妊娠中の薬

早分かり

  • 調査では、妊娠中にアセトアミノフェンを頻繁に服用すればするほど、子供がADHD関連の問題があると診断される確率が高くなることが分かっています
  • 妊娠中のアセトアミノフェンの使用は、子供がADHDになるリスクが30パーセント高くなることと関連しており、さらに37パーセントADHDの重症型である多動性障害(HKD)の子供となることと関連がありました
  • アセトアミノフェンは、アルコールと一緒に摂取すると腎機能障害にも関連しており、潜在的には、表皮壊死、血液ガン、および予防接種としてワクチンで投与された場合は、抗体反応減退の可能性もあります
前の記事 次の記事

妊娠中のアセトアミノフェン摂取により、子供がADHD(注意欠如多動症)となるリスクが高くなる可能性

2017年5月16日 | 2,716 ビュー |
バージョン:日本語


Dr. Mercolaより

多くの人は、市販薬(OTC)に処方箋が必要でないことから、安全だと考えています。それは、まったくもって真実ではありません。事実、市販薬の多くが、慎重にモニターされた勝手の処方箋薬だったものです。

市販薬は、尚、不良の原因を治癒する手助けや治療そのものなどの手段ではない化学製品で、重症のみならず、死に至るような合併症を引き起こすことさえあります。鎮痛剤や解熱剤としてのアセトアミノフェンは、このような1例です。

大抵の人がよく考えてみることなくこの医薬品を服用することが、おそらく米国にまたがる中毒情報センターへの通報の主な原因が毎年アセトアミノフェンの過剰服用であるゆえんでしょう。毎年、緊急治療室への搬送56,000件以上、入院2,600件ならびに、急性肝不全による死亡推定458件 などもアセトアミノフェンが原因です。

米国食品医薬品局(FDA)は、2009年ようやく、薬剤ラベルに肝障害の警告を追加することにしました。専門家によるパネルで省庁が「必須」であると勧告してからこの処置に至るまでに 32年間 でした...

それから、今年の1月14日に、FDAは、1錠、あるいは1カプセルなどその他の投薬単位につき325ミリグラム(mg)を上回るアセトフェノンを含む配合薬製品の処方および処方箋発行の中止を勧告する 声明を発行しました。

バイコジンやパーコセットなどの特定の鎮静剤の処方にもアセトアミノフェンが含まれているため、その他のアセトアミノフェン含有医薬品と調合してはならないことに留意しておきましょう。

妊娠中のアセトアミノフェン摂取が子供のADHDを促進する可能性

ようやく、ある研究室のチームが、妊娠中のアセトアミノフェンの使用が後に子供の行動障害のリスクを高めるということについて、問題を提起するようになっています。この研究は、機関誌、 JAMA Pediatrics(小児科学)に掲載されており、「[研]究データでは、アセトアミノフェンは、内分泌撹乱物質であり、妊娠中の異常なホルモン暴露は、胎児の脳発達に影響を及ぼす可能性について注目しています。

研究者は、公に決定的な勧告を行うには時期尚早としながらも、「注意喚起」を要することは請け負っています。フォーブス誌による報告では:

「...出生前の使用は、子供の行動障害を起こすリスクを2倍にする可能性があることを研究結果が示唆しているため、妊娠中の女性はこの研究を考慮するか、医師に相談する必要があるかもしれません。」

この調査には、デンマーク国立出生コホートの64,000名以上の母子より得たデータが含まれています。これらの女性の50パーセント超が妊娠中にアセトアミノフェンを服用したと報告しており、これは以下の結果に関連することが分かっています:

  • 寿命の最初の7年間で子供がADHDとなるリスクが30パーセント高くなる
  • ADHDの重症型である多動性障害(HKD)の診断と受けるリスクは37パーセント高くなる

