風邪を撃退する食品

風邪と果物

早分かり -

  • 風邪はウィルスが原因なので、抗生物質は全く効果がないため、深刻な二次感染がある場合を除いて使うべきではない。
  • ビタミンCは感染症に効果を示すことが知られている。ビタミンCを非常に多く含むキウイフルーツは上気道における感染症の持続期間と症状を軽減させることを示す研究結果がある。
文字サイズ:

Dr. Mercolaより

風邪はアメリカをはじめ、世界中で最も一般的な感染症です。

風邪の症状は何百もの異なるウィルスによって発症します。細菌ではありません。人体、または菌が付着した物に触ることで接触感染します。

風邪はウィルスが原因なので、抗生物質は全く効果がありません。深刻な 細菌による二次感染がある場合を除いて使うべきではないのです。細菌感染がないのに抗生物質を使うと、 抗生物質耐性菌による病気のもとです。

風邪の予防、素早い回復には、免疫力を保つことが一番効果があります。そのためには、食生活を整える、糖分を控える、体内 ビタミンD 濃度を調整する、しっかり運動し、睡眠を取る、 ストレスをコントロールする、正しく 手を洗うなど日頃の注意が必要です。

風邪のウィルスに触れると必ず風邪をひくわけではありません。免疫機能がしっかりしていれば、ウィルスにさらされても感染しないで済むのです。

免疫機能を高めるには、様々な食品、ハーブ、サプリメントが有効ですので、この記事でご紹介していきます。

ビタミンCが豊富な食品で免疫機能を高める

Ronald Hunninghake医師のように、風邪であろうがガンであろうが病気には ビタミンC が必要であると考える医療の専門家が存在します。中でも、ビタミンCは感染症に効果を示すことが知られています。

Allan Smith氏の症例は、抗酸化作用の高いビタミンCの治癒効果を示す良い例です。豚インフルエンザの重篤な感染が、ビタミンCの経口投与と点滴で劇的な回復を遂げました。

2013年のCochrane Database of Systematic Reviewsに掲載された研究では、ビタミンCを日常的に服用すると、風邪の持続期間や症状がある程度和らぐことがわかりました。

ビタミンCのサプリメントを服用した耐久競技の選手では風邪のリスクが半減しました。

キウイ フルーツはビタミンCを非常に多く含んでいる他、ビタミンE、葉酸、ポリフェノール、カロテノイドなどを含んでいます。 British Journal of Nutrition 誌に掲載された研究では、食事にキウイを取り入れると、高齢層の人々で、上気道における感染症の持続期間と症状を軽減させることがわかっています。

他にも、柑橘系の果物、赤パプリカ、ブロッコリ、芽キャベツ、カボチャ(バターナッツスカッシュ)、パパイヤ、さつまいも、トマトなどがビタミンCを多く含んでいます。

ビタミンD不足が風邪にかかりやすい原因に

ビタミンDも感染症をはじめとする様々な病気と関連する栄養素と言われています。強力な抗菌作用があり、最近、ウィルス、真菌を死滅させる200-300種類のペプチドを生成します。

ビタミンDが不足すると免疫反応が低下し、風邪、インフルエンザ、その他の呼吸器感染を起こしやすくなります。

研究結果からも、 ビタミンDの体内濃度が高いほど、風邪、インフルエンザ、その他の呼吸器系の感染のリスクが少ないことは明らかです。

アメリカ人19,000人が被験者となった全国最大規模の研究では、ビタミンD濃度が低い人ほど風邪やインフルエンザにかかっていることがわかりました。

他にも少なくとも5の研究で、ビタミンDの体内濃度と下気道における感染症の反比例の関係性が示されています。

ビタミンDを取り込む最も良い方法は日光(紫外線B波)を直接浴びることです。天然の日光、人工の光、共に浴びる手段がない場合は、ビタミンD3のサプリメントを服用することをお勧めします。高用量のビタミンD3を服用する際は ビタミンK2 も一緒に摂る様にしてください。

