クロレラ

早分かり

前の記事 次の記事

水銀の解毒プロトコル

2017年6月6日 | 2,832 ビュー |


1. ダイエット

すべての砂糖と牛乳を避け、すべての加工食品と大半の穀物、特に小麦を制限しましょう。タンパク質中のイオウ含有アミノ酸がデトックスに高い効果があるので、高タンパク食餌を摂取することが大切です。DMPS水銀解毒の間は、絶食は行わないでください。ベジタリアンの人の場合は、大量のタンパク質を摂取しない限り、DMPSの合併症となる危険が高くなります

グルタチオンと同じくらいたくさんの量のタンパク質を分枝鎖アミノ酸として補足的に使うことができます。DMPSキレート化に先立つ1週間、ドリンク一杯あたり大さじ2杯を1日1回または2回を服用します

カゼインを含有するため、自閉症児はこの製品を使用することができません。自閉症児は純粋な分枝鎖アミノ酸を摂取することができます。1カプセルを食品と混ぜて、1日に2回の摂取で始められます。DMPSキレート化に先立つ週は、1日2回、最大2カプセルを摂取してください。

2. 有益なバクテリア

1日に1回、1/4〜1/2の小さじ一杯分の高効力の高品質な菌を摂取して下さい。解毒のために最適化した腸内フローラを宿らせることが不可欠です。

3. 1日に2~3回の排便を続けてください。

この位の回数の排便がない場合は、甲状腺の状態が正常かどうか確認してください。水銀が甲状腺に影響を与えることは非常によくあります。甲状腺機能が正常であれば、マグネシウムを少量加えてみてください。

長期的にマグネシウムを摂取している場合は、カルシウムも同時に服用してください。そうしないとしばらくしてから、カルシウムとマグネシウムの比率が不均衡になり、深刻な痙攣を引き起こす可能性があります。

挽いた新鮮な亜麻の種子を1日に数回ティースプーンで数杯分摂取しますと、腸の動きを促進し、健康な必須脂肪酸の摂取に貢献します。

4. 結合組織をクロレラまたはプロキトサンで解放してください

体内の水銀の約90%が便を通して排泄されることから、クロレラとプロキトサンは解毒プログラムの重要な位置を占めます。クロレラは藻類であり、プロキトサンとは異なり、タンパク質に高レベルのクロロフィルと滋養に役立つ他の栄養素を含んでいます。

クロレラパウダーは最も費用対効果の高い摂取方法ですが、便利なのでタブレットやカプセルを好む人もいます。粉末を溶解する簡単な方法は、ふたのある容器に途中まで水を入れ、そこに粉末を入れることです。次に、ふたを締めて粉を溶解し、良く振ってから飲用します。

注意約30%の人がクロレラを受け付けません。これは、酵素セルラーゼの最適化された機能に起因している可能性があるためです。クロレラを受け付けない場合、セルラーゼを酵素とともに添加してクロレラの消化を検討することが賢明でしょう。

投与最初、1日に1回、小さじ1/4杯の粉末(1錠500mg)を摂取し、過敏症を起こさないことを確認しましょう。1、2週間かけてゆっくりと小さじ1杯分の量(10錠またはカプセル)を1日1回投与してください。この投与量が需要できれば、水銀との結合に使うことができます。この量をキレート化の2日前から、そしてキレート化の1日後に投与してください。クロレラは腸をしっかりコーティングし、DMPSが腸内に遊離する水銀にスポンジのように結合します。

上記の投与量は体重150ポンド(68キロ)の成人が基準になっています。本プログラムを子供のために使用している場合は、体重に比例して用量を減らします。 (したがって、30ポンド(13.6キロ)の子供は30/150、つまり1/5 (20%)の投与量を考えてください)。

注意気分が悪くなったり、クロレラの味で「吐きそうに」なったりした場合、食物の過敏症が発症しつつあり、クロレラ摂取を続けてもその死症状は悪化する一方ですので、クロレラの摂取を直ちにやめる必要があります。このような場合は、プロキトサンの摂取に切り替える必要があります。プロキトサンも同様に水銀と結合します。適切な投与量は排便の頻度に拠ります。

1日に1回もしくはそれ以下しか排便がない場合は、DMPSの2日前に投与を開始する必要があります。排便が1日に2回以上ある場合は、DMPSの24時間前に投与を開始することができます。DMPS後は24時間おいてください。そうすれば、2~3日のうちに開始することができます。投与量は1日3回、2カプセルずつの量です。便秘になったら十分な水を飲み、マグネシウムの量も増やしてください。