挙動効果が用量依存的となった。妊娠中にアセトアミノフェンを頻繁に服用すればするほど、子孫がADHD関連の問題があると診断される確率が高くなることが分かります。

妊娠中に20週以薬を使った女性の子供は、HKDと診断されるリスクがほぼ2倍であった。この子供達は、ADHD投薬治療の処方対象となる確率も50パーセント高かった。上記の記事によると:

「アセトアミノフェンは、胎盤を通過することができ、胎児、つまり繊細な発達中の神経系統にたどり着きます。この薬剤は、内分泌(ホルモン)攪乱物資であることが分かっており、これまで男児の停留精巣と関連付けられています。

母体ホルモン環境が胎児発達に重要な役割を果たすことから、著者は、母体ホルモンを干渉あるいは、神経細胞死の原因となりうる酸化ストレスの誘導などにより、胎児の脳発達が妨げられる可能性について述べています。」

上昇するADHD

妊娠中には、子供の健康を守るため、出来る限り潜在的神経毒を意識し、また節制する義務があると思います。人間の環境は、多種多様な毒素などに満ちており、自分だけを個々の毒素あるいは1種類から守ることは不可能ですが、自分の身内でなら、高い度合いの管理が 行え ます。

妊娠中に摂取する食品や飲料、そして日常製品、パーソナルケアおよび医薬製品に何を使うかの選択が子供の発達と長年の健康に紛れもない影響を及ぼすことがあります。

ADHDなどの行動障害が過去数十年でうなぎ登りになっていることが、 何か 間違っていると警鐘を鳴らしています。私たちの環境は、あまりに毒が溢れるようになり、子供たちがその化学物質負荷状態のライフスタイルの代償を払うことになっています。

2010年の合衆国政府が実施した調査によると、現在10人に1人のアメリカ人の子供が、注意欠陥多動障害(ADHD)であり、2003年からだと22パーセント増えているそうです。ADHDは、子供が注意を向けたり、衝動行為の制御が困難になったりする病気で、子供の約3分の2がADHDと診断され、薬物治療を受けている子供もいます。このような薬物治療は、次第に子供が中毒に、そしてもっとひどいことになります。ADHD治療薬の潜在的な副作用には次のようなものがあります:

永久的な脳傷害 心臓毒性および 肝機能障害
人格の変化、憂鬱、およびもしくは 幻覚 心臓発作、脳卒中 突然死 や 自殺

Substance Abuse and Mental Health Services Administration (SAMHSA) (薬物乱用および精神衛生管理局)が昨年公開したデータによると、リタリン、ビバンセ、ストラテラ、アデラール(およびそのジェネリック同等医薬品も)などのADHD治療薬は、2011年の緊急治療室搬送のほぼ23,000件に関連していたそうです。これは、わずか6年間でこのような薬物の副作用のために緊急治療室搬送となった件数が 400 パーセント上昇 した数よりも大きいのです!

その他の報告書では、ADHD治療薬濫用が劇的に急上昇していることを示しています。例えば、アイエムエスジャパン株式会社のデータでは、ADHD治療薬処方が2007年から2011年の間に39パーセント増えて、2011年には、なんと48,00,00件の処方箋が発行されています。

全世代が恒久的な損害を被る前に、このような傾向の芽を真剣に摘み取る必要があります。「たとえわずかでも限度を越せば取り返しのつかない事になる」可能性があるかは分からないので、この芽を摘み取るためにも、妊娠している女性をあらゆるそしてすべての毒素暴露から保護するために、大いなる関心を払う 必要が あります。これを心して、アセトアミノフェンのような市販薬も含め、すべての医薬品を出来るだけ回避することをお勧めします。

アセトアミノフェンの使用に関連するその他の弊害

肝障害の他にも、アルコールと摂取した場合に、アセトアミノフェンは、 腎機能障害や、潜在的に表皮壊死反応などの深刻な副作用とも関連しています。スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)、中毒性表皮壊死(TENS)、および急性汎発性発疹性膿疱症(AGEP)。(これらの 表皮壊死反応に関する詳細については、このトピックに関する私の過去の文献 を参照ください。)

