ヌテラの材料

早分かり

  • ヌテラは、チョコレート風味ヘーゼルナッツ・スプレッドとして販売されていますが、いずれも既知の発癌性がある、砂糖と精製されたパーム油を多量に含んでいます。
  • 幸い、こうした毒性の少ない健康的な食材を使用して、ご家庭でも類似の製品を作れます。
前の記事 次の記事

ヌテラ(ヘーゼルナッツとチョコのペースト)の秘密を暴く

2017年3月28日 | 12,180 ビュー |


Mercola博士から

ヌテラ(ヘーゼルナッツとチョコのペースト)トーストを食べたことがなければ、広告主があなたに信じさせようとする誘惑とは無縁かも知れません。ヌテラはチョコレート風味ヘーゼルナッツ・スプレッドとして販売され、パンケーキやトースト、ワンタンなどに使われます。

健康的な朝食 として広告されたイメージのおかげで、ヨーロッパと米国の両方で熱狂的な支持者がいますが、ヌテラの健康効果は誇大広告でしかありません。
原材料リストは単純で5つのアイテムを含んでいます。うち最も多いものは砂糖です。ヌテラは50周年を迎え、チョコレートのニッチ市場で広まったように見えます。

ヌテラ(ヘーゼルナッツとチョコのペースト)の驚くべき成分

消費者は中毒に近く、その味を好むように見えますが、成分には驚くでしょう。ヌテラの短い広告では、毎朝お子さんに朝食を食べさせるためにはチョコレートの誘惑が必要として伝えられます。

しかし、店へ急ぐ前に、その瓶の内側にあるものを少し見てみててください。広告では微量のヘーゼルナッツおよびココアについては言及しますが、精製されたパーム油および砂糖が大量に含まれる点には言及することを怠っています。あるラベルでは、1食分15グラムのうち、実に8.5グラムが砂糖でした。

それは、半分以上が砂糖からできていることを意味します。ヌテラを使う場合、あなたは恐らく重量を量っていません。また、小さじサイズの表示はありません。

これは問題ないように思えますが、砂糖の多用はバランスの取れた食事ではありません。実際、砂糖を食べることで、あなたの脳の中にオピオイド分泌を引き起こし、何人かの人にはコカインと同じくらい習慣性があります。

ニュースとなる第2の成分は、パーム油です、。マレーシアとインドネシアの森林から主に収穫され、こうした国々では森林破壊を引き起こし、また環境と生存をヤシの木に依存する動物に著しく否定の影響を及ぼします。

製造元のフェレーロ社は森林破壊に寄与しておらず、パーム油の持続可能な製造のための広い努力の一部として、持続可能なパーム油を必ず使用するとると主張しました。しかしながら、持続可能性だけがヌテラで使用されるパーム油が持つ問題ではありません。

精製されたパーム油の健康への悪影響

アメリカ食品薬品局とヨーロッパの食品安全性権威(EFSA)は、植物油 (パーム油を含む)の精製に起因する 汚染化学物質が癌の危険を増加させるかもしれないとする研究を最近発表しました。

問題を引き起こす物質は次の通りです: グリしドール脂肪酸エステル(GE)、3-モノクロロプロパンジオール(3-MCPD)および2-モノクロロプロパンジオール(2-MCPD)またそれらの脂肪酸エステル。およそ200℃(392F)で精製された時、パーム油とパーム脂肪にはGEを含む多くの有害物質が発生します。

グループではその遺伝毒性・発癌性の十分な証拠を見つけました。GEの許容安全量は設定されていません、。

パネルで調査は、2010年と2015年の間に生産者によって取られた任意の手段によってGEのレベルは半分になったことがわかりました。フェレーロは、精製されたパーム油は、特有の赤い色およびくせを除くことで、人気のヌテラの舌触りおよび味の理由であると主張します。

この企業は、有害物質を削減するために200C未満の低圧下でパーム油が精製されていると述べています。パーム油をやめれば、味が変わるだけでなく、企業に対して経済敵意名影響があるでしょう。

コストは生産の要因です

パーム油は、1トン当たり800ドルです。ヒマワリ油の845ドルおよび菜種油の900ドルと比較し最も安い植物油です。フェレーロでは毎年185,000トンを使用します。したがって、パーム湯をyめればコストを毎年800万ドルから2200万ドル増加させるかもしれません。

世界保健機関と国連食糧農業機関は、精製されたパーム油に対し、同じ危険について警告を発しましたが、成分を禁止することまでは推奨しませんでした。440億ドルと見積もられるパーム油産業は、フェレーロに多弁で熱烈なサポーターを見つけました。