GrassrootsHealthが実施した最新の研究では、血中ビタミンD濃度が40 ng/mlに達するには、平均的な成人の場合、8,000 IUのビタミンD3が必要だとされています。子供の場合は、体重1パウンド(453g)につき35 IUのビタミンDを摂ることを推奨しています。

この基準は ごく一般的 な例です。 各自の最適な用量を知るには、 血液検査が必要です。年間をとおして50-70 ng/mlを維持すると理想的です。

チキンスープは風邪に効く

免疫機能の低下の原因は、糖分が多すぎ、健康を支える脂肪分が少なく、善玉菌が減ってしまうような食生活で、消化器系に生息している微生物のバランスがくずれることです。

手作りの鶏ガラスープ は、効果の高い特効薬です。消化が良く、腸の粘膜を正常に整える様々な栄養素を含んでいます。栄養素の例をあげましょう。

  • マグネシウム、リン、ケイ素、イオウ、微量ミネラルなど吸収されやすいミネラル
  • 軟骨から煮出されたコンドロイチン硫酸、グルコサミン、その他の成分(関節痛や炎症を抑える)。
  • グリシン、プロリン、アルギニンなどのアミノ酸(抗炎症作用を持つ)。
  •  アルギニンは特に敗血症(全身性の炎症)に高い効果を示すことがわかっています。グリシンには鎮静効果があり催眠作用があります。

手作りの鶏ガラスープで作ったチキンスープ は、病気の治癒、回復を早めます。風邪をひいたらチキンスープが一番と言われますが、科学的にも証拠があるのです。 10年以上前の研究でも、チキンスープには、感染を和らげる高い薬効があることがわかっています。

鶏ガラスープの抗炎症効果に加えて、鶏肉にはシステインという天然のアミノ酸が含まれています。肺に発生した粘液をサラサラにして体外に排出しやすくします。缶詰のスープは、手作りでゆっくりと煮出した鶏ガラスープから作った物ほど効き目は ありません

風邪を治したいなら、コショウを多めにいれてスパイシーに仕上げましょう。スパイスで、唾液、のどの周囲、肺などの体液の循環が良くなり、呼吸器に発生した粘液を流し出してくれます。黒コショウの実には、ピペリンが含まれています。ピペリンは解熱、鎮痛作用があります。

免疫機能を高めるその他の食品

風邪やインフルエンザの季節を無事に過ごすには結局の所、健康的な食事とライフスタイルを保つことが一番です。私の考案した 栄養とライフスタイルのプログラムでは リアルフードに着目し、健康に過ごす方法をご紹介しています。風邪やインフルエンザにかかりそうだと感じたら、糖分、穀物、人工甘味料、加工食品を絶ってください。

糖分は特に免疫系にダメージを与えます。感染症に対抗するには免疫を抑えてしまっては意味がありません。上述の食品の他にも免疫反応を高める食品をご紹介します。

発酵食品 ケフィア、 キムチ、 味噌、ピクルス、ザワークラウトなど)。腸内に善玉菌を補充します。 ココナッツオイル 。ココナッツオイルに含まれるラウリル酸は体内で物ラウリンに変換されます。物ラウリンは物グリセリドであり、インフルエンザウィルス、ヒト免疫不全ウィルス(HIV)、ヘルペスウィルス、麻疹ウィルスなどの脂肪の膜で覆われたウィルスや、グラム陰性菌に対する殺菌作用を持っています。
平飼い鶏のオーガニックの生卵 アップルサイダービネガー 。抗細菌、抗真菌、抗ウィルス、抗炎症作用があります。体内環境をアルカリ性に傾け、免疫機能を高めます。
オーガニックの牧草飼育の牛肉 。ビタミンA、ビタミンE、オメガ3脂肪酸、ベータカロチン、亜鉛、CLA(共役リノール酸)を多く含んでいます。CLA (共役リノール酸、脂肪酸の一種)。免疫機能を促進します。牧草飼育の家畜は穀物飼料で育った家畜の3-5倍多く含んでいます。 ニンニク 。抗菌、抗ウィルス、抗真菌作用が高い食品です。食べる直前につぶした物を生で食べると最も効果があります。 PreventDisease.comに掲載された過去の記事で、ニンニクスープの作り方が紹介されています。ウィルスを死滅させるので回復が早まります。
牧草飼育牛の生乳 。免疫機能を高める善玉菌や脂肪分が含まれています。ビタミンA、亜鉛も豊富です。低温殺菌乳の乳製品は控えてください。風邪がぶり返す、鼻づまり、気管支炎など呼吸器系の症状のもととなります。 オーガニックの野菜。ケール、ホウレン草、コラード、フダンソウなどの濃い緑色の葉野菜は、抗酸化物質、フラボノイド、カロテノイド、ビタミンCを豊富に含んでおり、感染予防効果があります。地元で栽培されたオーガニックの野菜を旬の時期にいただくのが理想です。また、できるだけ多くを生で食べるようにしてみてください。野菜をしっかり摂るためには、野菜ジュース がお勧めです。

