ソーダ

早分かり

  • ソーダの消費率は、数十年で減少を続けています。そして、現在その消費量は、1986年当時と同等レベルとなっています。
  • コカコーラは、より少量で10代を対象にカスタマイズされた缶を使用して、コーラの「再導入」するために、集中的なマーケティング策略に注力しています。
  • 炭酸飲料の販売は2013年には2%減少する一方で、アスパラテームの健康リスクの恐怖のなか、ダイエットコークの販売は7%下落しました。
  • 糖分の多い飲料を1カ月摂取した若年ラットでは、記憶障害と学習障害の両方を呈しました。
前の記事 次の記事

63%の人が積極的にソーダを避ける

2017年11月13日 | 1,348 ビュー |
バージョン:日本語

Dr. Mercolaより

人々は、ようやくソーダの危険性に気づき始めています。新しいギャラップ調査によると、約3分の2(63%)の人が食生活からソーダを積極的に避けるようにしていると言っています。

これはソーダを避けるようにしている人がたった41%だった2002年から大きく増加しており、 TIME が報告したように、「ソーダの流行が横ばいになる」明確な兆候です。

ソーダの消費は、ここ数十年で最低レベルに低下

ソーダ産業は、750億ドル規模の市場であり、1980代から1990年代に米国内で最大の高さに達しました。コカコーラがより容量の多いサイズと、「大規模化」を推し進め始めたころです。

清涼飲料の容量は、1990年の50%増加し、1994年には20オンスのプラスチックボトルが導入されました。

人々がどんどんソーダを飲むようになるにつれ、肥満や糖尿病の有病率が急激に増加する一方で、ソーダ産業は、今日に至るまで、あらゆる関連性を否定してきました。しかし、調査は逆を示唆しています。

「スーパーサイズ」のメンタリティは、コカコーラや他の飲料企業にとって裏目に出たように思われます。健康リスクが明確になるほど、販売は下降のスパイラルに陥ってしまうからです。

以下はBusinessweekの報告です。 

「40年間にわたって、ソフトドリンク企業は消費が増えると見込んでいました。1970年代、平均的な人が消費するソーダの量は2倍になり、1980年までには、水道水を追い抜きました。1998年、人々は毎年56ガロンのソーダを消費していました。これは、国内の1人当たり1.3バレルに相当するソーダの量です。

そして、私たちは、それほどソーダを欲しいと思わなくなり、他の者に簡単に取って代われる新しい飲料の選択肢がたくさん出てきました。ソフトドリンクの販売は、数年間は安定していました…

しかし、2005年に下降をはじめ、とどまることを知りません。Bevarage Digestによると、人々は現在1年に450缶のソーダを飲んでおり、これは、1986年の水準とほぼ同等です。」

コカコーラは、10代の市場で「罪悪感のない」サイズでのコーラの「再導入」を模索

コカコーラによるソーダ再興の改革の一部は、皮肉なことに、より小容量の導入であり、彼らが信じる戦略は、コーラが「人々が飲んで罪悪感を感じることをやめるか、理想的にはコーラをご褒美とみなす」かもしれません。

より小容量の7.5オンスのミニ缶と8オンスのガラスボトルは、好調に売れています。コカコーラ・ノースアメリカ社長のSandy Douglasでさえ、朝に8オンスのガラスボトルの通常のコーラに制限していると言っています。彼は、Businessweekにもはやカロリーが高すぎることはないと語っています。

一方、コカコーラは、この夏、直接的に10代市場をターゲットにすることにけってしました。10代は、ソフトドリンクを多量に消費することで不評ですが、既にその流れを脱し、代わりにエナジードリンクを選択しています。

そこでコカコーラは、250人の一般的な10代の名前をコーラのボトルに印刷し、「カスタマイズされた」飲料で10代を誘おうと願っています。これは、功を奏しました。販売は、過去3カ月間、北米で1%上昇しました。

飲料コンサルタントであるMike Weinstein元A&Wブランド社長は、10代がソーダ企業のスローガンを分かっているかどうかを確かめるために、高校へ行ったことを指摘さえしています。

しかし、食生活の変化に関する姿勢、そしてより多くの人々が砂糖の添加と糖分の多い飲料を食生活の中で減らしたい、そして「より健康的」な側面が、彼らのイメージには必要であることに関して、業界内で認識が高まっているようです。

そして、ここでも、コカコーラは迅速に対応します。彼らは、フーズティー、ジコ・ココナッツウォーター、およびオーガニックおネストティーといった小規模「健康」飲料企業に、重点的に投資しています。また、コカコーラも、オドワラとシンプリーオレンジジュース、グラソー・ビタミンウォーターおよびコアパワースポーツドリンクを所有しています。