研究の公開に続いて、ヨーロッパの大きなスーパーマーケット・チェーンは、生成処理されたパーム油を速やかにボイコットすることを決定しました。バリラもパーム油を除去しました。しかしながら、攻勢に出るヌテラは、一般の人に安全を信じさせるため、イタリアで一連の広告を出し始めました。

ユニリーバとネスレも、EFSAからの報告書にもかかわらず製品にパーム油を使用し続けました。しかしながら、フェレーロは現在までパーム油の使用を公に大々的に弁解する唯一の企業です。

フェレーロ(非上場会社)は、世界全体での売上がEFSA公告に影響を受けず、1年でおよそ5パーセント成長し続けている、と主張します。

精製しないパーム油が持つ健康への利点

問題はパーム油の影響ではなく、色を消し、かつ匂いを中和するための精錬工程の間に油に起こることです。未加工の状態では、パーム油 は健康な飽和脂肪が高く、あなたの健康にとって重要な多くの栄養素を含んでいます。

歴史には、パーム油が先住民の治療食の一部だったことを示唆しています。現在、主な生産国はマレーシアおよびインドネシアであり、大豆油についで2番目に世界で最も取引された油用作物になりました。天然状態では、パーム油は赤い色です。白いパーム油は精製されており、濃厚な栄養素をはぎ取られたものです。

研究では、心臓血管の健康を促進するために、未加工のパーム油が大きな役割を果たすことが分かりました。British Journal of Biomedical Scienceの中で公表されたある研究では、パーム油中の飽和脂肪は高いレベルであるにもかかわらず、油がアテローム性動脈硬化症および(または)動脈血栓症の原因とはならなかったことが報告されました。

研究者は、これが比率によることを示唆しました、その豊富な栄養素と、油の中の不飽和脂肪の量です。

パーム油に見つかったトコトリエノールは、ストレスに対して心臓を支え、心臓疾患を防ぐ特性もあります。研究では、パーム油中の酸化防止剤特性は、胃腸、皮膚、肺、胸、前立腺および他のb有為の多種類の癌予防を支援することを示唆します。

パーム油は、食用油として栄養上の有益性を得るためには、精製しない状態で使用することが必要です。パーム油には強いくせのある味があります。さらに、直接肌に塗って薬用として使うこともあります。

精製しないパーム油は、傷、日焼けおよび切り傷のような傷をより速く直してくれます。持続可能性が保証されたパーム油を購入するためには、持続可能なパーム油ラウンド・テーブルからの証明がついた製品を捜してください。

大量の未精製油の消費は、油のカロチンで肌が少し赤みが駆ることはありますが、大きな悪影響は持っていません。こうした変化は、さらに有害な紫外線からの保護が強化されることも意味します。局所的に、塗った油で肌に黄色みがかったオレンジの色がつくことがありますが、水で落とせます。ただし油は衣類につくとしみになってしまいます。

人気が徐々に上昇

ヌテラは、ここ数年でヨーロッパでファンを広めています。1983年に米国で導入されたスプレッドがポピュラーになるのに数十年かかりました。2009年にスタートした宣伝活動の末、売上高は2億4000万ドルまで急上昇しました。多くの熱心なファンのおかげで、スプレッドは金銭的成功を越えた料理の社会現象になりました。

米国のファンはFacebookページを持っています、また料理本、ツイッター・アカウント、さらに2007年2月5日をぬ寺記念日にしました。当初は、未上場のヌテラ社はファンの努力を押しつぶそうとしたことを認めました。しかし、ヌテラのファンは増大しました。

興味深いことには、若い世代は親と同じナッツ・スプレッドを食べたがらず、ヌテラの評判が成長したと考えています。ヨーロッパでは、ヌテラが数十年間見過ごされてきましたが、米国で、親とは異なるものを食べたいカルト的ファンの望みを満たします。

先手を打って、企業は製品の安全性を明言しており、ファンを維持する宣伝活動を行い、ヘーゼルナッツ、チョコレートおよび砂糖のペーストを発明したブランドに固執しています。

あなたの健康を心配してくれるのは誰で賞。

不運にも、食料店の棚およびドラッグストアに並ぶ食品を監視する政府機関、製造者あるいは独立機関はあなたの健康までは心配してくれません。

彼らは安全だという言い分を主張しましたが、歴史的には信じられないものです。例えば、Huffingtonポストの記事では、エリザベス・ウィーラン(ACSHの前の設立者および当時の大統領)は次のことを主張し、小児で疾病を引き起こす化学製品についての研究に資金を提供したとして、環境保護局(EPA)を非難しました:

