カレンドゥラ オイル

早分かり

  • カレンドゥラ オイルは花びらから蒸留して作られ、かなり高粘度な物質です。伝統的に腹腔の痙攣や便秘のために利用されています。このオイルの抗炎症性、抗菌性および関連の特性のおかげで皮膚に多くのメリットが得られます。
前の記事 次の記事

カレンドゥラ オイルに頼れる理由

2017年11月27日 | 147 ビュー |
バージョン:日本語

マリーゴールドは今日貴重になりましたが、伝統的な文化ではホメオパシー療法で利用されており、花から抽出したオイル、カレンドゥラ オイルにもこれに劣らないかなりのメリットがあります。

マリーゴールドすなわちカレンドゥラ オフィシナリスの花びらから蒸留して作られるこのオイルについてと健康や日常の便利な用法についてさらに詳しくご説明します。

カレンドゥラオイルとは?

マリーゴールドはキク科の15~20種類の植物の属です。原産地は西南アジアや西欧、地中海です。

一般名「マリーゴールド」はバージン・マリーを指しており、14世紀から関連づけられてきました。当時ペスト対策の英国レシピに採用されたのがそのきっかけでした。

カソリック教徒の宗教行事では聖母マリアをたたえるために使用されているほか、マリーゴールドは古代エジプト人によって若返り特性があるものとしても見られていました。ヒンドゥー教徒はこの花で寺院の神々を飾り、食事、繊維、化粧品の着色料としても使用しています。

ポットマリーゴールドすなわちC. officinalisは最も普及して栽培されており、活用されている品種で、ハーブオイルの原料です。「カレンドゥラ」はラテン語「calendae」つまり「小さいカレンダー」が語源です。たいていの月の初日に咲くことことからこの名前が付けられました。

一般に野菜園で栽培されるタゲッツ属の装飾マリーゴールドと混同されがちです。カレンドゥラは燃えるような赤と黄色の花びらがあり、フラボノイドが多く含まれます。フラボノイドは自然界で野菜やフルーツに含まれており、植物の明るい色を与えているのがこの物質です。

カレンドゥラ オイルは花びらから蒸留して作られ、かなり高粘度な物質です。麝香(ジャコウ)のよう、木のようとか腐ったようなと表現される不思議な臭いがする油で — マリーゴールドの花と同じ匂いがします。治癒に応用されていはいますが、人にはあまりすぐに受け入れられる匂いではありません。

カレンドゥラオイルの用途

カレンドゥラ植物とオイル用途には3種類あります:

1. 健康とウェルネス— 気付け薬、発汗剤、月経促進材、抗けいれん剤特性がありますが、スキンケアや治療に主に使用されます。

優れる抗炎症性と傷を治す活性があり、がんこな治りにくい傷、にきび、潰瘍、床ずれ、脚の静脈瘤、発赤、湿疹、関連の疾患に効能があります。炎症を起こした痒みのある皮膚病にも効能があります。カレンドゥラ マッサージ オイルは鎮静効果もあり、皮膚を滑らかにし、マッサージ オイルへのよい添加剤でもあり、担体オイルのブレンドを調製する際にも添加されます。

2. 料理— 中世以来、マリーゴールドはチーズ、バター、おかずに「貧乏人のサフラン」として使用されてきました。

エリザベス朝時代になると、花びらと葉がサラダに使用されましたが、葉は強すぎることが判明しました。花びらはスープやシチューの風味剤として使用されます。

3. 実用— マリーゴールドは染料として使用されてきました。乾燥花びらはポットプーリにも添加されてきました。

カレンドゥラオイルの組成

ある研究では、カレンドゥラ オイルを花と植物全体から再留して蒸気蒸留法により低い歩留り(0.3%)ながら回収されました。研究者らは66種類の化合物を特定しましたが、そのほとんどはセスキテルペンアルコールからなり、これにα-カジノールが主な成分であり、約25%を占めることが判明しました。

植物全体から得られるエッセンシャルオイルはアルコール以外にもモノテルペン炭化水素系が存在することから花とは区別されます。

カレンドゥラ エッセンシャル オイルの主成分はフラボノイド、サポノセン、トリテルペンアルコール、及び苦い基質です。カレンドゥラ自体の有用な成分には揮発油、カロチノイド、フラボノイド、粘液、樹脂、多糖類、芳香性植物酸、サポニン、グリコサイド、ステロールが挙げられます。

カレンドゥラオイルの効能

カレンドゥラ オイルは伝統的に腹腔の痙攣や便秘のために利用されています。このオイルの抗炎症性、抗菌性および関連の特性のおかげで皮膚に多くのメリットが得られます。このオイルのよさとしてお勧めする点をいくつかご紹介します >

  1. 乾燥肌または肌荒れ — カレンドゥラ オイルは乾燥肌、重篤な肌荒れやひびの入った皮膚によく効くすばらしい保湿剤です。患部を和らげ、鎮痛効果があります。
  2. 炎症 — ねんざした筋肉や傷に効くほか、抗炎症性特性により負傷による腫れ止め剤にもなります。カレンドゥラ オイルはくも状静脈、静脈瘤、脚の潰瘍、凍傷にも効能があります。
  3. ベビーケア — このオイルは乳児に極めて不愉快なおむつかぶれの軽減を助けます。
  4. 小さい切り傷や創傷 — このオイルの消毒、抗菌作用により傷や小さい切り傷の治癒を早め、さらに虫刺され、にきびや褥瘡の軽減をも助けます。
  5. 皮膚病 — 湿疹、乾癬、皮膚炎、その他の皮膚病はカレンドゥラ オイルを患部に塗ると軽減されます。カレンドゥラ オイルの抗菌作用は水虫、白癬、陰金田虫の治療にもよく効能があります。

