エディブルフラワー(食用花)

早分かり

  • 数多くの料理で、花が風味付けおよび視覚効果のために活用されています。
  • キク、ナデシコおよびビオラのような多くの花が酸化防止剤、フェノール類、フラボノイド、無機質その他栄養素を含んでいます。
  • 一部の花は毒性があったり、有害な薬品が吹きかけられていることもあります。したがって、食材として使用する前に、花について正確に知ることは重要です。
前の記事 次の記事

食用花弁 - 見た目にも美しく、食べても美味しいエディブルフラワー

2017年5月8日 | 827 ビュー |
バージョン:日本語


Dr. Mercolaより

生活圏におびただしい数の色とコントラストパターンおよび香りをもたらす
花にはガーデニングで特別な地位があります。しかし、いくつかの種類の花は、視覚的に美しいと同時に、調理用としても価値を持っています。

スープ、カセロール、サラダ、焼き肉、デザート、ゼリーおよび清涼飲料はすべて、花を少し加えることでさらにおいしくすることができます。

エディブル・フラワー(食用花)は、エゾアサツキおよびカラシの花など既によく知られたものから、純粋に鑑賞用とされてきた外国産の花まで数多くの種類があります。

花弁の白い根元はは苦いこともあり、常に取り除くことが勧められます。しかし、スミレ、スイカズラ、バイオレットおよびクローバーは全体を食べることができます。レタスのような味がするグラジオラスの花は、サラダに使えます。ハイビスカスはサラダによくあい、乾すことでお茶としても、柑橘類ようなクランベリーエッセンスを思い出させます。

チューリップ、バラおよびダリアは、 ハチがハチミツ作りに使用することに加えて、古代ローマ、中東・中国でもつかわれ、過去100年にわたって断続的にキッチンで注目されてきました。

バラは伝統的に鑑賞花として知られていますが、ローマ人はしばしば果物と野菜と一緒に、バラをクリーミーなピューレに使用していました。マリゴールド(トウキンセンカ)はヨモギギクとも呼ばれ、甘いオムレツおよびチーズサラダの中で使用されました。

キバナノクリンザクラのラベンダー色は、ルネッサンス時代のヨーロッパで人気でした。シャクヤクは14世紀に王の特別な料理に使われていました。また、カーネーション花弁は、17世紀にカルトゥジオというフランスのリキュールの秘密の材料でした。美食家は次のように言っています:

「ヴィクトリア女王の治世中には、プリムローズ・デイと呼ばれる日がありました。空想的なフェアリーカップのレシピは、フィンガーケーキでは1ペックの花[3] 1パイントのクリーム、16個の卵および小さなバラ水を使いバターで焼いて、砂糖を塗っていました。」

料理での花の用途

マリゴールド cはサフランを思い出させる味で(貧しい人のサフラン)、スパイシーに、あるいは苦み、辛みを加えます。

 

花弁は唯一の食用部分で、黄色からオレンジ色をしており、スープ、サラダ、薬草バター、その他で使用することができます。

クローバー (シャジクソウ)は、甘い、アニスのような味で、常に褐色になっていない新鮮な花のみを味わいます。
民間伝承では、クローバー花紅茶が爪の増殖、痛風および リウマチを改善するとされていました。

 

アメリカ先住民は風邪と咳に全草をサラダと紅茶で使用しました。

パンジー 花弁はわずかに甘く草の風味で、全花がフルーツサラダ、デザート、スープおよびサラダtに使われ、ヒメコウジのような味です。 ハナダイコン (葉のルッコラではない)には白い花およびラベンダーと紫の花があります。

 

フロックスに似て、雑草とされるほどたくましく成長します
芥子菜の仲間で、ラディッシュ、キャベツおよびブロッコリとあわせて使われ、多少苦みがありサラダのアクセントになります。

黒人参には、種類としてニンジンに似た風味があります。
頂に小さく白い平面花をを持つクラスタがあり、スープに使われます。
注意: 茎には毛がはえていますが、茎に毛が生えていない同様の植物は、ドクニンジン(米国で最多の有毒植物のうちの1つ)として知られています。
ベゴニア の葉、花および結節状の茎は酸味があり風味付けになります。
茎はさらにダイオウの代わりとなります。
シュウ酸を含むため、痛風、炎症性疾患あるいは腎臓石の方には推奨できません。
キスゲ は、少し甘味があり、甘いレタスあるいはメロンおよび アスパラガス またはズッキーニの間のような風味を持っています。
デザート、あるいはスプリングサラダの飾りとして使われます。
その芽はアスパラガスの代用として使用することができます。注意: キスゲは緩下作用があります。
スイカズラ 花は甘いハチミツのような風味があり、さまざまな料理で使われますが、葉は有毒なため食べてはきえません!
ヤグルマギクは甘く、チョウジのような風味の鮮やかな青い花です。
通常食用色素としても飾りとしても使用されます。
キク は白、黄色、オレンジ、そして赤味がかった色で、 カリフラワーのようにかすかにスパイシーな風味があります。