「不運にも、EPAから「環境への化学製品の影響」研究の認可を受けた人たちは、一般通念にもかかわらず工業薬品のレベルが小児の疾患をひきおこすと主張することでキャリアを築いたのです。環境中の化学薬品のトレース・レベルによってそれは小児の健康を害するということは主流でなく、科学的な証拠もありません…」

ウィーランは、環境運動グループや環境保護機関への反対活動に資金提供した産業のことをしばしばかばっていました。

ACSHは「フェイクニュース」としてパーム油に対して発癌性の評価を要求します

適例は、ACSHのDDT(1972年まで使用された殺虫剤)についての見解です。ウィーランはDDTを禁止する理由は科学的真理ではなく情動に基づくとラジオ・インタビュー中にコメントしました。しかし、科学者は、DDT使用により、次の疾病の危険が増加するとしています:  肥満, 2型糖尿病、, アルツハイマー病 心臓病です。

ACSHは精製油の健康への危険への警告を、無視し続けています。この組織では精製されたパーム油の発癌性を示唆する研究に対し、次のようにコメントされています:

「十分に長く調査すれば、ほとんどすべてが癌につながりがあることを知ることができます。ベーコン。携帯電話。Wi-fi…反応は止まりません。不運にも、私たちはまだそのポイントには達していません。ヘッドラインの変異「ヌテラは癌を引き起こしうる」はウイルスのようになっています。通常通り、そのようなヒステリーの理由はありません。」

ACSHが単なるヒステリーと呼ぶものは、健康へ著しい負の影響が実証された、十分な証拠基づいた研究なのです。例えば、植物油が加熱された場合、肺癌に関連したアルデヒドを含む危険で不安定な酸化生成物が多く生成されます。

植物油はさらに、大量の生物学的にアクティブなオメガ-6脂肪を含み、体の中のオメガ-3脂肪に対するオメガ-6のバランスを崩し、心疾患、喘息、癌、肥満および慢性関節リウマチを引き起こすおそれがあります。

オメガ-6脂肪の比率の高い食品を食べる場合は、上にリストされた病気の悪化に寄与してしまい、体の中の炎症の量を増加させます。オメガ-6脂肪がより少なければ、健康なバランスを維持するうえで必要なオメガ3も少なくてすむのです。オメガ-6脂肪の平衡失調は、精錬工程からGE分子の有毒性がなくても、あなたの癌の危険を増加させます。
国際がん研究機関(IARC)によれば、グリシドールは2A発癌物質として分類されました。

家庭でも健康的なチョコレートペーストは作れます

インシュリン・レベルにスパイクをもたらさず、メタボリック症候群や2型糖尿病の危険を増加させない健康なレシピのヌテラを簡単に作ることができるのです。次のレシピを使用すれば、ご家庭で同様のデザートを作れます。最初のレシピはAcademy of Culinary Nutrition,のナッツなしのレシピですが、2つ目は私がマカダミアナッツでよく作るチョコレート・レシピのうちの1つです。ヘーゼルナッツでも代用していただけます。

ヘンプチョコレートスプレッド

材料

1/4 カップ ヘンプシード

1/3 カップ カカオ豆

1/4 カップ ギイまたはココナツオイル

2 テーブルスプーン 蜂蜜

海塩1つまみ

作り方

材料をなめらかになるまですべてまぜてください。好きな甘味料を追加してください。

 

Mercola博士のマカダミアナッツ・ファッジ・レシピ

材料

300 g ココアバター

200 gr ココナツオイル

200 g 有機グラスフェッドバター

300 g マカダミア ナッツ

8 滴 ステビア (なければ羅漢果)

小さじ1 有機バニラ抽出物

作り方:

1. 弱火でバターと油を3~5分間混ぜてください。冷えたら、ステビアとバニラ抽出物を追加してください。250グラムの広めの瓶にファッジを入れてください。

2. すべての瓶にナッツを均等に広げてください。

3. ファッジが好きな固さになるまで冷却してください。このマカダミアナッツ・ファッジのレシピ は8食分です。

前の記事 次の記事

免責条項: 本ウェブサイトのコンテンツは特に断りのない限りすべてDr. マーコーラの意見に基づいています。個別の記事は記載の通りに著作権を保持するそれぞれの執筆者の意見に基づいています。このウェブサイト上の情報は有資格の医療従事者との1対1の関係性を置き換えるものではなく、医師のアドバイスとして想定されるものではありません。Dr. マーコーラおよび彼のコミュニティによる研究と経験からの知識および情報の共有を想定しています。Dr. マーコーラは、あなたがご自分のヘルスケアに関する決定を、有資格の医療従事者とのパートナーシップの中で下すことを推奨します。あなたが妊娠中、投薬中、または内科的疾患がある場合は、このコンテンツに基づいて製品を使用する前にかかりつけの医療従事者に相談してください。