免疫を高めるハーブとサプリメント

風邪の初期症状が出たら、サプリメントやエキスで免疫力を高めると良いですよ。免疫を高めるハーブやサプリメントはこちらです。

亜鉛。亜鉛に関する研究 で、初期症状が出た時から一日以内に亜鉛を摂ると、治るまでの時間が約24時間短縮されることがわかりました。亜鉛を摂ると症状が軽く済むこともわかっています。推奨用量:一日50 mgまで免疫機能が低下している人、喘息、慢性病などの症状がすでにある方には亜鉛は お勧めできません クルクミンターメリック のオレンジ色の成分で、高い抗炎症作用があることが知られています。
オリーブ葉のエキス。古代エジプトや地中海の文化圏では健康促進のために様々な用途で用いられ、天然の無害な免疫系促進剤として知られています。 プロポリスハチが作る樹脂製混合物で、世界中でも最も用途の広い抗菌成分です。免疫反応を支える重要な2つの成分であるカフェイン酸、アピゲニンを豊富に含んでいます。
オレガノオイルカルバクロールの濃度が高いほど効果も高いです。カルバクロールは オレガノオイルの成分の中で最も抗菌作用の高い成分です。 薬用キノコ椎茸、霊芝、カワラタケ などには、抗炎症、抗菌抗ウィルス作用があります。
エルダーフラワー、ヤロー、藤袴、リンデン、ペパーミント、ショウガのミックスティー 。風邪やインフルエンザに、熱いまま飲んでください。発汗作用で、ウィルスを身体の外に追い出します。 エキナセア 。ヨーロッパでは一般的に風邪や感染に使われる薬用ハーブです。700以上の研究についての再調査で、エキナセアは風邪をひくリスクを58%減少させることがわかりました。
エルダーフラワーのエキス。ビタミンCやアントシアニン、ケルセチンなど様々なフラボノイドが豊富で、エルダーフラワーは免疫を高めるための強壮剤として古くから用いられてきました。肺や気管を健康に保つことでも知られています。 ニワトコの実。ある研究では、12 ニワトコの実 のシロップでインフルエンザの症状が和らぎ、持続期間が約4日間短縮したことがわかりました。ニワトコの実のエキスは発汗作用があり、鼻づまりを和らげることも知られています。

もう一つの風邪対策—過酸化水素

肺炎などの合併症さえなければ、一般的に風邪には医療措置は必要ありません。抗生物質は特に避けてください。ウィルス性の症状には効果はありません。大切なのは休息と食事です。特に糖分は控えてください。チキンスープを手作りしましょう。回復が早まりますよ。

個々でご紹介した項目を継続すれば、今後風邪をひくことは少なくなっていきます。

薬局で購入できる薬もお勧めしません。上気道の感染に驚くほど効果があるのが過酸化水素です。

開業時代、Natural Health Centerの多くの患者さんが、両方の耳に3%の過酸化水素(H2O2)を数滴落としただけで風邪やインフルエンザが12-14時間で治った例が多くありました。3%の過酸化水素は薬店で安く手に入ります。

泡の音が聞こえますが、それが普通です。少ししみるかもしれません。泡の音としみる感覚が治まるまで待ちましょう(5-10分ほど)。その後ティシューで拭いて反対側の耳にも繰り返します。