とてもおいしい簡単なピーマン玉子焼き レシピ

ピーマン 玉子レシピ

早分かり -

文字サイズ:

朝食に何を食べるかを考えるとたいていの人はおそらく玉子がまず思い浮かぶのではないでしょうか。料理の世界で玉子はとても用途範囲が広いです — 固ゆで、半熟、目玉焼き、熱湯ゆで等。

玉子の持つ栄養分を全部得るために生玉子を食べる人もいます。(病原菌と接触しないために、生で食べるなら有機玉子であることを確認してください。)

玉子は伝統的に朝食には欠かせないほど普及しているので、人間がこの鶏の産物を楽しむためにいろいろな方法を考え付いたのは当然のことです。きっとお好きなはずのもの一例はピーマン玉子焼きです。

このレシピはピーマンの詰め物と玉子焼きを合体させた考え方で、2種類の食材の持つ健康的メリットと風味を組み合わせています。このすぐできて簡単なレシピをお試しになり、この朝食の主役を使って健康に良い食事をしてください。

とてもおいしい簡単なピーマン玉子焼き レシピ

準備時間:  5 分調理時間: 25分

材料

  • 有機の小つぶピーマン3個
  • 放し飼いの有機玉子3個
  • お好みのハーブ(バジル、タイム、パセリ、ニラ等)
  • 味付けにDr. Mercolaのヒマラヤ塩
  • 味付けに新鮮な削りたての胡椒

手順

  1. オーブンを約180℃まで加熱する
  2. ピーマンを小型の丸い焼き物用お皿に乗せて入れるピーマン1個ごとに1個の玉子を割って入れる塩コショウする
  3. 白身が硬くなり、黄身が半熟になるまで焼く。約25分。みじん切りにしたお好み新鮮ハーブを振りかける

この簡単なレシピで得られる効果は印象的です

このレシピはきれいな料理になるほか、食材の持つ栄養分が全てよいです。食材別に得られる栄養分かの健康へのメリットを一部挙げます:

ピーマン。この野菜には豊富なチアミン、ナイアシン、葉酸、マグネシウム、銅が含まれます。これらのミネラルが高濃度含まれるので、糖尿病、壊血病、心臓血管病、コレステロールの増加を予防します。

ピーマンを食べると目の健康維持にもいいことが発見されており、黄斑変性症や白内障の発生を予防します。この効能はルテインやゼアキサンチンがピーマンに豊富だからです。

ピーマンは貧血症(血液が酸素をじゅうぶんに輸送できなくなる病気)の予防にも効きます。ピーマンに豊富な鉄も含まれる以外にも、ビタミンCも豊富で、これが鉄の腸内吸収を増進します。

玉子。玉子のファンなら玉子の黄身を食べないようにというキャンペーンについてはおそらく聞いたことがあると思います。身体にマイナスの影響があるとする健康についての主張が拡大したので原因でこうなってしまいました。この信念のために一般社会は玉子の白身オムレツやその他黄身を取り除いた玉子のレシピを好むようになりました。

たいていの人がここで見過ごしていることは、玉子の黄身を捨てれば、これに含まれる豊富なビタミンやミネラルを廃棄していることです。玉子にはビタミンA、D、E、K、オメガ3脂肪、抗酸化物質のルテインやゼアキサンチン、ナイアシン、葉酸が含まれています。

これらのビタミンやミネラルは視覚、胃腸の機能、神経系の機能(記憶や筋肉の制御)等身体のプロセスを最適に維持するのに役立ちます。

新鮮なハーブ新鮮なハーブを使うと風味がぐっと増すほかにも、多くの栄養上のメリットが得られます。多くのハーブやスパイスは心臓血管の異常、老化の加速や病気の予防に役立つことが発見されています。 

このレシピに加えるといいハーブには四つ葉、オrガノ、タイム、セージがあり、これらはすべて料理に香り豊かな味わいや大地の風味を加味します。

このレシピのために最もよい栄養分をどのようにして選ぶことができますか

このレシピに使う主な食材を買うときにいくつかのヒントを以下にご紹介します。これで費用対価値は上がります:

  • 玉子についてまず、売られている玉子は全部等しいわけではありません。有機卵は密閉式給餌経営(CAFO農場)産の玉子より常に優れます。

玉子の持つ栄養価を最もよく確実に摂取するためには、有機の放し飼いで育って「野草を食べて育った」地元の農家産の品種を買いましょう。この種の玉子を買えばサルモネラ等の病原菌に接触するリスクも最小限になります。

  • ピーマンについては、その硬さをまず見ましょう。新鮮なピーマンは通常は固く、皺がない質感があります。

また有機農園産のピーマンを選ぶことも重要です。ピーマンはEWGの2016 Dirty Dozenリストの一部です。つまり従来方式で栽培されたものは殺虫剤や除草剤による有害化学物質が大量に含まれています。

有機ピーマンを買えば、基幹的な身体のプロセスを変性させたり、果ては損害を与える病気につながる残留化学物質を不慮に摂取するリスクは小さいです。

+ 出典および参考資料