多くの臨床家が水銀の解毒に成功しているクロレラに替わるもう一つの選択肢が、Biotics Researchの「Porphrazyme」です。

5. ニンニクもしくはMSMの摂取を始めましょう

イオウ分の蓄積を増やすため、定期的にニンニクを食べ始めることが賢明です。ニンニクのサプリメントではなく、本物の食品のニンニクを使用してください。1日3粒を摂取して欲しいですが、ニンニクの臭いが社会的なマナーに反する場合は、食べる量を減らしましょう。

また、上述のクロレラのセクションに示したように、子供の場合は体重に比例して大人よりも少ない摂取量を適用して下さい。
MSMは体内から水銀を除去するのに役立つイオウ分の一種です。最初の投与量は1日に2回、1カプセルです。1日2回、3カプセルを投与するようになるま

1日1カプセルずつ増やしてください。もし歯根管があり、慢性的な病気をもっているならば、1日3回、5カプセルずつの投与に増やしても構いません。

6. コリアンダーを食べ始めましょう

コリアンダーは組織からの水銀の移送を助け、DMPSが水銀に付着し、体内から排泄することができます。コリアンダーの最もよい入手形態は、Dragon River (505-583-2348)で入手可能なチンキ剤です。

投与量はDMPS IVに先立つ2週間、スポイトで1滴、手首に塗布する量で、1日2回塗布し擦り込んでください。この投与はDMPSキレーションの前日の午前中に行われますが、その後の2週間は投与を停止することができます。チンキ剤は任意の関節の痛みにも特に有用であり、傷ついている関節の上に代替として擦り込むことができます。

ハーブを使ってチンキ成分を増やすこともできます。それほど強力ではなくとも、プログラムの補足分になるでしょう。しかし、クロレラと同様に、多くの人は口にしたコリアンダーに敏感です。そこで、コリアンダーを食べたあとに吐き気や不快感を催した場合は、もう経口摂取しないで下さい。

7. ミネラルの置換

一般的に健康的なミネラルベースを維持することが重要です。身体は完全な非金属よりも有毒な金属に対して良く機能します。酵素は、触媒としての機能を果たすため、金属を必要とする特定の結合部位を持っています。マグネシウム、ナトリウム、亜鉛、その他のミネラル分が不足していると、身体は有毒な金属をうまく排除することができせん。

セレンと亜鉛は、水銀の解毒において特に重要な微量ミネラルであり、ほとんどの人が使用しなければなりません。

一般に、クエン酸塩の形態のミネラルは、血中リン濃度が低い場合を除いて、非常に効果的に機能します。臨床医が髪の分析や血液検査を実施した結果、銅や鉄などのミネラル投与を推奨しない限り、これらを摂取しないことが重要です。Thorne Researchは、銅または鉄を含まないクエン酸ミネラルであるCitramins IIを擁しています。

塩酸

胃で分泌される塩酸が十分でない場合、ミネラルサプリメントをイオン化して適切に吸収することが非常に困難です。正中線の約1インチの横の一番下にある肋骨に塩酸反射が存在します。肋骨上のこの領域が触診によって圧痛を覚える場合、塩酸が不足しており、その補給で改善する可能性があります。

これは50歳以上の食物アレルギーのある個人に、特に共通しています。塩酸ベタインの1〜6カプセルまたはそれ以上を、一般的には適切な消化補助のため、各食事の最初のひと口と同時に一緒に摂取します。ベタインは、深部触診で反射点の圧痛をいったん断ち切ることができます。

自身のミネラル投与をモニターする

解毒プログラムの実践中にミネラルレベルを監視することは非常に重要です。この監視をプログラムの最初と、少なくとも6~12週ごとに行う必要があります。この作業には、2つのラボのみが推奨できます。Trace ElementsとAnalytical Researchは、分析の前に毛髪サンプルを洗浄しない唯一の2つのラボです。

8. 自閉症患者の消化と胆嚢の支援

肝臓および胆嚢の鬱血は、毒性の状態では重大な問題です。胆嚢の胆汁の流れが機能的であることを保証するために、タウリン酸マグネシウムまたはタウリン、または酪酸を摂取します。(Butryex 559-433-3110)