コカコーラのチェアマンでCEOであるMuhtar Kent氏には、コカコーラブランドとその名前の付いた製品であるコーラを脱落させる意図はありません。

10億ドルの2年間にわたる集中的キャンペーンの目的は、その「きらめく」部門を、以前の栄光への回帰を促すことです。そして、もしあなたが、迷っている場合、この健康的な感じのする「きらめく」部門には、ソーダが入っており、まったくの妄想です。

ソーダを飲んだ時の脳

ソーダを飲むとき、脳を含めたあなたの身体には多くの変化が生じます。

接触行動研究会の年次総会で発表された新しい動物実験では、糖分の多い飲料が特に幼年の脳を損害しする可能性が発見されたと発表されました。これは、ソーダ企業が「求める」重要な年齢層の1つです。

成体および幼年ラットに1カ月間、糖分の多い飲料を与えました。その後、認知機能と記憶について検査されました。

生体ラットは大丈夫でしたが、糖分の多い飲料を与えられた幼年ラットには、記憶障害と学習困難の両方が生じていました。次に、研究者たちは、ソーダが記憶および学習にとって重要な脳の海馬の炎症につながるかどうかを研究する予定です。

アスパルテームの健康に対する懸念でダイエットコークの販売急落

ダイエットコークは、砂糖を使用していないかもしれませんが、普通のソーダよりよい選択であるとは言えません。ここでも、人々は、特に人工甘味料アスパルテームに関して関与するリスクを理解しています。

Businessweekは、コカコーラの販売の減少について報告する中で、炭酸飲料のはんばいが2013年に2%減少する一方で、ダイエットコークの販売は7%下降したことに気づきました。

これは、彼らによると、「ほぼ全面的に、健康上のリスクであるという持続的な噂によるアスパルテームの増加する不人気の結果」であるとされています。噂?全くそんなものではありません。研究は継続的にアスパルテームの健康への危険性を証明し続けています。

それらの中には、G.D Searleにより提出された1970年代に米国食品医薬品局(FDA)に販売承認を申請のがん研究の適切性をレビューした最近の解説があります。

データのレビューにより、研究がアスパルテームの安全性を証明していないことが明らかとなり、一方で、最近の研究ではアスパルテームは、潜在的発がん性効果を持つことが示唆されています。研究者たちはここで以下のように述べています:

「総合的に、1970年代にG.D Searleにより行われた研究および他の長期間のバイオアッセイは、APMの安全性に対して、適切な科学的支持を提供していない。

反対に、最近のピアレビュー済み雑誌のラットおよびマウスにおけるライフスパン発がん性バイオアッセイの結果および前向き疫学研究は、APMの発がん性の可能性に関する一貫した証拠を提供してる。

ここで報告されたAPMの潜在的発がん性の証拠に基づき、国際的規制当局の現在の位置づけの再評価が、公衆衛生の緊急事案としてみなされるべである」

研究が反復して人工甘味料を使用した、ノーまたは低カロリー飲料および他の「ダイエット」食品が実際に食欲を刺激し、炭水化物への欲求をまし、脂肪貯蔵と体重増加を刺激していることが示されていることを知って驚かれるでしょう。

雑誌Trends in Endocrinology & Metabolismで発表された報告では、ダイエットソーダを飲む人たちが、通常のソーダを飲む人たちと全く同じ健康問題、例えば、過度の体重増加、2型糖尿病、心血管疾患および脳卒中を抱えているという事実が強調されています。

念のためご覧ください:コカコーラは依然としてアスパルテームを「安全で,高品質な砂糖の代替物としている」明らかに彼らは、何百もの人工甘味料が有害な影響を示していることに関する研究を確認していません。

ソーダを飲むとどうなるか?

ソーダは、私の消費することのできる絶対的に悪い飲食物のリストに載っています。一度消化されると、糖質に反応して膵臓が迅速にインスリンの生成を始めます。

20オンスボトルのコーラにはティースプーン16配分の糖分が、高果糖分コーンシロップ(HFCS)の形状で含まれています。インスリン抵抗性に関与する上に、血糖値の上昇がかなり早くなります。これは、1缶のソーダを飲むことにより何が身体に起こるかについての詳細な説明です。

  • 20分以内に血糖値が急上昇し、大量の糖を脂肪にすることにより、肝臓がインスリンの大量流出に反応します。
  • 40分以内に、カフェイン吸収が終了し、瞳孔が拡散し、血圧が上昇し、肝臓がより多くの糖を血流に放出します。
  • 約45分で、体内でドーパミン生成が活発になり、脳の快楽中枢を刺激し、ヘロインと同様の身体的反応を生じます。
  • 60分後に、低血糖が生じ始め、他の甘いスナックや飲料を摂取したくなるかもしれません。

