ストレッチマーク

早分かり

  • 今日、市場には数多くのストレッチマークの治療法があり、数日もしくは数週間でストレッチマークは消滅させることが可能だと主張する人もいます。残念なことに、高い費用にも関わらず、これらの製品の多くはきちんとその機能すら果たしてくれないのです。
  • ストレッチマークを避けることは、水分を保ち続け、肌に潤いを保持していることと関係します。
前の記事 次の記事

自然にストレッチマークを消す方法

2017年7月14日 | 1,879 ビュー |

市場にはストレッチマークの除去を狙いとした数多くの製品や医学的な処置方法が登場しています。これらの製品価格は、手頃な価格から数千ドルかかるものまで範囲に幅があります。しかし、ストレッチマークとは正確には何でしょうか?また、 なぜ身体に現れるのでしょうか?

ストレッチマークの原因は何でしょうか?

その名前が示すとおり、ストレッチマークは妊娠中などに皮膚の真皮層が突然伸びてしまうことによって引き起こされます。ストレッチマークは通常、皮膚に沿って流れる小さな河口のように見えます。これらの条痕は、皮膚線条、または妊娠線とも呼ばれます。

ストレッチマークは通常、太もも、腹部、臀部に現れ、時には肩にも現れます。ストレッチマークが出現する理由には、2つの要因があります。

肉体的な要因

ストレッチマークの肉体的な出現の様子を注意深く観察してみると、通常、胴囲の急激な増加に対し非常に敏感な体の部位に現れることがお分かりになるでしょう。

皮膚の真皮層が引き伸ばされて、ひび割れ、そして破れたように見えるのです。これが妊娠中にストレッチマークが現れる理由です。ストレッチマークは、通常、体重の変動によって引き起こされます。更に、運動で筋肉が発達することから、ストレッチマークは運動をする人にも見られます。

妊娠中の女性の場合、普段よりも体重が増える時にストレッチマークが現れます。この理由から、通常、妊婦の多くは節食を検討します。

しかしながら、妊娠中に極端な節食をすると、栄養不足につながり、妊婦自身と胎児の安全を危険にさらす可能性があることから、推奨されません。

ホルモン的要因

いくつかの研究では、ホルモンの変化により、ストレッチマークが生じることが示唆されています。妊娠中や思春期に起こるホルモンの不均衡がエラスチンやコラーゲンの産生を変化して、肌の弾力性が失われ、肌に割れ目が生じます。

ストレッチマークは、思春期や急速な成長発育が起こったときにも現れることがあります。身体が身長の急速な変化に慣れておらず、肌はふだん慣れている状態以上に大きく伸ばされます。

あまり知られていないのですが、別のストレッチマークの危険因子に、クッシング症候群があります。この症候群では、身体が大量のコルチゾールを産生するため、ストレッチマークの出現がこの症候群の指標となります。クッシング症候群は体重の増加と皮膚の薄化を引き起こすため、赤紫色のストレッチマークが形成されます。

2種類のストレッチマーク

ストレッチマークの違いは色と外観にあります。一方で、分類は以下の2つのタイプとなります:

  • 赤色のストレッチマーク(ルブラ縞状) は皮膚の真皮層が伸びることにより形成され、皮膚の下の層の血管が見られるようになります。
  • 白色のストレッチマーク(アルバ縞状) は血管が後退したところに現れ、真皮層の下に脂肪があるのが分かります。 これでストレッチマークの外観が銀白色であることの説明がつきます。

ストレッチマークを減らす自然な対処法を試してみよう

今日、市場には数多くのストレッチマークの治療法があり、数日もしくは数週間でストレッチマークは消滅させることが可能だと主張する人もいます。悲しい事に、これらの製品は費用が高いにもかかわらず、実質的には価値が無い、ということです。

ストレッチマークは通常、時間が経過すると消えますが、早く消したい場合、突然出現するストレッチマークに対処できる、自然な方法がたくさんあります。

ナチュラルエッセンシャルオイルを使う

市場には、ストレッチマークの出現を軽減するのに役立つ、多くの製品が出回っており、入手が可能です。これらの製品には、ラベンダー、サンダルウッド、フランキンセンス、およびタンジェリンオイルが含まれています。

これらのオイルは使用する前に、安全なキャリアオイル、または食用油に対し2:1の割合で希釈しすることをお勧めします。妊娠中や授乳中には、月経異常や早産を起こす可能性があるため、乳香は使用しないでください。

ストレッチマークが現れやすい部位にアロエベラを擦り込む

アロエベラは、保湿、冷却および傷を癒す効果があるため、様々な肌のトラブルに対処できる自然療法として有名です。アロエベラのジェルは、抗炎症効果があることでよく知られ、欠かさず使用し続ければ、ストレッチマークを目立たなくすることができる場合があります。

自身のストレッチマークにアロエベラを試す場合は、新鮮なアロエベラの茎からジェルを取り、ストレッチマークのある部位に擦り込みます。これを1日2回続ければ、通常はストレッチマークが薄くなっていくが分かるでしょう。