Butryexの投与量は最初、1/8~1/4カプセルです。徐々に増やし、1日3回、5カプセルを投与します。Butyrexは、冷凍庫に入れておくと嫌な臭いが軽減されます。さらにその粉末をリンゴソース、生ハチミツまたはエルダーベリーの咳止めシロップに混ぜると、服薬し易さくなる場合があります。

脂肪を含む食事を摂取した1時間後に、消化酵素(リパーゼを含む)およびCCK(胆嚢の収縮を刺激する)を使用すると良いです。CCKは夕食(高脂肪食) 後に摂取すると良いです。

  • 年少児1/4タブレット
  • 年長児1/2タブレット
  • 13~19歳1タブレット
  • 成人2~4タブレット

消化機能をサポートするための適切な脂肪を持たない場合、解毒能力が損なわれます。食事には、加工されていない純粋な油脂が十分に含まれていなければなりません。オメガ栄養素、フローラもしくはアローヘッドミル

  • ヒマワリ
  • ベニバナ
  • ゴマ

または自然に存在する食品中の脂肪

  • 種子
  • ナッツ
  • アボカド
  • 放し飼いで育てられた有機鶏肉、卵、または肉類などです。

9. 抗酸化物質

ビタミンCおよびE。1日当たり固有のビタミンE 1カプセルとおよそ250-500mgのビタミンCを各食事と一緒に服用することが賢明です。積極的に運動している場合は、ビタミンCを1000mg、運動の前に15-30分摂取することが望ましいです。2〜4,000 mgの粉末状ビタミンCを半ガロン(約2.3リットル)の水に加えてその日1日かけて飲むことを検討するのも賢明です。

DMPS注射の当日と翌日にビタミンEを2000単位(通常は400単位のカプセルを5つ)で服用することが非常に重要になります。こうすると解毒反応の副作用が大幅に減少します。DMPS注射の直前に1~2gのビタミンCを服用することもできます。

10. 毎月、DMPS注射、座薬または経皮投与を開始する

アマルガム充填が残っている場合は、DMPSを使用すべきではありません。もし、すでにそれらが除去されていれば、毎月注射を開始することができます。採尿は、どれくらいの量の水銀が排泄されているかを分析するために実施されます。注射の前には排尿を完全に済ましておく必要があります。

私の場合は90分で分析するのが一番便利ですが、他の方は4時間または24時間かけて収集します。DMPS注射は、一般におよそ6回、またはレベル数値が一桁に低下するまで、または気分が良くなるまで投与します。

小児の患者の場合

IV型は大部分の子供にとっては適用が外傷的事象となるので大概の総合処方薬剤師から入手可能な直腸坐薬バージョンのDMPSを使用することがおそらく賢明だと思われます。他の選択肢は、DMSOで経皮的な投与を適用することです。これは、ホルモン分泌を多くの自閉症患者に適用している方法と非常によく似ています。

投与量は、体重1kgあたり5mgのDMPSで、一般的には1ヶ月に1回投与されるものです。小児患者からの採尿には、水銀量分析のための尿採取バッグが組み込まれています。

11. DMPSの代替品

DMPSを受け付けない人もいます。特に、中枢神経系に障害がある人、例えば、MSまたはALS患者または脳構造が脆弱な子供の場合に特に当てはまります。このような場合は、いくつかの選択肢があります。PCA(ペプチド包接剤)スプレーを使用することができます。投与量は、毎日または1日おきに舌の下への4回スプレー噴霧する量です。Champion Nutrition Muscle Nitroのようなジペプチドアミノ酸または混合ミネラルサクシネートを使用することができます。

出典および参考資料

前の記事 次の記事

免責条項: 本ウェブサイトのコンテンツは特に断りのない限りすべてDr. マーコーラの意見に基づいています。個別の記事は記載の通りに著作権を保持するそれぞれの執筆者の意見に基づいています。このウェブサイト上の情報は有資格の医療従事者との1対1の関係性を置き換えるものではなく、医師のアドバイスとして想定されるものではありません。Dr. マーコーラおよび彼のコミュニティによる研究と経験からの知識および情報の共有を想定しています。Dr. マーコーラは、あなたがご自分のヘルスケアに関する決定を、有資格の医療従事者とのパートナーシップの中で下すことを推奨します。あなたが妊娠中、投薬中、または内科的疾患がある場合は、このコンテンツに基づいて製品を使用する前にかかりつけの医療従事者に相談してください。