さよなら頭痛

早分かり

  • ビタミンD濃度が最も低い男性は最高濃度の人より二倍も頻繁に頭痛持ちでした
  • 強い骨、歯のためばかりではなく、ビタミンD濃度の最適化によって骨が丈夫になり、死亡率を全体として減らすことができ、頭痛を解消するための基幹的要因でもあります
  • 人工香料、医薬品、人工甘味料や大きなノイズは頭痛や片頭痛まで起こす原因になり、リボフラビンやマグネシウムなどのビタミンBやミネラル不足もその原因になります
前の記事 次の記事

頭痛から回復する方法を知っていますか?

2017年2月2日 | 1,850 ビュー |

Dr. Mercolaより

日光浴を十分することがいかに健康によいかを表す研究について、また、日光なければ高品質の日焼けベッドを使用するかビタミンDサプリを取ることで体が必要としているものを補えることは聞いたことがあると思います。

ビタミンD欠乏がいかに広範に健康を考えてもみなかったほどに損なうについて報告している研究は数多くあります。その悪影響の一つに頭痛リスクが高まることが挙げられます。

この点についてフィンランドでは42~60歳の約2,600人の男性について1984~1989年分析したある研究があります。

Live Scienceによると男性の血液試料から69%がビタミンD濃度が不足していることが判明しました。不足とは血液1mlに20ナノグラム未満(ng/ml)(1リットル当たり50 ナノグラム)として定義されています。40~60 ng/mlが最適な範囲なのでこれでは深刻な欠乏状態です。

その研究者が報告するところでは、「毎週一回以上の頻度で発生する慢性的頭痛はが250人の男子から報告されており、慢性的頭痛を訴えた男子は他者より血清ビタミンD濃度が低かったです。」

血清ビタミンD量が最も高い人は慢性的頭痛リスクが116%低く、ビタミンD濃度が最も低かった人は最大濃度の人の二倍の確率で頭痛がしていました(週一回以上の頻度として定義)。

研究者はビタミンDの低濃度または頭痛のどちらが先かについては確信していませんでした。頭痛がするときは屋外であまり多く過ごしていない可能性が高く、このため必要な日光を浴びていなかったのです。

頭痛のほかにも:ビタミンD不足に関連した健康の問題

頻繁な頭痛以外にも、mScience NordicはビタミンD不足の人々に発生しうる健康の異常についていくつかの項目を掲げました。「ガン、糖尿病、高血圧、精液品質の劣化、 、骨粗鬆症。」

2000~2010年の間に出版された1,706件の研究を詳しく検討したある研究の結論によると:

  • 最適なビタミンD濃度が骨を強化し、全体的な死亡率を低めることについては確固たる証拠がある
  • ビタミンDは筋肉にもメリットがある効果を持つ可能性が高い
  • ビタミンDはガン、糖尿病、肥満を予防するのに役立つ可能性があることが科学的根拠に基づいて示唆される

頭痛のその他の原因は何でしょうか?

頭痛は多くの原因が元で多様な形態で発生します。このことは頭痛に悩む人はよく知っています。一部は緊張によって生じ、その他は次のような原因によって発生します:

人工香料 高輝度の光 カフェイン撤回 不良な
姿勢
倦怠 天候の変化 生理循環 うるさい
騒音
脱水症状 不良な食習慣 アルコール、特に赤ワイン 医薬品

遺伝子特性やエストロゲンなどホルモンの変動は片頭痛の二つの主な原因です。研究者によると片頭痛はビタミンD、リボフラビン、CoQ10、マグネシウムの欠乏にも関連しています。

日光、その欠乏、代替手段は

ビタミンDサプリを選ぶより適度な日光浴は体が必要としているビタミンDをすべて取得するには最善な方法です。野生のアラスカサーモンなど一部の食品にはビタミンDが含まれていますが、食事だけでは十分取得できません。

すでにご説明した通りでビタミンD (25-ヒドロキシビタミンD)濃度範囲40~60 ng/mlが健康と病気予防のために最適な濃度です。

40~60 ng/mlの健全な血中濃度にしてこれを維持するためには、すべての取得源から(日光、サプリ、食品)およそ5,000~6,000 IUのビタミンDを一日に取ることが必要です。

ビタミンDへの応答性は人それぞれなので、特定の用量といっても目安にすぎません。例えば人によっては最適な濃度を維持するために8,000 IUが一日に必要な場合もあります。

ビタミンDの欠乏は北欧だけではなく、屋内で長時間過ごすことが日常となっている日射が強すぎる地域でも極めて一般的に見られます。

従って、低温(または極めて高温)のために 肌を適度な日光に晒すのが不快になる場合は特に、この問題を軽減するために何か手を打たなければなりません。

太陽からビタミンDをじゅうぶんに取得していないことを自覚していれば、ビタミンD濃度(25(OH)Dまたは25ヒドロキシビタミンD)を明確に表す血液検査が存在します。

頭痛に関する主要な課題:頭痛を解消する方法

頭痛持ちの人にとってはその原因を見極めることは頭痛を解消する方法を決めるために大切な要素となっていることがしばしばまたはまれにあります。

緊張による頭痛、片頭痛、群生頭痛 (稀に見られるもので短時間、目の周囲が痛む)が最もよく発生する頭痛三種類です。後者二種類が最も集中的で痛みが大きいものです。

人口の内5%が群生頭痛持ちで、米国で頭痛に悩む人の13%が片頭痛に悩んでいます。.

