美容院卒中症候群

早分かり

  • 美容院卒中症候群として知られる、頚部の過伸展が原因の椎骨動脈解離が、美容院で髪を洗った後に生じるおそれがあります。
  • 頚部がシャンプー・ボウルの端の上で過伸展された場合、圧力および(または)頚部上のむち打ちのような運動が、脳に血液を供給する椎骨動脈の裂傷に結びつく場合があります。
  • くしゃみ、咳、嘔吐、天井のペンキ塗り、ヨガを含む他の多くの通常のアクティビティでもこの疾患を引き起こす場合があります。
前の記事 次の記事

美容院卒中症候群

2017年5月9日 | 2,832 ビュー |


Dr. Mercolaより

2013年には、エリザベス・ウィリアムズ(2人の子どもを持つカリフォルニアの母親)が、ごく普通の行動を取りました:ヘアカットおよび洗髪のため美容院を訪れたのです。数日後に、彼女は、左側の麻痺を含む発作を示す奇妙な症状を経験し始めました。

医師は、美容院卒中症候群として知られる頚部の過伸展からの椎骨動脈乖離と呼ばれる比較的珍しい疾患だと彼女を分析しました。

もっぱら頚部の、あるいはスタイリストによって引き起こされたある主要部の移動や揺さぶりで、どのような条件があったかは不明瞭ですが、シャンプー・ボウル上で頚部を拡張する行為が原因と考えられました。

スミス氏(この人はその語美容院に対する訴訟を起こした)は、友達のスタイリストに非公式調査を行い、80パーセントが洗髪時の発作の可能性を知っていることを明らかにしました。

何が美容院卒中症候群を引き起こすのでしょうか?

頚部がシャンプー・ボウルの端の上で過伸展された場合、圧力および(または)頚部上のむち打ちのような運動が、脳に血液を供給する椎骨動脈の裂傷に結びつく場合があります。Steven R.Zeiler博士(ジョンズ・ホプキンズ大の発作研究部長)は、BuzzFeedに語りました:

「頚部の動脈のうちの1つがある種の方法で被害を受けた場合、乖離(異常な血流に結びつき、凝結し、血管内部のダメージを引き起こす)と呼ばれる疾患がひきおこされます。次に、その固まりは脳へ流れt、発作を引き起こす場合があります。」

非常にまれですが、危険は髪を洗うことだけではありません。すべてが潜在的な原因と考慮されます。

The Atlanticとの非公式の聞き取りでは、リチャード・バーンスタイン博士(シカゴ北西記念病院の総合発作センター医長)は、無害のストレッチング、くしゃみ、ベッドから起き上がることにより生じるおそれもあることを説明しました、「非常にまれなので、それについて心配することは時間の浪費です。非常に確率が低く、それを防ぐためにできることは何も実際にありません。」

美容院卒中症候群の他の確認された症例

美容院卒中症候群は医学文献において前例がないわけではありません。また、一部の研究ではさらに、非常に確率が低いことも疑われています。

International Journal of Stroke(国際発作ジャーナル)では、例えば、2016年の研究で、美容院関連の虚血脳血管性背一環(HICE)が「後方循環系に兆候のない女性に頻繁に生じる」ことが分かりました。

研究者は、一部の疾患は偶然生じたものかもしれないものの、他の事件では、美容院が原因かもしれないと述べました。

2006年のケーススタディは、さらに突然のめまい(美容院で髪を洗う間の悪心嘔吐)を起こした、63歳の女性に事件を関連づけます。彼女は美容院卒中症候群と診察されました。研究者はこう述べます:

「洗髪器の中で頭を後ろに掛ける場合の過伸展が、後方循環乏血の危険因子と見なすことができます。それは恐らく観が考えられているより頻繁に生じます...