慢性的に上昇するインスリンレベル(ソーダを飲み続けると必ず生じます)およびそれに続くインスリン抵抗性は、糖尿病からガンマで、多くの慢性疾患の基礎因子となることを私は、多くの機会にお話ししてきました。

今日でも、多くの人が糖分の多い飲料を減らしている一方で、ソーダは多くの人にとって食生活の中心的存在であり続けています。エナジードリンクやスポーツドリンクとともに、ソーダは食事におけるカロリー摂取源のトップ10に入っており(正確には第4位)、2012年にはギャロップは、48%の人が1日最低ガラスコップ1杯のソーダを飲んでいることを、証明された健康への悪影響とともに報告しています。

コカコーラに関するアドバイス?集団訴訟に備える

いくつかのコーラへの助言は、たばこ産業に対して申請されたのと同様の集団訴訟を含む予算を改革しましょう。.これらの製品は、現在肥満の原因および慢性疾患との関連性がよくわかっています。

コカコーラは、10代(以前は学校内の広告や製品を置くことによって、子供をターゲットにしていた)をターゲットにしていることを認めています。現在は、コーラに新しい、より健康的なイメージをつけて再ブランド化使用としています。

彼らの緑の間に入った低カロリー、低糖分ソーダである「コークライフ」は、まさに、低糖質でアスパルテームの入っていないものとして「静かな評論家」のために設計されました。それでもこの環境に配慮したソーダは、基本的にはフィルター付きのたばこにすぎません。 

そして、コカコーラはより陰湿な側に立っています。調査ジャーナリストのMichael Blanding氏は、著書コークマシーン-世界に愛されるソフトドリンクの裏にある汚い真実の中で、インドにあるコカコーラのビン詰め工場は、水道供給が劇的に低く、現地の村人用の井戸が干上がっている一方で、カドミウム、クロミウムおよび他の発がん性物質が現地の環境に染み込んでいました。

同様の主張は、メキシコでも行われています。多くの発展途上国では、彼らは清潔な水に接する機会はもはやなく、ソーダを作ることが汚染のない飲料のための唯一の選択肢なのです。ソーダの需要が伸びれば、瓶詰め向上が増え、さらなる水道供給に対する課税が残り、悪質で危険な循環が形成されます。

ソーダに「ノー」という多くの人々に加わりましょう

ソーダを飲む習慣をやめるためには、まず感情開放テクニック(EFT).といったツールを使用して、食物渇望の感情的部分に取り組むことが必要です。

私が使用または研究した伝統的または代替方法より、EFTは食物渇望に打ち勝ち、ダイエット成功の達成を助ける効果があります。特にターボタッピングを必ずご覧ください。短期間でソーダ依存症を取り除く、非常に効果的でシンプルなツールです。

EFTまたはターボタッピングを試した後でもまだ渇望がある場合は、食事に変更を加える必要があるでしょう。身体のニーズを満たすためには、純水ほど適したものはないことを忘れないでください。

炭酸飲料を本当に飲みたいと思う場合は、 ライムやレモン汁を絞るか、安全で天然の甘味料であるステビアか羅漢で甘くした炭酸ミネラル水を試してください。

高血圧、高コレステロール、糖尿病または過体重で悩んでいるなら、あなたにはインスリン感受性に問題があり、すべての甘味料を避けることでメリットを得ることができることを忘れないでください。

甘い飲料は、砂糖、HFCS、天然に生じるフラクトースまたはアスパルテームといった人工甘味料のどれで甘みをつけているかにかかわらず、肥満およびいくつか挙げるなら糖尿病および心臓、肝臓疾患を含む関連健康問題との戦いにおいて、最悪の犯人です。

これらの種類の飲料のすべてを捨てることで、慢性的健康問題や体重増加、そして言うまでなく、カラメル色素およびアスパルテームといった潜在的な発がん性添加物にさらされるリスクの減少に向かって長い道のりを歩いていくことができます。

前の記事 次の記事

免責条項: 本ウェブサイトのコンテンツは特に断りのない限りすべてDr. マーコーラの意見に基づいています。個別の記事は記載の通りに著作権を保持するそれぞれの執筆者の意見に基づいています。このウェブサイト上の情報は有資格の医療従事者との1対1の関係性を置き換えるものではなく、医師のアドバイスとして想定されるものではありません。Dr. マーコーラおよび彼のコミュニティによる研究と経験からの知識および情報の共有を想定しています。Dr. マーコーラは、あなたがご自分のヘルスケアに関する決定を、有資格の医療従事者とのパートナーシップの中で下すことを推奨します。あなたが妊娠中、投薬中、または内科的疾患がある場合は、このコンテンツに基づいて製品を使用する前にかかりつけの医療従事者に相談してください。