 

熱湯で数秒ゆがいた後で、サラダ、炒め物、あるいは食酢漬けに使います。

カーネーション(ナデシコ)は驚くほど甘く、デザートあるいは香り付けに使われます。

 

風味はかチョウジを思い出させます。

 

フラワーパワーの栄養価に関する研究

エディブル・フラワーの成分および栄養的価値に関する新情報は、これらの積極的な消費を促すモノです。

ある研究では12種類の花をテストし、抗酸化物質、ポリフェノールおよびフラボノイドが含まれることがわかりました。またキク、ナデシコおよびビオラには高量のカリウムとミネラルも含まれます。

ポルトガルのブラガンサポリテクニック研究所の研究では、花を栄養面から検証しました。実験では、科学界で既にカロテノイドを含む名高いバラ、セントーレア、キンセンカ(キンセンカの乾燥花)およびダリア浸剤および花弁を使用しました。

マリゴールドは、リノレン酸および αトコフェロール(ビタミンE)のような、高濃度の多価不飽和脂肪を含んでいました。バラの花弁は蛋白および有機酸を最も多く含んでいました。またセントーレアは1年草、2年草、多年草の約450の亜種があり、最も飽和脂肪が低いものでました。

国立ガーデニング協会によれば、バラ(特にばらの実)はキンセンカ、キンレンカと同様にビタミンCが豊富です。タンポポの花 はビタミンCおよびAの両方を含んでいます。

野菜として知られている花

アーティチョーク、ブロッコリおよびカリフラワーは実際に花です。アーティチョークは、緑の花弁のように見える、サラダおよびスープに人気です。プリムローズ(キバナノクリンザクラ)は野菜と同じように料理に使うことができ、花芽はピクルスになります。

ブロッコリ とカリフラワーの小花には硬くグループ化された芽房があり、両方とも加熱でも生でも食べられます。庭でより長く成長させれば、芽房はサラダにぴったりの、わずかにスパイシーな風味の小文字花になります。

ズッキーニの端では、つぶれた鮮黄色の花が成長します。キバナスズシロは、ロケットと呼ばれ、多くの葉を持ち、小さな白い花を咲かせ、サラダ、あるいはサンドイッチに加えます。

概して言えば、ほとんどの野菜および薬草の花は食べることができるものです。ただしナス、コショウ、トマト、じゃがいもおよびアスパラガスの花は身体に毒があり、食べられません。使う前に十分調べることが必要です。

サフランは高価な香辛料De,クロッカスの花の雄しべです。地中海・アジアの在来植物の開かない花で、Capparis spinosaおよびCapparis inermisと呼ばれています。つぼみを塩漬けにし、タルタルソースあるいは他のスパイスと漬けた、ケーパーとして知られる料理が人気です。

サラダのラディッシュ花および芽はラディッシュの根のような味がします。花を押しつぶすと、野菜の風味になり、シシトウガラシのように中身を詰めることができます。

警告: すべての花が食用だとは限りません

花はおいしく、栄養もあります。しかしいくつかの種類は頭痛、発疹、吐き気、あるいはより深刻な症状を引き起こす場合があり、十分な注意が必要です。

  • スズラン - Comvallaria majalisの学名を持った花で、その純粋な白く鐘形の花および赤いベリーで世界中で知られています。しかし万一口に入れると嘔吐と胃痙攣を引き起こすおそれがあります。
  • ヨウシュトリカブト — 学名Aconitum(悪魔のヘルメットおよびブルーロケット)の、ヨウシュトリカブトは西ヨーロッパに自制し、わくわくするような紫の花は、世界で最も有毒の花のうちの1つで、注意が必要です。この植物について1つの記事は説明します:

    「毒物であるプソイドアコニチンを9大量に含むヨウシュトリカブトを摂取すればほとんど即死します。単に素手で植物に触れるだけでも無感覚、心臓血管の低血圧および窒息を引き起こす場合があります。」

