静脈瘤

早分かり

前の記事 次の記事

ビタミンKは血管の健康状態改善と静脈瘤の減少に関係する

2017年9月27日 | 1,220 ビュー |

Dr. Mercolaより

静脈瘤は、血液が静脈に溜まったときに脚に現われる見苦しく痛みを伴うコブで、成人の5〜30%がこれを体験しており、女性は男性よりも静脈瘤を発症する可能性が3倍高いです。

「Journal of Vascular Research」の新しい研究によると、静脈瘤(Varicosis)はビタミンKの欠乏に起因する可能性があります。

ビタミンKが不足するとマトリックスGLAタンパク質(MGP)の活性が低下することがあり、これが静脈瘤の発症の鍵となることが確認されています。

ビタミンKはMGPを活性化するために必要なので、ビタミンKを十分に含む食事摂取は静脈瘤予防の前提条件であると考えられています。

ビタミンKは主に2つの形態があります。

  1. K1(フィロキノン、別名フィトナジオン)
  2. K2(メナキノン)

ビタミンK3はビタミンの合成変異体であり、摂取は推奨されません。

ビタミンK1は、レタス、ブロッコリー、ホウレンソウなどの緑色の葉野菜に含まれており、洋食に含まれるビタミンKの約90%を占めています。

ビタミンK2は数種類のメナキノンを含んでおり(MK-n、プレニル側鎖の数によって決定されるnを有する)、MK-4は食用肉に含まれ、また、 MK-7、MK-8、MK-9はチーズや納豆のような発酵食品に見られます。

静脈瘤の予防方法

静脈瘤の発生のリスク要因には以下のものが挙げられます。

  • 加齢
  • 肥満および/または多胎妊娠
  • 運動不足
  • 長時間の立ち仕事
  • 遺伝的素因、および結合組織異常 

今回は主に予防を目標とします。例えば、足を組んで座り続けると静脈瘤ができやすくなるという事実を学びます。他にも、 歩行運動をしなかったり、便秘だと静脈瘤ができやすいです。

食事 は予防の「薬」となる重要な習慣です。

  納豆 などの発酵食品は、基本的に、摂取できる食品の中で最もビタミンKが濃く含まれており、毎日数ミリグラムのビタミンK2を取り込むことができます。この含有量は濃緑色の野菜に見られる量をはるかに上回ります。

例えば、納豆を食べたあとの体内のビタミンK2濃度はホウレンソウを食べた後のビタミンK1の約10倍高いことが示されています。残念ながら、ほとんどの人は 発酵食品を多く食べません。

ビタミンK2は、腸内細菌によって合成され、遠位小腸から吸収されます。 抗生物質 を服用するとビタミンK2の吸収が妨げられることを覚えておきましょう。

ビタミンK1は基本的には濃い緑の葉物野菜に見られます。次の表には、食事に加えることを検討すべきビタミンKのいくつかの野菜を示しています。

食材 ビタミンK*

コラードグリーン

440

ほうれん草

380

サラダ野菜

315

ケール

270

ブロッコリー

180

芽キャベツ

177

キャベツ

145

オリーブ油

55

アスパラガス

60

オクラ

40

グリーンビーンズ(サヤエンドウ)

33

レンズマメ

22

ビタミンK – 忘れられたビタミン

ビタミンKは、血液凝固において重要な役割を果たすことが最もよく知られている脂溶性ビタミンです。しかも、ビタミンKはカルシウムを骨基質に差し込むのに役立つ生物学的な「接着剤」として役立ち、 強い骨をつくるために不可欠です。 

一部の研究では、実際にビタミンKがフォサマックス型骨粗鬆症薬と同等であることが示されています。

また、ビタミンKは 心疾患予防 に重要です。冠状動脈疾患や心不全の一般的な危険因子である動脈硬化の予防にも役立つからです。

ビタミンKの他の有益な効果には以下のものがあります。

  • アルツハイマー病の改善。
  • 局所にビタミンKを加えるのも打ち身を軽減するのに役立ちます。
  • ビタミンKが不足すると、糖尿病に似た インスリン 放出と血糖調節への干渉が起こる可能性があります。
  • 抗酸化特性を有する可能性があります。
  •  肺 および肝臓がんなどのがん治療に有益です。

ビタミンKは脂溶性のビタミンです。つまり、吸収するために食事脂肪が必要なので、注意することが大切です。実践しやすい方法の1つとしては、 液状のビタミンKドロップ を魚油やオキアミ油に直接加えることをおすすめします。

これにより、ビタミンKが体によく吸収されます。あるいは、健康な脂肪を含む他の食べ物に加えることもできます。

ビタミンKサプリメントは必要か

植物性ビタミンK1(フィロキノン)と細菌により作られるビタミンK2(メナキノン)は非常に重要なので、食生活に余分なサプリメントを加えることはお勧めせず、ビタミンKのサプリメントの購入をあまり検討しないかもしれません。特にあなた(または家族の方)に骨粗鬆症または心臓病の病歴がある場合はよく考慮してください。

次の状態である場合はビタミンK欠乏症のリスクが高くなることがあります。

  • 少食または食事量制限中。
  • クロン病、潰瘍性大腸炎、セリアック病、およびその他の栄養吸収を妨害する状態。
  • ビタミンK貯蔵を妨げる肝臓病を患っている。
  • 抗生物質、 コレステロール薬、アスピリンなどの医薬品を摂取する。

1日に3,000mcgのビタミンKを摂取することをお勧めします。妊娠中または授乳中の方は、医師が特に推奨および監督がない限り、RDA(65mcg)より多くビタミンKを摂取しないようにしてください。

脳卒中、心停止、または血液凝固が起こりやすい方は、医師に相談することなくビタミンKを服用しないでください。

出典および参考資料
前の記事 次の記事

免責条項: 本ウェブサイトのコンテンツは特に断りのない限りすべてDr. マーコーラの意見に基づいています。個別の記事は記載の通りに著作権を保持するそれぞれの執筆者の意見に基づいています。このウェブサイト上の情報は有資格の医療従事者との1対1の関係性を置き換えるものではなく、医師のアドバイスとして想定されるものではありません。Dr. マーコーラおよび彼のコミュニティによる研究と経験からの知識および情報の共有を想定しています。Dr. マーコーラは、あなたがご自分のヘルスケアに関する決定を、有資格の医療従事者とのパートナーシップの中で下すことを推奨します。あなたが妊娠中、投薬中、または内科的疾患がある場合は、このコンテンツに基づいて製品を使用する前にかかりつけの医療従事者に相談してください。