーミントオイルにカラウェーオイルを混ぜた混合オイル90 mgで機能性胃腸症患者の67%において症状が「大幅に改善した」そうです。不快感や胸焼けがするときはペパーミントエッセンシャルオイルを数滴落とした水を小さいグラス一杯飲んでみてください。

5. 乳児疝痛

ペパーミントは乳児疝痛の処置のためにシメチコン以上の効果があります。

6. 母乳の授乳時乳首通と損傷

ペパーミント水は授乳する際乳首のひびや痛みを防止するのに役立ちます。

7. 結核

ペパーミントのエッセンシャルオイルを吸引すると結核の炎症を急速に後退させ、研究者らは再発や悪化を防止するのに効果がありそうなことを示しています。

8. アレルギー性鼻炎(花粉症)

ペパーミントの葉から取れるエキスはヒスタミンの分泌を阻害し、花粉症の症状を軽減するのに役立つ可能性があります。

9. 帯状疱疹関連の痛み

ペパーミントオイルを局部投与したら帯状疱疹関連の痛みがかなり早期によくなり、2カ月のフォローアップ処置を通して効能が継続しました。

10. 記憶障害

ペパーミントのアロマは記憶力を高め注意力を増すことが実証されています。

11. 化学療法による吐き気

ペパーミントオイルは化学療法による吐き気を効果的に抑え、しかも標準的な薬剤使用よりコストが低く済みます。

12. 前立腺がん

ペパーミントは前立腺がんの増加を阻害する可能性があるメンソールを含んでいます。

13. 放射線による損傷

ペパーミントは放射線への暴露によるDNA損傷や細胞死から保護する可能性があります。

14. 単純ヘルペスウイルス1型

ペパーミントは薬剤耐性がある単純ヘルペスウイルス1型を阻害するのに役立つことは実証済みです。

15. 虫歯や口臭

ペパーミントオイルエキスは口内洗浄液に含まれる化学物質クロルヘキシディンより虫歯につながる細菌膜の形成を阻止するために効果があることは実証済みです。歴史的にもペパーミントの葉の粉は息のリフレッシュや歯のホワイトニングに使用されてきました。歯磨きの際1滴か2滴直接加えることもできます。

16. 呼吸器へのメリット

ペパーミントオイルは去痰剤と鬱血除去薬として機能し、呼吸器をきれいにするのに役立つ可能性があります。ペパーミントエッセンシャルオイルを風邪のための塗り薬として胸に使用したり、気化器に入れて吸引すると鼻づまりを解放し、咳や風邪の症状を軽減するのに役立ちます。

17. 頭痛

ペパーミントオイルは緊張による頭痛の軽減に役立つ可能性があります。頭痛に対しては手首に数滴落とすか布に数滴噴霧し、芳香を吸い込んでください。オイルをこめかみや額に直接着けてマッサージするのも効果があります。

18. ストレス

ペパーミントオイルは涼しくし、元気を出させる。入浴の際数滴バスタブに落として温まる、または数滴を身体に直接着けて、風呂につかると、かなり短時間でストレスが軽減します。オイルをバーナーに当てて燃やすとストレス解放アロマが放出されます。

19. 髪と皮膚

ペパーミントオイルをマッサージオイル、シャンプー、ボディーソープやボディーローションに混ぜてみてください。消毒や抗菌効果があり、皮膚を涼しくし、フケシラミも)を頭皮から除去します。

20. 喘息

ペパーミントはロスマリン酸(ローズマリーにも含まれる)を含み、喘息の人に炎症を起こす化学物質を削減します。

21. 筋肉痛

ペパーミントは筋肉のけいれんや痛みを軽減するのに役立つ可能性があります。エッセンシャルオイルを痛む筋肉にマッサージして擦りこむか風呂に入れると筋肉痛の軽減に役立ちます。

ペパーミント 101: 概略史と使用法

ペパーミントはハッカ植物(はっか(ミント)には約25種類ある)の一種で、ウォーターミントとスペアミントの自然交配により生まれました。

医療上の特性に加え、ギリシアでははっかの葉をテーブルに擦り付けて来客を歓迎していましたが、ミントティーは現代でも中東等では来客の歓迎に出されるのが慣例です。

ペパーミントを使うなら新鮮な葉のほうが乾燥させた葉(ティー等に使う)より風味に優れます。

黒い所や黄味がかっていない新鮮な緑の葉を探してください。お茶に新鮮なミントの葉を使うのに加え、スープ、フルーツサラダ、ガスパチョに加えることもできます。ペパーミントエッセンシャルオイルはペパーミントエキスのサプリメントと同様に入手しやすいです。

エッセンシャルオイルは筋肉痛、胸への塗布、頭痛、歯の健康、アロマセラピーに最適です。自家製のクリーニング剤に混ぜると抗菌効果が増し、自然な香りがあります。

ペパーミントの治癒効果を試すなら、自然のままのペパーミントエキスか二三枚の潰した葉を清水(冷水でもお湯でもよい)に落としてください。

さらに治療効果を高めるには、インフルエンザの季節にもなったので、エルダーフラワー、ノコギリソウ、藤袴、菩提樹、ペパーミント、生姜を混合して作る熱いお茶を飲み、風邪やインフルエンザに対抗してください。これで汗をかき体内のウィルスを根絶させるのに役立ちます。

前の記事 次の記事

免責条項: 本ウェブサイトのコンテンツは特に断りのない限りすべてDr. マーコーラの意見に基づいています。個別の記事は記載の通りに著作権を保持するそれぞれの執筆者の意見に基づいています。このウェブサイト上の情報は有資格の医療従事者との1対1の関係性を置き換えるものではなく、医師のアドバイスとして想定されるものではありません。Dr. マーコーラおよび彼のコミュニティによる研究と経験からの知識および情報の共有を想定しています。Dr. マーコーラは、あなたがご自分のヘルスケアに関する決定を、有資格の医療従事者とのパートナーシップの中で下すことを推奨します。あなたが妊娠中、投薬中、または内科的疾患がある場合は、このコンテンツに基づいて製品を使用する前にかかりつけの医療従事者に相談してください。