FDAは、昨年、アセトフェノン製品ラベルに潜在的皮膚反応があることについての警告表示を加えることにしました。このような副作用のリスクが増す可能性は誰にあるか予測する術がないため、FDAの推奨には留意して、 アセトアミノフェンを摂取した際に勝手皮膚反応の出たことがある場合は、 もうアセトアミノフェンを服用しないことです。

過去数年間で発行された研究にも慢性的な、アセトアミノフェンの従属利用は、 血液のガンとなるリスク増加と関連付けています。「従属」利用の定義は、最低4年間週に最低4回アセトアミノフェンを利用したことで、この量は、知らないうちに多くのアメリカ人が容易に超えてしまうことができます。

ほとんど知られていない2009年から行われている研究では、アセトアミノフェンは、ワクチンと共に投与された場合、効果が弱くなるということを示唆しています。この調査によると、 ワクチンを接種した直後にアセトアミノフェンを投与された幼児は、免疫反応が低くなり、ワクチン予防を行った疾病に対する抗体が著しく減退したそうです。

この調査で使用したワクチンは、肺炎球菌疾患用、ヘモフィルスインフルエンザb菌(Hib)、ジフテリア、破傷風、百日咳、B型ウイルス肝炎、小児麻痺およびロタウイルス用です。(インフルエンザワクチンは含まれません。)しかし、影響は、同様となる可能性大です。)  著者は述べています。

「発熱反応は、著しく減少したにも関わらず、複数の抗原が減少するという抗体反応のため、日常的なワクチン接種時の解熱剤予防投与は、推奨されるべきでありません。」

アセトアミノフェンを使用する必要がある場合は、NACが危険を相殺できるかもしれない

アセトアミノフェン製品が健康に害を及ぼすとすれば、本来は、多少の疼痛や痛みにアセトアミノフェン含有薬を使用することはお勧めしません。薬物治療を行わなくとも、急性や慢性的な痛みに対処する他の方法はたくさんあります。こちらの 鎮痛作用替案は、長いリストですので、こちらの過去の文献を参考にしてください。

ここでは、アセトアミノフェンのような鎮痛剤は、それ自身の作用があると言っています。例えば、術後の痛みあるいはその他の激しい痛みには、アセトアミノフェンは、一時的な使用で済む場合があります。例を挙げると、細胞内酸化防止剤グルタチオンの形成に必要な律速栄養素である、N-アセチルシステイン(NAC)を一緒に取るのがお勧めです。

アセトアミノフェンによって起こる肝障害は、毒素暴露に対し肝臓が反応したことにより分泌される抗酸化化合物質である、グルタチオンを消費するという事実が多いに起因しています。グルタチオンは、フリーラジカルによる損傷から細胞を守る役目もあります。

NACは、アセトアミノフェンが過剰服用された場合の、標準的なケアであり、 1985年には、FDAよりアセトアミノフェン毒性に対する解毒剤として認定されました。アセトアミノフェン毒性による死亡率は、アセトアミノフェン過剰服用の場合NACがすぐに投与されれば、 減少する ことが分かっています。

さて、 栄養サプリメントである—NAC—が医薬品の 解毒剤 として処方されるとは、皮肉な出来事だと認めざるを得ません。これは、従来の医薬品が危害を加えた後の救い主となりうるほんの1例に過ぎません。その他の例として、 コエンザイムQ10ですが、これは、スタチン系の薬剤によって起こる衰弱させる副作用をもっと抑えたい場合は、 欠かせません 。

ダービン上院議員 や製薬業界が、NACやコエンザイムQ10のような救い主的サプリメントが、大規模で膨大な費用のかかる医薬品試験を通過しなければならなかったら、ほんの一次的にも手に入ることがなかった可能性があり、そしてこれらのサプリメントが手に入ったところで、販売価格が疑いもなく高騰したろうということが分かったならば、という追記としてこれを伝えます。