  • マルバフジバカマ  -北アメリカに自制する、マルバフジバカマと呼ばれる雪のように白い植物はトレメトールを含んでいます。これは非常に有毒なので、植物を食べた雌牛からのミルクを飲むだけで死亡します。トリビア: この植物による「牛乳病」は、アブラハム・リンカーンの母の死を引き起こしたことが疑われています。
  • ジギタリス -高く細い茎と美しくおびただしい数のベル状の花が咲くジギタリスは、伝統的ガーデニングでよく使われますが、食べると振せん、不整脈、吐き気、ひきつけおよびせん妄のような広範囲の症状を引き起こします。植物全体(根、花、さらに種)は非常に有毒であり、致命的になりえます。
  • イヌサフラン  - もとは英国産で、美しくよく知られている丈の低い花は、コルヒチンと呼ばれる有毒化学薬品を含んでいます。これは、口および咽喉の灼熱感、下痢および最悪のシナリオでは 心臓発作腎不全および死など引き起こします。

料理に花を使用するためのこつ

印象的な料理を作るなら花は豪華で上品さを加えてくれます。しかし、いくつかのヒントを知っておいてください。

  • 料理はシンプルなものにしてください。花が過多だと、料理の風味を消し、彩りも過剰になります。さらに、一部の花は、消化に問題を引き起こすおそれもあります。料理では花を控え目に使用することがよいもう一つの理由です。 
  •  化学製品が散布されている可能性があるため、道ばたの花は使用しないでください。
  • 種類がしっかりとわかる花のみを使用してください。あてずっぽうはよい行動ではありません。危険を回避することが最重要です。
  • 昆虫を除くために調理の準備として花をよく振ってください。細いフィラメントの一番上で、粉状に見え、花粉を作るヤク部分は、アレルギーを引き起こすおそれがあるため、雄しべは取り除きます。次に、ボウル1杯の水でよく洗い、水切りをしてから、ペーパータオルの上に置きます。

それらの風味と芳香を保持するために早めに乾かします(ただし直射日光または熱にさらさないでください)。少ししおれている場合は、数分間氷水に浮かべるか、あるいは花全体を冷蔵庫に夜通し入れて置いてください。

バラの花紅茶、花氷および花バターレシピ

-ローズペタルティー(バラの花紅茶)

  • 約15個の大きなバラからとった2カップの香りのよいバラ花弁
  • 3カップの蒸留水
  • 各カップに小さじ1のハチミツあるいはステビア

バラに殺虫剤がかけられていないことを確かめてください。花屋、園芸用品センターあるいは育児室にあるバラは殺虫剤にさらされていると考えてください。花弁から苦い味のする白い根元を切り取ってください。徹底的にすすいで、乾燥させてから、軽く叩いてください。中火から強火で水を入れた小さな手鍋にバラ花弁を入れてください。5分間あるいは花弁がより暗い色になるまで静かに沸騰させます。花弁を取り除いてから、ティーカップ4つに鍋の水を入れ、ハチミツかステビアを加えてください。

花氷

優しく花をすすいでください。空気をすべて逃がすために2分間水を沸騰させてください。水晶のように透明になるよう、室温まで冷やします。個々の製氷皿の底にそれぞれ小さな花を入れ、半分まで水を入れて凍らせます。トレー中の水が固く凍ったら、残りの半分にも水を入れもう一度凍結させてください。

-花バター

  • ½ から1カップの洗って乾かせた花弁
  • 1ポンドの無塩バター、室温

花弁を切って、中型のボウルでバターと混合してください。香りがなじむよう、カバーをかけ、室温で一晩おいてください。数週あるいは数か月間の凍らせてください。

前の記事 次の記事

免責条項: 本ウェブサイトのコンテンツは特に断りのない限りすべてDr. マーコーラの意見に基づいています。個別の記事は記載の通りに著作権を保持するそれぞれの執筆者の意見に基づいています。このウェブサイト上の情報は有資格の医療従事者との1対1の関係性を置き換えるものではなく、医師のアドバイスとして想定されるものではありません。Dr. マーコーラおよび彼のコミュニティによる研究と経験からの知識および情報の共有を想定しています。Dr. マーコーラは、あなたがご自分のヘルスケアに関する決定を、有資格の医療従事者とのパートナーシップの中で下すことを推奨します。あなたが妊娠中、投薬中、または内科的疾患がある場合は、このコンテンツに基づいて製品を使用する前にかかりつけの医療従事者に相談してください。