残念ながら、片頭痛は症状が極めて多様なので医学界ではまだかなり誤解されています。人によっては頭の両側や片側のみでずきずきする痛みや焼けつくような痛みを訴えます。

片頭痛のある人は痛みが生じるときに、ときどき「オーラ」を感じます。Healthlineは眼球片頭痛という視角障害について説明しています。

「眼球頭痛は従来のような片頭痛の痛みを伴う場合も伴わない場合もあります。眼球片頭痛またはオーラを伴う片頭痛があるとき光の点滅やきらきらするのが見えたり、ジグザグ線または星が見えたりする場合があります。人によってはサイケな画像が見えると言います。視野内に盲点が発生することもあります。」

オーラはしばしば網膜性片頭痛と混同されており、まれに起こりますが片目の視力が失われることともあります。こうした症状が初めて発生した場合は、医師の検査を受けてその他の重篤な状態ではないことを確認しておくとよいです。

食餌アレルギーと頭痛

食餌アレルギーや過敏症も頭痛の原因になります。共通して見られる共犯者はホットドッグやランチミートなど亜硝酸塩を含む食品、味の素などグルタミン酸ナトリウム(MSG)を含む食品で、風味料としてよく加工食品やファストフッドに含まれているものがあります。

アスパルテームなどの人口甘味料、 サッカリンや(スプレンダとして知られる)スクラロースも既知の原因です。麦穀物に対するグリホサートの投入もセリアック病は当然のこと、頭痛と関連しています。

コエンザイムQ10 (CoQ10)をサプリに加えることで片頭痛の重度と頻度を軽減するために大きな効果があります。これは体内のすべての細胞にインパクトがあり、特に脳と心臓に効き目があります。

重要な点としてホルモン代替剤、抗酸化剤、避妊薬、糖尿病薬剤、スタチンなど多くの医薬品が全身からCoQ10を抹消させることを理解してください。

マグネシウムが体内で欠乏すると頭痛が起きます。実際に再発性頭痛持ちの人の半数はマグネシウム 欠乏症であることが推定されています。生体適合性に富むマグネシウムを多く含む葉が大きい野菜をよく取ってください。スピルリナももう一つのよい摂取源です。

身体が必要としているその他多くの化合物と同様に、医薬品がマグネシウムを阻害することがあります。Epsom塩の入浴すると硫化マグネシウムが放出され体内に皮膚から吸収されます。または一日に400~600 ミリグラムのマグネシウム (トレオン酸マグネシウム)を取るように検討してください。

さらに、ある研究によると、リボフラビンとしても知られる400 mgのビタミンB2を一日に取ることもマグネシウムをより多く摂取することにつながり、片頭痛を防止する可能性があります。最適なのはリボフラビンを他のB系ビタミンすなわち「B錯体」とバランスよく取ることです。体にとって必須の要素を提供しくれ、頭痛も防止するその他のサプリにはビタミンB12、B6、葉酸が挙げられます。

現在の食事が頭痛の根底にある問題であるのかいなかを見極めるための一つの方法は、食事から潜在的に攻撃的食品を数週間かけてじょじょに除去することです。これは除去食餌法といって除去した食品を一品目一回ずつ再開したときに頭痛が再発するかどうかを見ます。これは通常食べているものの中に頭痛の共犯者があるか否かを見極めるために手っ取り早い方法です。

感情的健常状態を維持すると頭痛を解消する可能性がある

ストレス、コルティゾルや甲状腺ホルモンも頭痛や片頭痛の原因になります。ストレス解消を行い、甲状腺機能に対処することでより包括的解消プランの基幹的構成要素になります。セレニウムとアシュワガンダは甲状腺機能を支持する2つの役立つサプリです。

頭痛とその頻度を軽減するためにかばんに入れておきたいもう一つの「トリック」はエモーショナルフリーダムテクニック(EFT)です。臨床検査によると、EFTは意気消沈させるような記憶や出来事による感情面へのインパクトを迅速に軽減します。意気消沈から回復すると、体は自己均衡を開腹し、感情面でも肉体面でも癒しが速くなります。

頭痛から回復させる劇的効果はギリシアの研究者によって実証され、この研究では頻繁な緊張による頭痛を頭痛クリニックで受診していた35人に実験を行いました。8週間後、EFTを自律的に行う方法を指示され一日に二回タップをした人の場合、頭痛頻度が62%現象し、頭痛の強度は60%削減されました。

これはEFTを自律的に行った結果ですが、EFTの技能を持つ指導者の下で行ったならば結果はさらに優れていたはずです。頭痛と闘っていれば、EFTやその他の心身ツールを実践すると痛みを癒し、毒性のある処方箋やOTC鎮痛剤が無用になります。

前の記事 次の記事

免責条項: 本ウェブサイトのコンテンツは特に断りのない限りすべてDr. マーコーラの意見に基づいています。個別の記事は記載の通りに著作権を保持するそれぞれの執筆者の意見に基づいています。このウェブサイト上の情報は有資格の医療従事者との1対1の関係性を置き換えるものではなく、医師のアドバイスとして想定されるものではありません。Dr. マーコーラおよび彼のコミュニティによる研究と経験からの知識および情報の共有を想定しています。Dr. マーコーラは、あなたがご自分のヘルスケアに関する決定を、有資格の医療従事者とのパートナーシップの中で下すことを推奨します。あなたが妊娠中、投薬中、または内科的疾患がある場合は、このコンテンツに基づいて製品を使用する前にかかりつけの医療従事者に相談してください。