ポイント事例: 2016年12月に、英国で髪を洗った2日後に発作に苦しみ、美容院から100,000ドルを超える和解金が支払われました。デイリーメールは、さらに美容院で髪を洗った後に2000年に発作を起こした英国の女性を報告しました。

頚部支援は洗髪中のめまいおよび他の症状を緩和

別の研究で、2002年に公開されたものでは、以前美容院でのシャンプーの間にめまいを報告したことがある、25名のボランティアの美容院卒中症候群の症状を調査しました。

この中で、大きなめまい、頸痛および頚動脈の血流は美容院の流しので頚部を拡張する間に起こりました。しかし、頚部の支えを足した時、症状は著しく縮小されました。

「美容院の流しでシャンプーをするべきかどうか決定する場合、既往歴のある人は恐らく注意するべきです」と研究者が結論を下しました。

しかし、2000年の別の研究では美容院でのシャンプーの間に過伸展させられた頚部ポジションが小脳血管不全につながり、「公教育では理容院・美容院でシャンプーケアではこのポジションの回避する」ように勧めました。

美容院でのシャンプーの間の危険は一般に小さいとされますが、以前に洗髪でめまいあるいは他の症状を経験していれば、危険を考え、代わりに家で髪を洗うとよいかもしれません。

少なくとも、頚部を支え、かつ過伸展を縮小するために厚いタオルの層を追加することが有効なことが示唆されました。

ネイルケアには危険がありますか?

特にネイルケアを計画しているなら、洗髪伊賀にも美容院での潜在的リスクがあります。美容院のネイルサービスは、米国では一大事業で、2014年の支出の中で総計85億4000万ドルまでになります。

ネイルケア製品 (また他の美容製品)の揮発性の薬剤は、特に美容院労働者にはリスクの1です; しかしながら、ネイルケア自体も爪にダメージまたは感染をもたらす場合があります。

臨床・審美皮膚科ジャーナルの中で、研究者は、爪を美化する手順によってネイル化粧品によって引き起こされる爪障害を識別しました。目的に反して、ネイルケアで爪外観を損ない他の危険に結びつくかもしれません。

「伝統的なマニキュアの既知の危険は、感染(バクテリア、菌、ミコバクテリウム、ヒト乳頭腫ウイルスと単純疱疹ウイルスなどのウイルス)を含んでいます。

はさみ、刃、摩耗性のやすり、電気ドリルおよび足洗いのような器具の殺菌が不適切だと、微生物の増殖を引き起こすかもしれません。

マイクロおよびマクロ外傷が表皮のクリーニング、やすりがけおよびトリミングによって引き起こされ、それにより、微生物が感染するかもしれません。

マニキュア液と爪のエンハンサーのような薬剤は、爪周囲の皮膚につくと、接触感作物質となるような化学製品を含んでいます。

アクリル酸塩、ホルムアルデヒドおよびトルエン・スルホンアミド・ホルムアルデヒド樹脂を含む化学製品は、接触皮膚炎および慢性の爪甲周囲炎 [爪郭の炎症性の障害]に結びつくおそれがあります。プライマーおよびマニキュア除去液(大部分は溶剤です)は爪を換装させ、脆性にしてしまいます。」

一般的ではなくてもネイルサロンによって引き起こされるおそれがある、障害は次のものを含んでいます:

  • マイコバクテリア感染(適切に殺菌されない、定期フィルタ交換を行わないペディキュア足洗い器具が特に危険です)。
  • 末梢神経障害 稀ですが、人工爪製品で時々使用され、アクリルネイルの併発症である一種の神経損傷です。
  • 爪が薄くなる、弱くなる、脆くなる、偽性爪甲白斑(白斑)および爪甲層状分裂(爪甲縦裂)ジェル光沢除去により生じることがあります。
  • 爪のすり減り、あるいは爪やすりの入れ過ぎ アクリル爪を助教する差異に生じる機械的外傷によります。
  • 爪外傷による甲剥離症(ベッドからの爪板の分離)は、アクリル爪において非常に一般的です。

これはクリーニングのために爪の下に薄いとがった物体を挿入することにより引き起こされます。研究によって、「これらの患者は通常非常に長い爪を着用しており、爪板へのアクリルの爪の付着は、爪床への爪板の付着より強いためです。」とわれています。

ほかに頚部の過伸展から椎骨動脈乖離を引き起こすものはありますか?

