キス

早分かり

  • 愛着行動としてキスをすることは、口から口へあらかじめ咀嚼された料理を交換する、「キスで物を食べさせる」ことから始まったものかもしれません。
  • 情緒的愛着は、母乳養育の間に赤ん坊の母親の初期の顔認識に最初に結び付けられ、食料だけでなく、安全と愛着を現す物でもありました。
  • 赤ちゃん主導の離乳(BLW)は、子どもの肥満抑制、あごの発達、目と手の協調関係および、恐らく将来の愛着関係にもつながります。
  • 赤ちゃんザル、アヒルの子および子犬の初期の臨床実験は、論争の的になっただけでなく、人間がどのように愛着を形成するかについての、不安定さについての分析を提供するものでした。
  • キスは、生殖行動に結びつく性的魅力のほか、尊敬と信頼の感覚を反映すると考えられています。
前の記事 次の記事

キスの効果は?これまでに考えられた以上かも知れません…

2017年5月11日 | 244 ビュー |
バージョン:日本語


Dr. Mercolaより

平均では、ほとんどの人が、生涯に20,160分をキスするために費やします。熱烈なキスは、毎分最大で5カロリー程度を消費します。ギネス世界記録によって2013年2月にタイ記録となった最長のキスは、58時間35分58秒続きました。しかし、これらのフィレマトロジー(キスの科学)についての 疑似的事実は 、 なぜ p人々がキスするか実際に説明していません。

キスは気分がよくなるだけではなく、からだにもいいのです。ストレスを取り除き、エピネフリンを血液へ放出します。これは、LDL コレステロールの抑制につながります。しかし、今日の文化の中で「唾液を交換する」ことは最もしばしば性的魅力を示しますが、より多くの意義があるのでます:

''口の内部の粘膜は、 ホルモン具体的には テストステロンのような物質に対して浸透性があります。口を開けたキスによって、男性は女性の口へテストステロンを浸透させます」これは「粘液の膜によって吸収され、…および覚醒を増加させ、女性が生殖行動に従事する可能性を高めます。」

文化によっては、交合儀式にキスが含まれていないため、最初のキスはカップルでよりも、母子間の行動であったことも考えられます。

心理学者は、キスで食事を与えること – 食物を事前咀嚼し1つの口からもう1つまで交換すること  – は、赤ちゃんが母乳に加えて、または卒乳後に成長するために必要な栄養分を受けた方法であったと推察しています。これは消化プロセスを円滑に開始し、B-12のようなビタミンがより簡単に吸収されるようになります。

女優のアリシア・シルバーストーンのブログでは、最近のベアと愛称で呼ばれた彼女の子どもに口移しでものを食べさせるビデオを含んでいました。接触の意味が子どもを扶養することという手掛かりを提示するものです。

「私は、ちょうど亜麻油をたらし、コラードとラディッシュを入れたおいしい味噌汁と、鋳鉄で焼いた海苔持ちとすりつぶし大根の朝食を食べました。おいしい!私はベアにもち、スープの野菜を口移しで与えました。それはベアと私ののお気に入りです...

ベアは、私が何か食べていれば、室内を横切って這い、文字通りに私の口を攻撃しにきます。」  

ハグ、母乳で育てること、および自然な離乳食は、どのように赤ん坊の情緒的な健康に関係するか

母乳養育および(または)キスによる母親と子どもの間のハグ、視覚的愛着と情緒的な絆が、子どもが後で料理に対する健全な姿勢を確立するのを助けると主張する考えがあります。 赤ちゃん主導の離乳(BLW)は、処理されたベビーフードおよびスプーン給餌ではなく、あらかじめ咀嚼できる通常の自然な食品を含んでいる)は、次のように言われています:

  • 食事時間の楽しみを増強する
  • 子どもの肥満の危険を減らすのを支援する
  • 自然なあご発達を促進する
  • 目と手調整および機敏姓を改善する

しかし、さらに、それは子どもが将来の関係に対する、確信および安心感を開発するのを助けると言われています。もちろん、母乳で育てた後に、あなたが赤ん坊に与えるものは重要です。母乳で育てることから徐々に普通の食材を導入することは人間が適応した行動です。

