ラベンダーオイル

早分かり

  • ラベンダーオイルは、その抗炎症性、抗真菌性、抗うつ作用、防腐性、抗細菌特性および抗菌特性でよく知られています。さらに鎮けいれん、鎮痛、解毒、降圧、鎮静の効果もあります。ラベンダーオイルは、アロマセラピーでは、最もよく知られているエッセンシャルオイルの1つです。
前の記事 次の記事

ラベンダーは好きですか?ラベンダーオイルを試してみましょう

2017年10月27日 | 440 ビュー |

Dr. Mercolaより

ラベンダーオイルの香りは様々な感覚を引き起こし、その甘い香りは夏の空の下の美しい青紫色の花の無数の連なりを連想させます。しかし、ラベンダーオイルの香り以外に目を向けて見ると、目に留まったり、香りを感じたりする以上のものがあることがわかります。

ラベンダーとは何でしょうか?

ラベンダーオイルは、育ちやすい常緑樹のラベンダー(ラバンデュラ・アングスティフォリア)に由来し、緑色または銀灰色の葉の上に美しく香りのよい花の房を作ります。

この植物は、北アフリカと地中海の山間地域を原産としており、日当たりの良い岩の多い土壌によく生息しています。今日では、ラベンダーは南ヨーロッパ、米国、オーストラリアに生育しています。

ラベンダーは2,500年もの間、利用されてきました。古代のペルシャ人、ギリシア人、そしてローマ人は、風呂にラベンダーの花を加え、肌を洗って清潔にするのに役立てていました。事実、「ラベンダー」という言葉は、「洗う」という意味のラテン語の「lavare」に由来しています。

フェニキア人、アラブ人、エジプト人はラベンダーを香水として使い、ミイラにもこれを使用しました。ミイラはラベンダーに浸漬した衣服に包まれていました。

中世およびルネサンス時代のヨーロッパのギリシアとローマでは、自然の消毒剤と消臭剤として石の城の床のいたるところに噴霧され、万能薬として使われていたのです。

ラベンダーは17世紀、ロンドンで発生したペストの大流行の間にも使われました。人々は黒死病から保護されると信じ、腰の周りにラベンダーの花を括りつけました。

高い品質のラベンダーオイルは、甘く、花や薬草、または、やや樹木の香りがします。その色は淡い黄色から黄緑色まで様々ですが、無色なものもあります。

ラベンダーオイルの用途

ラベンダーおよびラベンダーオイルのどちらも、その香りと多用途性が評価されています。エッセンシャルオイルは石けん、香水、家庭用洗剤、洗濯用洗剤などの浴室ケアおよびボディケア製品に添加される一方、花は鉢植えや工芸品、家庭用装飾に使用されます。

ラベンダーオイルは、その抗炎症性、抗真菌性、抗うつ作用、防腐性、抗細菌特性および抗菌特性でよく知られています。さらに鎮けいれん、鎮痛、解毒、降圧、鎮静の効果もあります。ラベンダーオイルは、アロマセラピーで最もよく知られているエッセンシャルオイルの1つであり、以下の用途があります。

  • お風呂やシャワーに添加して、痛んだ筋肉やストレスを和らげます。
  • やけど、にきび、創傷などの皮膚の状態はもちろんのこと、筋肉や関節の痛みを和らげるため、肌のマッサージに使いや、します。必ず基油で希釈してください。
  • 吸入したり、蒸発させたりします。オイルバーナーを使用するか、お湯を張ったボウルに数滴入れ、それから、その蒸気を吸って使うことができます。
  • 手や足を浸します 手や足を浸す前に、温かい水を張ったボウルに一滴加えます。
  • ラベンダーオイルを数滴、滴下した水槽にタオルを浸し、硬く絞って使用します。これは、ねんざや筋肉の傷害に塗ります。

ラベンダーオイルを天然洗浄剤のお気に入りに加えておくこともお勧めします。ベーキングソーダと混ぜ、バスルームとキッチン用のすべて天然素材の 抗菌スクラブ を作ることができます。

ラベンダーオイルの成分

ラベンダーオイルは、150を超える活性成分を含んだ化学的に複雑な構造を持っています。このオイルは、鎮けいれん(痙攣や痛みの抑止)、鎮静および覚醒作用を有する芳香族分子であるエステルが豊富に含まれています。