レモンジュースを使用する

レモンジュースは漂白作用と美白効果の特性は有名ですが、ビタミンCの含有量が多いため、肌が作り出すコラーゲンの量を増やすこともできます。

大きめのレモンを絞り、その絞り汁をストレッチマークに塗るだけです。約15から20分間置いた後、冷水で洗い流します。

卵白を使う

卵白には肌の治癒を促進し、ストレッチマークの外観の色を薄くする、タンパク質と特定のアミノ酸が含まれています。卵2個分の卵白を泡立て、ペースト状の硬さにするだけです。このペースト状の卵白をストレッチマークに塗って乾かします。ぬるま湯で洗い流してください。週に1回、これを繰り返します。

先もってストレッチマークが現れないようにする方法

ストレッチマークが出ないようにすることは、水分を保ち続け、肌に潤いを保持していることに関係します。ここでは、肌にストレッチマークが付かない状態を維持するためのヒントをいくつか紹介します。

混じりけのない、きれいな水を十分量飲む水分を身体に保持することは、実際、身体に望ましい影響をたくさん与えます。体重が増えたり、筋肉を増強したりする歳に、ストレッチマークが出ないよう皮膚に十分な水分を与えられるよう、保水を欠かさないことがストレッチマークの予防に役立ちます。

毎日、きっちりグラスに8杯の水を飲まなければならない、というのはよくある誤解です。適切な水の摂取量は実際、個々人によって異なります。飲むべき水の適量は、摂取した食べ物、流した汗の量、また、一日を通してどれくらいの量の液体を摂取したか、といった特定の要因によって決まります。

水分が足りないかどうかを知るには、十分な水を飲んでいる状態で、自身の尿で測定しておくのがお勧めします。尿の量、色、匂いなどの特定の要因を考慮しましょう。

数時間排尿していないと気付いた時は、身体内の毒素を洗い流すための十分な水を飲んでいない示しである可能性があります。

ストレッチマークの多い部位にココナッツオイルを塗布する。ココナッツオイルはその用途が数多くあるので有名です。この多目的なオイルは抗菌性と制菌性が有名であり、メーキャップリムーバー、フェイシャルクレンザー、ボディースクラブ、消臭剤、そして石けんの成分としても用いられます。私は個人的に、毎日、ココナッツオイルを色々な方法で使っています。

ココナッツオイルは、肌に潤いを与え、古い外角質層を剥離し、肌に充分な弾力を与える、保湿剤としても機能します。そして、真皮層が破壊されるのを防ぎ、ストレッチマークの出現を防止します。

健康的な食事を摂る健康的な食品で身体に栄養補給をすることによって、ビタミンとミネラルの健康的なバランスを維持することができます。バランスの取れた食事を食べることで、ストレッチマークがの原因となるような体重変動も防ぐことができます。バランスの取れた食事は一定の体重を維持するのに役立ち、通常、腹部と太ももでストレッチマークの形成を引き起こす、肥とりを防止することができます。

アルコールの摂取を控える。可能な限り、アルコールの過剰摂取を控えましょう。アルコールは身体の水分を吸い出してしまうことが分かっており。これが肌がノーマルから乾燥肌にしてしまいます。この乾燥によって、ストレッチマーク形成のリスクが増大します。

ビタミンEを貯えましょう。ビタミンEは、皮膚の健康を維持する働きがあることで有名です。また、ビタミンEは皮膚に存在するコラーゲンを保持し、皮膚の弾力性を維持するこでも知られています。

定期的に運動しましょう。定期的に運動することで、肌にハリを与え、体重を抑制し、急激な体重増加や喪失を防ぎます。

これらは、ストレッチマークの形成を防止する方法のほんの一部です。しかし、ストレッチマークのことでストレスを感じてしまう以前に、人生には、そういう時期があるのは、全くもって正常であることを知っておきましょう。これは、身体が物理的な変化に適応するための唯一の方法なのです。ストレッチマークで体の組成は、変わりませんし、何も恥じることはありません。

それでも、ストレッチマークが極端に形成されるような場合は、体重の増加や喪失に起因している可能性があるため、自身のライフスタイルを再評価する必要がありそうです。自身のストレッチマークに別れを告げられるよう、紹介した自然な解決策を気軽に試してみてください!

前の記事 次の記事

免責条項: 本ウェブサイトのコンテンツは特に断りのない限りすべてDr. マーコーラの意見に基づいています。個別の記事は記載の通りに著作権を保持するそれぞれの執筆者の意見に基づいています。このウェブサイト上の情報は有資格の医療従事者との1対1の関係性を置き換えるものではなく、医師のアドバイスとして想定されるものではありません。Dr. マーコーラおよび彼のコミュニティによる研究と経験からの知識および情報の共有を想定しています。Dr. マーコーラは、あなたがご自分のヘルスケアに関する決定を、有資格の医療従事者とのパートナーシップの中で下すことを推奨します。あなたが妊娠中、投薬中、または内科的疾患がある場合は、このコンテンツに基づいて製品を使用する前にかかりつけの医療従事者に相談してください。