人類学の研究者Kevin Boyd博士,によれば 子供のの歯科衛生 状態は食事中の炭水化物および砂糖がないかどうかに大きく左右されます。

興味深いことに、4か月以内の赤ん坊は、8~10インチ以内のオブジェクトに注目することができます。これは授乳中の乳児と母親の額面の間の距離と同じであり、顔認識が、物理的だけでなく、情緒的な絆の始まりであるその示唆するものです。

パレイドリアという現象は、花および雲の形態の中に顔面を見ることであり、情緒的愛着の探索が、人類の最も根本的な本能のうちの1つである可能性を強化するものかもしれません。

科学的な動物試験では、赤ちゃんザルがもう一人の「母親」にどのように愛着を示すか明らかにしています

1950年代に、ハリー・ハーロー博士は、ウィスコンシン大学で今日なら残酷であると確かに考えられるある実験を行ないました。ハーロー博士は誕生の後すぐに母親から若い猿を分け、2匹の「偽の」母親のケージに入れました。

1つは柔らかい布で作られていた固定した人形でした。二つ目は、機械「母親」で、冷たく硬いワイヤーで作られ、にもかかわらず食料を持っていました。その後、赤ちゃんザルは怖く恐ろしい奇妙な機械に直面しました。しかし、赤ちゃんザルは常に機械の持つ食料ではなく、柔らかい人形の母親に急ぎました。快適さがより重要だったことを示しています。

ハーローはさらに、赤ちゃんザルを遠方に押すために気圧調節した空気の突風を使用した拒絶する「母親」を作成しました。しかし、赤ちゃんザルはこれらの母親によりしっかりとはりつきました。科学者は、「拒絶」が実際に赤ちゃんザルの決定を強くし、本質的に愛着をもたらすと言いました。1960年代に、シカゴ大学のエクハード・ヘス 博士によって行なわれた同様の実験では、アヒルの子が、印刷した図に愛着を持たないようにするるための感電を含んでいました。しかし、これは単にアヒルの子の振る舞いを強化し、それらをさらに図に接近させました。

1955年のA.E.フィッシャーによる実験では子犬を3つのグループに分割しました。1番目は親切に扱われました。一方、第2のグループは手ひどく扱われ研究者に接近した場合は常に罰が与えられました。3番目のグループは、罰と親切を混ぜて経験させました。したがって、3番目のグループは、何を予期するべきか知りませんでしたしかし3番目のグループの子犬は、研究者への最も強い愛着を形成しました。ガイ・マーチー dはこれに 極性委託者とあだ名をつけました。それは、不安定なストレスが愛着、愛および依存に影響する最も強い要因のうちの1つであると言うことでした。

愛着の逆説的な性質…快適ではないものはあなたをより強くするかもしれません

これらの臨床実験は逆説を導入します。それは人間の心理への価値のある教訓になりえます。赤ちゃんザル、アヒルの子および子犬のように、不安定さは愛着および最も根深い行動に影響する場合があります。これは誰とどのようにキスするかを含んでいます。

しかし、最初の愛着が「不確実だった」時、完全に不在ではなく、あるいは後で愛着あるいは関係が、あなたを無視された、または放棄されたと感じさせる時、どのようなことが起こるでしょうか?これは、  感情解放テクニック(EFT)が役立つものです。感情の擦り傷を除き、落ち込みにつながる記憶の感情的な影響を減らして、 感情的なストレスに対するあなたの身体の応答を際プログラミングします。.

適切な睡眠を取り、定期的に運動し、よく食べることに加え、EFTは、一生で20,160分間のキスすることを費やしても費やさなくても、あなたの心/身体のバランスと、あなたのエネルギーのバランスを回復することを支援することができます。

前の記事 次の記事

免責条項: 本ウェブサイトのコンテンツは特に断りのない限りすべてDr. マーコーラの意見に基づいています。個別の記事は記載の通りに著作権を保持するそれぞれの執筆者の意見に基づいています。このウェブサイト上の情報は有資格の医療従事者との1対1の関係性を置き換えるものではなく、医師のアドバイスとして想定されるものではありません。Dr. マーコーラおよび彼のコミュニティによる研究と経験からの知識および情報の共有を想定しています。Dr. マーコーラは、あなたがご自分のヘルスケアに関する決定を、有資格の医療従事者とのパートナーシップの中で下すことを推奨します。あなたが妊娠中、投薬中、または内科的疾患がある場合は、このコンテンツに基づいて製品を使用する前にかかりつけの医療従事者に相談してください。