カレンドゥラ オイルの作り方

カレンドゥラ オイルは蒸気蒸留法で抽出します。100%ピュアなカレンドゥラ エッセンシャル オイルを取得することはほぼ不可能なので、カレンドゥラ エッセンシャル オイルは純水エキスではなく煎じ出しによります。 

この花からオイルを得るには、花弁をオイル特にオリーブオイルに浸漬します。蒸留後残るオイルがカレンドゥラ オイルで、金色系のオレンジ色をしています。

Keeper of the Homeから引用した以下の方法でもカレンドゥラ オイルを自宅で作ることができます。

材料:

  • 乾燥カレンドゥラ花弁
  • 担体オイル(オリーブオイル、アーモンドオイル、サンフラワー オイルが最適な選択肢です)
  • 蓋付の清潔なガラスジャー

手順:

低温煎じ— デリケートなカレンドゥラを熱で破損しないので好まれる方法です。

  1. 乾燥カレンドゥラ花弁のお好きな量を清潔な乾燥したガラスジャーに入れます。
  2. お好きな担体オイルをジャーに入れて花弁を約2cmほどオイルより低く充填します。
  3. 週間、日当たりの良い場所に置いて煎じ出します。
  4. オイルから花弁を抜き、オイルを蓋付容器に入れて1年寝かせます。

高温煎じ— この方法は低温煎じより迅速にできますが熱が作用してしまうのでコールドと同じ効果はでません。

  1. 乾燥カレンドゥラ花弁のお好きな量を清潔な乾燥したガラスジャーに入れます。
  2. お好きな担体オイルをジャーに入れて花弁を約2cmほどオイルより低く充填します。
  3. ジャーの中身を全て(花弁とオイル)を小さいフライパンか熟成がまに入れます。低温で4時間温め、ときどきかき混ぜます。
  4. 冷まします。オイルから花弁を抜き、オイルを蓋付容器に入れて1年寝かせます。

自家製カレンドゥラ オイルは入力後のボディーオイル、クリーム、ベビー オイル、ローション、乾燥肌、炎症や発赤等の部位に塗る自家製治療薬としてご利用になれます。

カレンドゥラオイルはどのように効くのか?

カレンドゥラ オイルは多くの製品に使用されており、ローション、軟膏、クリーム、自然化粧品の成分やパーソナルケア製品、ハーブ軟膏の基材としてよく応用されています。アロマセラピーではよく使われるベースオイルでもあります。カレンドゥラ オイルは天然ヘアダイ用レシピにも使用できます。

煎じ出したオイルを作ることができます。これにはジャーに乾燥した花を詰め、担体オイルに浸漬して抽出します。この花からはミキサーで砕くとさらに多くを引き出せます。花の有効成分を抽出するには2週間煎じ出してください。

使うときには、オイルをチーズクロスでろ過し、香油に直接入れるか自家製クリームやローションの成分としてお使いください。

カレンドゥラオイルは安全か?

カレンドゥラ オイルは概して安全に使用できますが、次の安全ガイドラインに従ってご注意ください:

  1. 妊婦や授乳中の方は原則的にカレンドゥラ オイルを避けるべきです。カレンドゥラを経口で服用しないでください。流産が懸念されます。局部への使用も避けてください。
  2. マリーゴールド、菊、デイジー等ブタクサや同類の植物に敏感な人はアレルギー反応を起こす場合があります。カレンドゥラ オイルを使用する前にアレルギー反応があるかどうか医師に診てもらってください。
  3. 手術中や術後に使用する医薬品と併用した場合、カレンドゥラがけだるさを極度に進行させる場合があり、手術の2週間前までに止めた方がよいです。

カレンドゥラエッセンシャルオイルの副作用

妊娠、授乳、アレルギー、手術前の方でなければ、カレンドゥラ オイルに副作用はありません。治療用に使用する際は医師に相談するほうがよいです。

鎮静剤やCNS抑制剤はカレンドゥラと反応するのでご注意ください。この植物のエキスは眠気や気だるさを起こすことがあり、鎮静剤と併用すると過剰な睡眠に陥るおそれがあります。鎮静剤の例として、クロナゼパン(Klonopin)、フェノバルビタル(Donnatal)、ゾルピデム(Ambien)が挙げられます。夜良好な睡眠を取る安全な自然な方法を取るようにお勧めします。

前の記事 次の記事

免責条項: 本ウェブサイトのコンテンツは特に断りのない限りすべてDr. マーコーラの意見に基づいています。個別の記事は記載の通りに著作権を保持するそれぞれの執筆者の意見に基づいています。このウェブサイト上の情報は有資格の医療従事者との1対1の関係性を置き換えるものではなく、医師のアドバイスとして想定されるものではありません。Dr. マーコーラおよび彼のコミュニティによる研究と経験からの知識および情報の共有を想定しています。Dr. マーコーラは、あなたがご自分のヘルスケアに関する決定を、有資格の医療従事者とのパートナーシップの中で下すことを推奨します。あなたが妊娠中、投薬中、または内科的疾患がある場合は、このコンテンツに基づいて製品を使用する前にかかりつけの医療従事者に相談してください。