ラベンダーオイルの主な植物成分は、酢酸リナリル、リナロール(天然殺菌特性を有する非毒性のテルペンアルコール)、テルピネン-4-オール、およびカンフルです。

その抗菌性、抗ウイルス性、抗炎症性の性質をになうラベンダーオイルの他の構成成分として、シス - オシメン、酢酸ラバンジュリル、1,8-シネオール、リモネンおよびゲラニオールが含まれます。

ラベンダーオイルの効用

ラベンダーオイルは、不眠、不安、うつ、落ち着き、歯に関する不安やストレスを和らげるのに役立つ落ち着きとリラックスをもたらす性質があることで知られています。多種多様な使い方があるため、ラベンダーオイルは、痛みから感染症まで、ほとんどの種類の病気に役立ちます。

私は特に抗真菌耐性の皮膚と爪の感染症を撃退するラベンダーオイルの潜在性の虜となりました。Coimbra大学の科学者たちは、ラベンダーオイルが皮膚糸状菌および種々のカンジダ種として知られている皮膚病原性菌株にとって、致命的であることを発見しました。

Journal of Medical Microbiology誌に掲載されたこの研究では、ラベンダーオイルが細胞壁に損傷を与えて真菌を殺す(バクテリアやウイルスにも当てはまると思われるメカニズム)ことが分かっています。最も良い点は、このオイルは抗生物質とは異なり、拒絶反応を引き起こさないということです。

このトピックの詳細については、Dr. Mercolaの記事 、「」ラベンダーオイルは強力な抗真菌効果を持つを読んでください。」ラベンダーオイルはまた以下のようにも使われます。

痛みを軽減する。 ラベンダーオイルは筋肉の痛みや緊張、関節の痛みやリウマチ、ねんざ、腰痛や腰痛を緩和するのに役立ちます。ラベンダーオイルを患部に丁寧にマッサージしてください。ラベンダーオイルは、挿針後の痛みを和らげるのにも役立ちます。

にきび、乾癬、湿疹、しわなどのさまざまな皮膚疾患を治療。また、創傷、切傷および火傷の治癒に不可欠な瘢痕組織の形成にも役立ちます。さらにラベンダーは虫刺されやかゆみを和らげるのにも役立ちます。

テキサスにいる皮膚科医のNaila Malik博士によると、ラベンダーオイルは自然な抗炎症薬なので、かゆみ、腫れ、赤みを軽減するのに役立つ、とのことです。

髪を健康的に維持する。 ラベンダーオイルは、シラミ、シラミの卵、およびシラミ類を殺すのに役立ちます。The Natural Medicines Comprehensive Database (NMCB)は、ラベンダーは脱毛症(抜け毛)の治療に効果があり、7か月の治療の後で髪の成長を最大44%向上させると語っています。

消化を促進する。 ラベンダーオイルは、胃の痛み、消化不良、腹部の膨張、疝痛、嘔吐、下痢を治療するのに役立つ胆汁および胃液の生成を促進し、腸の可動性を促進します。

呼吸器系疾患を緩和する。 ラベンダーオイルは、風邪やインフルエンザ、咽喉の感染症、咳、喘息、咳嗽、副鼻腔鬱血、気管支炎、扁桃炎、喉頭炎など呼吸器系の問題を緩和するのに役立ちます。ラベンダーオイルを首、胸、または背中に塗布して適用したり、蒸気を直接吸入するか気化器を介して吸入したりします。

ホルモンバランスを回復し、膀胱炎(膀胱の炎症)を防ぎ、けいれんや他の泌尿器系障害を緩和するのにつながる尿生成を促進

血行を改善する。 ラベンダーオイルは、上昇した血圧レベルを下げるのに役立ち、高血圧のために使用することができます。

ラベンダーオイルは蚊や蛾を撃退するのに役立ちます。実際にいくつかの蚊の忌避剤の成分として使用されています。

ラベンダーオイルの作り方

ラベンダーオイルは水蒸気蒸留によって製造されます。エステルを最大量含む花の満開時に、ラベンダーの花は摘み取られます。純粋なラベンダーのエッセンシャルオイル1ポンド(453.6グラム)を作るためには150ポンド(68キログラム)のラベンダーが必要です。ラベンダーの花を別のオイルに漬け、低温浸出を行うこともできます。BlackThumbGardener.comからの以下のレシピを試してみてください。