より毒素と無縁の妊娠となるための提案

ありとあらゆる毒素暴露を回避できないかもしれませんが、少なくとも、 取ることのできる 対策は何でも講じて 特に 妊娠前と妊娠中に、自分の毒性負荷を抑えることが重要です。手綱を大きく取る度合いのある側面のひとつは、あらゆるそしてすべての不必要な薬剤やワクチンを回避することです。以下にもいくつか挙げましょう。何を 回避すべきかの終わりのないリストをかき集めるよりも、化学物質への暴露を出来る限り最小にする健康的なライフスタイルへと導くために何をすべきかに専念する方がずっと簡単です。例をあげましょう。

    1. 内分泌かく乱作用のある農薬や肥料 グリホサートのような農薬への曝露を減らすために、可能な限り、有機農産物、路地もの、有機食品を購入して食べることができます。加工食品、あらかじめ包装された食品の類すべてを回避します。こうすれば、自動的に殺虫剤、人口食品添加物、有害な人工甘味料、着色料、MSG、および表示されていない遺伝子組み換え原料を回避することができます。
    2. PCBや水銀でひどく汚染されていることが多い従来からある魚や養殖魚を食べるのではなく、高品質の精製オキアミオイルを補給するか、天然もので純度をラボで検査した魚を食べましょう。野生捕獲したアラスカサーモン は、食するのに非常にお勧めできる少ない魚のひとつです。
    3. 食品の貯蔵は、プラスチック製よりもガラス製の容器にし、ビニール製のラップや缶詰の食品(生産ラインが大抵BPA含有生産ラインと隣り合わせである)の使用を避ける。
    4. 水道水の水質検査を行い、万一汚染物質が見つかった場合は、適切な飲料水フィルターを蛇口(シャワーやお風呂の蛇口にも)に取り付ける。
    5. 自宅では、天然素材の清掃用品を使用します。
    6. シャンプー、練り歯磨き、制汗剤、化粧品などは、自然派ブランドのトイレタリーに切り替えます。環境保護団体は、安全なパーソナルケアを探すことができる 膨大なデータベースを所持しています。私も、最高品質の有機スキンケア製品群、シャンプー、コンディショナー、完全に天然で安全なボディーバター(全身用クリーム)を提供しています。
    7. 人工空気清浄機、乾燥機シート、繊維柔軟剤、その他の合成香料の使用を避けます。芳香イコール「清浄」だという考えはやめましょう。そうではありません。洗濯の洗浄剤は、何の香りも付いている必要はありません。
    8. こびりつかないタイプの鍋やフライパンは、セラミック製またはガラス製の調理器具に買い換えてください。
    9. 自宅を修理する際は、 普通のペンキやビニール床仕上げ材ではなく「グリーン製品」を捜して使用してください。
    10. ビニール製のシャワーカーテンを布製品に交換するか風呂場にガラス製のドアを据え付けます。シャワーカーテンなどの軟質プラスチックのほとんどにフタル酸塩のような有害な塑剤が入っています。
    11. 自宅の周辺に殺虫剤を散布したり、DEETを含む虫よけスプレーを体に吹き付けたりするのはやめましょう。安全で、効果的、かつ 天然の代替品 がすぐそこにあります。

 

前の記事 次の記事

免責条項: 本ウェブサイトのコンテンツは特に断りのない限りすべてDr. マーコーラの意見に基づいています。個別の記事は記載の通りに著作権を保持するそれぞれの執筆者の意見に基づいています。このウェブサイト上の情報は有資格の医療従事者との1対1の関係性を置き換えるものではなく、医師のアドバイスとして想定されるものではありません。Dr. マーコーラおよび彼のコミュニティによる研究と経験からの知識および情報の共有を想定しています。Dr. マーコーラは、あなたがご自分のヘルスケアに関する決定を、有資格の医療従事者とのパートナーシップの中で下すことを推奨します。あなたが妊娠中、投薬中、または内科的疾患がある場合は、このコンテンツに基づいて製品を使用する前にかかりつけの医療従事者に相談してください。