バジルのいい点は?

文字サイズ:

あるキッチンに数種類のハーブしかないとしたら、バジルがおそらくその中にあるはずです。

その芳香なエッセンスは肉料理、魚、野菜、チーズ、スープ、玉子の料理でローズマリーやタイムととてもよく合い、松の実やパルメザンチーズと並んで主なペストの成分です。

60種類以上のバジルが存在することがわかっていますが、これらは主に3つのグループに分かれます:甘い系、紫系、茂み系。

それぞれのタイプ別に味が若干異なります。レモン、アニスやシナモンバジル等の部類はレシピを変えたり、さらに味を添える方法としていいアイデアが得られます。サンドイッチも含め、簡単な料理をすばらしく変えるのにその葉が2、3枚で十分です。

バジルは屋内外で栽培しやすいです。新芽を出す頭が出てきたときにそれを摘み、ひょろ長の茎の付け根に近い当たりの葉の付け根の下に出てきます。そこから新しい枝が出てくるので、高密度な育て方ができます。

バジルの葉を乾かすにはオーブンを140℃まで温めて、バジルの葉をベーキングペーパーに一層に置きます。オーブンのスイッチを切り、20分フライパンに入れてゆすります(実際に焼けるまでしない)。

パンから出して葉を自然に冷まし、機密なボトルかジッパーバッグにすぐ入れ、日光の当たらない場所に保管します。

バジルの健康メリット

バジルは最も健康的ハーブの一種ともみられています。心地よく鼻や咽喉を刺激する風味があるだけではなく、数多くの栄養素を含む甘い、大地の芳香を放つ、生のときが最適な利用価値があります。血液凝固に欠かせないビタミンKはその栄養素の一つです。

バジルを大さじ2杯だけでビタミンKの一日推奨必要量の29%が得られます。

バジルにはビタミンAも豊富で、ベータカロチンを含んでいます。これは強力な抗酸化物質で、血管等多くの身体組織の内壁をなす細胞をフリーラジカルによる損傷から保護します。このため血中コレステロールの酸化を防止し、これがアテローム性動脈硬化、心臓発作、脳卒中を防止するのに役立ちます。

バジルに含まれるその他のビタミンやミネラルには鉄、カルシウム、マンガン、マグネシウム、 ビタミンC、カリウムがあります。当然のことですが、バジルには抗菌性があり、DNAを保護するフラボノイドを含みます。

バジルに含まれるフラボノイド類や揮発性油成分こそ健康メリットがあります。前者は揮発油に関連する抗菌性のために細胞レベルで保護してくれます。

これらの物質にはエストラゴール、リナルール、シネオール、ユージノール、サビネン、ミルセン、リモネンがあり、全て多くの悪玉菌の増殖を抑制します。悪い細菌にはリステリア、ブドウ球菌、大腸菌、腸炎エルシニア、緑膿菌が含まれます。

これらの菌種の一部は、一部の抗生物質に耐性があることが発見されたがバジルのエキスによって阻害されました。これらのオイルの一種 - ユージノール - は有害なシクロオキシゲナーゼ酵素(COX)の活性を阻害します。

この効果こそ、バジルを「抗炎症性」の種類に分類することができる点で、リューマチ性関節炎等の関連する疾患を軽減してくれます。

バジルの栄養成分

分量:100 g、生
充足度(%)*
量摂取量

カロリー

23
 

    脂肪によるカロリー

5
 

総脂質

1 g
1%

    飽和脂肪酸

0 g
0%

    トランス脂肪酸

 
 

コレステロール

0 mg
0%

ナトリウム

4 mg
0%

総炭水化物

3 g
1%

    食物繊維

2 g
1%

    糖分

0 g
 

タンパク質

3 g
 
 

ビタミンA

106%

ビタミンC

30%

カルシウム

18%

鉄分

18%
*一日2,000カロリーの食事に対する充足度(%)。摂取カロリーによって一日必要量の充足度は上下する場合があります。

バジルのヘルシーなレシピ:

ほうれん草とバジルのグリーンミネストローネスープ

バジル

材料:

  • ココナッツオイル大さじ2杯
  • 約100gの分厚い硝酸塩あり/硝酸塩なしのプロシュットハムを約2.5cm四方に刻みます。
  • イエロータマネギ 中1個(刻んだもの)
  • 葉付きのセロリー 2本(刻んだもの)
  • 刻みニンニクのみじん切り、2片
  • 中ズッキーニ1本、角切り
  • ベイリーフ 1枚
  • カンエリーニビーン(かその他の白豆)約300g
  • ガルバンツォビーン(ひよこまめ)約300g
  • 海塩と削りたての胡椒
  • 鶏肉だし8カップ
  • ミニペンネパスタ(またはお好みの麦未使用パスタ)1カップ
  • さやいんげん、端を取り約2.5cmの大きさに切ったものを約225g
  • 約280gのほうれん草、茎を取り除き、粗くカットまたはフダンソウ
  • 削ったパルメザンチーズかロマーノチーズ(オプション)1/2カップ
  • 新鮮バジル(かパセリ)みじん切り1/4カップ

作り方:

  1. 中火より強めの熱の上に大きい鍋を温めます。オイルとプロシュットを入れます。2分ほどじゅっと加熱して、タマネジ、セロリー、にんにく、ズッキーニ、ベイリーフを加えます。塩コショウして味見します。5分頻繁にかき混ぜながら加熱します。
  2. 白豆、ガルバンツォビーン、鶏のだし汁を加えます。蓋して煮ます。
  3. パスタとグリーンピースを加えて8分煮るか、パスタが歯当たりがまだ少しある程度(若干柔らかめ)まで煮ます。ほうれん草を入れて1分ほど、萎れる程度まで煮ます。チーズを入れてスープ皿に盛ります。バジルかパセリーでトッピング。4人前の完成です。

(このレシピはDr. Mercola作あなたの栄養タイプ別ヘルシーレシピからの抜粋です)

バジルのおもしろい事実

古代ギリシア語の「バリリコーン」は王室のという意味があり、これが今日バジルと呼ぶものの派生語です。この語はバジルが出されたときに、高貴な態度と接客歓迎、友情、栄誉を称えたいという願望の姿勢を反映していました。

まとめ

バジルは使い道が多くあるので最も人気があるハーブの中の1つです。スープからサンドイッチまで何でもバジルの新鮮な鼻や咽喉に心地よい刺激がある葉を加えるととてもよくなります。病気や感染から身を守るオイルやフラボノイドも含むことがわかっています。

微量の濃度でも悪玉菌を駆除し、さらに有益なことには、アテローム性動脈硬化、心臓発作や脳卒中も予防します。