成分と材料

  • ラベンダーの花を乾燥させたもの
  • ミネラルオイルまたはオリーブオイ
  • びん
  • チーズクロス、またはモスリン
  • 消毒済みのボトル

手順

  1. びんを洗って完全に乾燥させ、乾燥したラベンダーの花をその中に入れます。瓶を満たすのに十分な量の花が必要です。
  2. 花が完全に覆われるまで、オイルを注ぎ入れます。
  3. びんを日光が十分に当たるところに置き、3~6週間そこに静置します。日光は花から油を抽出し、それを基油に浸出させるのに役立ちます。
  4. 3〜6週間の後、チーズクロスと滅菌したボトルに油を注ぎます。

ラベンダーオイルのしくみとは?

ラベンダーオイルの有効性は、鎮静および弛緩をもたらす香りの心理的効果、および、揮発性油が身体の辺縁系に及ぼす生理学的効果によってもたらされると言われています。

ラベンダーオイルの有効性は、鎮静および弛緩をもたらす香りの心理的効果、および、揮発性油が身体の辺縁系に及ぼす生理学的効果によってもたらされると言われています。

ラベンダーオイルは、局所的に適用したり、または蒸気として吸入したりできます。乾燥したラベンダーの花は、ラベンダーティーにすることができますが、難しい呼吸、目の炎症、視力のぼけ、嘔吐、下痢などの副作用を引き起こす可能性があり、ラベンダーオイルの体内摂取は勧めません。

ラベンダーオイルは安全ですか?

私は、ラベンダーオイルのように天然なオイルを使うことは、皆さんの人生に取り入れることができる総じて最良の戦術の一つだと信じています。しかし、ラベンダーオイルを使用する際に覚えておくべき大切なガイドラインがいくつかあります。

局所的に、もしくはアロマテラピーにおいて希釈したラベンダーオイルを使用しても、ほとんどの成人にとっては一般的に安全であると考えられていますが、子供に対しては推奨できません。純粋なラベンダーオイルを皮膚 (特に開いた傷口) に塗布すると、炎症を引き起こすことがありますので、オリーブオイルやココナッツオイルなどの基油へ注入してから使うことをおすすめします。ラベンダーオイルを水に溶かすこともできます。

ラベンダーオイルを目や粘膜にこすりつけないように注意してください。そうなった場合、すぐに洗い流してください。ラベンダーオイルは、過敏な皮膚を持つ人にアレルギー反応を起こす可能性もありますので、使用前にスポットテストを実施してください。腕に一滴のラベンダーオイルを塗布し、反応が起きるかどうかを確認するだけのテストです。

ラベンダーオイルの副作用

ラベンダーオイルにアレルギー反応を起こす人もいます。また、ラベンダーオイルを吸入、または局所的に塗布した後に、頭痛、吐き気、嘔吐、寒さなどの副作用が起きる場合もあります。

妊娠中の女性と授乳中のお母さんに関しては、その状態に対するラベンダーオイルの安全性が確認されていないことから、私はこのラベンダーオイルの使用を避けるよう助言します。米国国立衛生研究所(NIH)は、バルビツール酸、ベンゾジアゼピンおよび抱水クロラールのような薬物を服用する際にラベンダーオイルを使用しないように警告しています。鎮静効果を過度に高め、極度の眠気や眠気を引き起こす可能性があるからです。

前の記事 次の記事

免責条項: 本ウェブサイトのコンテンツは特に断りのない限りすべてDr. マーコーラの意見に基づいています。個別の記事は記載の通りに著作権を保持するそれぞれの執筆者の意見に基づいています。このウェブサイト上の情報は有資格の医療従事者との1対1の関係性を置き換えるものではなく、医師のアドバイスとして想定されるものではありません。Dr. マーコーラおよび彼のコミュニティによる研究と経験からの知識および情報の共有を想定しています。Dr. マーコーラは、あなたがご自分のヘルスケアに関する決定を、有資格の医療従事者とのパートナーシップの中で下すことを推奨します。あなたが妊娠中、投薬中、または内科的疾患がある場合は、このコンテンツに基づいて製品を使用する前にかかりつけの医療従事者に相談してください。