以前言及しているように、髪を洗うことは要因のうちの1つです。ロサンゼルスのシーダーズ・サイナイ神経学的な研究所のWouter I.Schievink博士は、毎年、頚部の過伸展からの自発的な椎骨動脈乖離を100,000人当たり1~1.5人が発症し、若年・中年の成人の4分の1程度の非出血発作の原因するかもしれないことを示唆しました。

美容院で髪を洗うことに加えて、可能性として他の原因は脊柱指圧療法、重いものを持ち上げること、アルコール(ニューヨークタイムズによって「ボトム・アップ乖離」として知られている)を飲むことを含んでいます。

脊柱指圧療法手技の場合には、動脈乖離の4分の1程度に疼痛と関連づけられた、根本的な障害や欠損症があったと考えられ、その治療で脊柱指圧療法を行ったと考えられることに注意が必要です。タイムズは継続けました:

「水泳選手チャンピオンは、あまりにも多くの背泳を行ったため頚動脈乖離が起こりました。Schievink博士は、さらに「ヨガ、天井のペンキ塗り、くしゃみを、咳、嘔吐をすること。」と同様に、麻酔のような医療手技、あるいは蘇生法、また車両事故またはスポーツ損傷のような外傷を含み、頚部の過伸展に関係するものが原因となるとしています。

…一部の例では伝染性要因でもあると考えられます。頚動脈乖離および椎骨動脈乖離の発生で、原因不明の物の発生は秋にピークを起こします。空きは呼吸器感染症が最も多い時期です」

韓国の Korean Neurosurgical Society,(神経外科社会ジャーナル)の中で、頚部の過伸展あるいは循環に関連した多くの疾患が動脈乖離に帰着するかもしれないことあg示唆されます。「このような頚部の動きは、特にそれらが突然起こる場合、機械的ストレッチングの結果動脈を損傷するかもしれません。」と研究者は注意を促しました。動脈乖離の症状がどこの動脈で発生するかに応じ下記を含めた症状が起こります:

頭、顔面あるいは頚部片側面の疼痛 片目の麻痺
頭の片側面の一定の頭痛 目の後ろの疼痛
味覚の阻害 耳鳴
視力喪失 意識の一時的損失

美容院で洗髪しないようにするべきですか?

動脈乖離は多くの潜在的な原因があります。したがって、特に危険なサロンでの洗髪をあえて選ぶべきではありません。頚部を過剰拡張したり長期間の間上向けることを要求する姿勢は、十分注意が必要です。十分に気をつけ、こうした姿勢を避け、不快あるいはめまいを経験し症状が続く場合、診療を受けてください。

心配な場合は、美容師に話して、洗髪にネックサポートを足してもらうよう求めてください。理想的には、頚部を過伸展させることがないように、椅子とネックサポートが調整できるようにしてください。さらに、プロセスを完全に断念し、家で洗髪することもよいでしょう。美容院卒中症候群は、比較的少数とは言え消えない危険です。

前の記事 次の記事

免責条項: 本ウェブサイトのコンテンツは特に断りのない限りすべてDr. マーコーラの意見に基づいています。個別の記事は記載の通りに著作権を保持するそれぞれの執筆者の意見に基づいています。このウェブサイト上の情報は有資格の医療従事者との1対1の関係性を置き換えるものではなく、医師のアドバイスとして想定されるものではありません。Dr. マーコーラおよび彼のコミュニティによる研究と経験からの知識および情報の共有を想定しています。Dr. マーコーラは、あなたがご自分のヘルスケアに関する決定を、有資格の医療従事者とのパートナーシップの中で下すことを推奨します。あなたが妊娠中、投薬中、または内科的疾患がある場合は、このコンテンツに基づいて製品を使用する前にかかりつけの医療従事者に相談してください。