結核を薬を使わずうまく治療する方法


日光に当たる

早分かり -

  • 驚くべき ビタミン Dのメリットは蓄積され続けています。これは驚くべきメリットの一つだと思います。
  • 2つの新しい研究は、ビタミンDと結核(TB)の効果的な予防と治療を関連づけました。
  • これらの発見から、病気予防と治療のためにビタミンを使うことになるかもしれません。
文字サイズ:

2つの新しい研究は、ビタミン D と結核(TB)の効果的な予防と治療を関連づけました。

最初の研究はビタミン D が身体を結核と戦わせる分子構造の鍵であると決定しました。白血球はビタミン D を結核バクテリアを殺すタンパク質の生成を助ける活性型に変えます。

2つ目の研究で、インドネシアの科学者は、約9ヵ月の間、約70人の結核患者に対してビタミン D 対プラシーボの作用を比較しました。結核患者にビタミン D 10,000 ユニットを毎日与え、一方で通常従来の医療によって主唱される非常に少ない量(400ユニット)を毎日与えると、治癒率は 100 パーセントになりました。

これらの発見から、病気予防と治療のためにビタミンを使うことになるかもしれません。

D r. Mercolaより

驚くべき ビタミン D のメリットは蓄積され続けています。これは驚くべきメリットの一つだと思います。

高用量レベルの100パーセントの治癒率は、自然な治療法の利点を注目すべきであるという証明です。
従来の医療がこの重要な治療の選択肢を長い間捨てており、現在、結核治療に3倍の剤併用療法に頼っているのは、本当に悲しいことです。

もちろん高用量ビタミン D を 定期的に血圧レベルを確認 することなく行うことは勧めません。危険もあるからです。しかし、それは経口摂取としてビタミン D を使うだけという場合です。

十分な量の紫外線光に曝されると、露出した皮膚にビタミン D が生じるので、ビタミン D には「日光ビタミン」というニックネームがあります。

このようにビタミン D を受けるならば、過剰投与の危険性もなく、ビタミンの実質的で理想的な濃度が得られるので、検査の必要はありません。

自分のために時間を取って、できれば毎日1時間、日光浴するようにしてください。

北半球に住んでいる我々にとって、冬はより寒く、短い日照時間であるため、体は相当量のビタミン D を生成する十分な日光を得ることができません。春が来るまでは、大量のビタミンを含む無高品質の 肝油を摂取し、日光浴の機会が増えれば魚の油に戻してください。