クランベリーで尿路感染症対策

早分かり

  • 尿路感染症は女性の半数が生涯においてかかるもので、毎年800万人が治療を受けています。尿路感染症にかかるのは、尿路が短いため男性よりも女性の方が多いです。
  • クランベリージュースを飲むと健康な尿路を保つのによいとされていますが、多くの研究がクランベリージュースは腸内フローラのバランスを損なうフルクトースを含むことに言及していません。一方、クランベリージュースの有効成分であるD-マンノースは、副作用の危険なしで尿路の健康を促すことがわかっています。
  • 尿路感染症の9割以上の原因は大腸菌です。細胞壁は粘着性のレクチンからなるため細菌が尿路に貼りつき、体内からこの細菌を流し出すことができません。しかし、レクチンはD-マンノース分子と結合するため、体内から細菌を排出することができるのです。
  • 抗生物質の使用は尿路感染症への最終手段です。尿路感染を引き起こす細菌の駆除に効果がないかもしれないからです。さらに、抗生物質は腸内フローラを損傷し、抗生物質に耐性を持つ菌の成長を高め、アレルギー反応を起こします。
前の記事 次の記事

D-マンノース:抗生物質もクランベリージュースも使うことなく尿路感染症を退治します

2017年1月18日 | 896 ビュー |
バージョン:日本語

クランベリー プロアントシアニジン(PAC)の効果は摂取量に依存します。大量に摂取すれば尿路の健康意地により効果があります。

新しい研究は、尿路壁に大腸菌の付着を減らすには最低36ミリグラムのプロアントシアニジン(PAC)が必要であるという説を支持しています。摂取量が少ないと効果もあまりありません。

しかし、NutraIngredients にはこう書かれています。

「一方、無料ネット情報誌 BMC Infectious Diseases の出版記事によると、72 mg という高摂取は尿路内の菌付着防止にさらに効果がある。」

Dr. Mercolaより

尿路感染症は女性の半数が生涯においてかかるもので、毎年800万人が治療を受けています。

尿路感染症にかかるのは、尿路が短いため男性よりも女性の方が多いです。成人男性は前立腺により尿器系に直接金増殖阻害物質を注入することができるという利点もあります。

クランベリージュースを飲むと健康な尿路を保てると聞いたことがあるかもしれません。研究によると、腸内フローラが健康であればクランベリージュースも役に立ちます。

多くの研究がクランベリージュースは腸内フローラのバランスを損なう単糖鎖(単純糖)、フルクトースを含むことに言及していません。

このため、実際に、不安定な血糖値を尿路の健康と取引することになり、尿酸レベルは上がり、これに伴って血圧も上がり、他にも健康への悪影響があります。

これが私がクランベリージュースをお勧めしない理由です。取引は利口ではありません。

しかし、クランベリージュースと尿路の関係から素晴らしい発見があります。尿路系に関係するクランベリージュースの有効成分がわかり、特定されました。それがD-マンノースです。

D-マンノースはイチゴ、桃、リンゴなどの植物由来です。純粋なD-マンノースは驚くことにクランベリーの10~50倍協力で、無害でまったく安全、副作用はありません。

肥満の危険もなく有効成分を代わりに摂取できるのなら、クランベリージュースを飲む必要はありませんね?

D-マンノースは尿路感染症の9割が1~2日で治癒するのに役立つ働きがあります。

「ハネムーン膀胱炎」と引喩される状態も予防できるようになりました。禁欲は無用。

D-マンノース:健康な糖

D-マンノースは薬ではありません。それは自然発生糖で、グルコースと密接に関係し、自分の体内で作り出しています。重要なことですが、グルコースのようなものなのでフルクトースのような代謝へのストレスがなく、体内のすべての細胞が利用できます。

身体はグルコースよりもずっとゆっくりとD-マンノースを吸収し、D-マンノースはグリコーゲンには還元されず肝臓に溜め込まれることはありません。D-マンノースはほとんど代謝に影響がないため、血糖値にも影響を与えません。

D-マンノースのほとんどが肝臓で濾過され膀胱へと巡り、素早く尿路で排泄されます。

D-マンノースは「友好な」菌に影響しないので、健康なフローラに栄養を与えます。菌はまったく殺しません。尿路にいられなくするだけです。

尿路感染症( UTI )のための抗生物質を取るときは、善玉菌が悪玉菌とともに殺され、これが二次酵母感染症、消化器系の問題が悪化する原因です。

しかし自然糖がどうやって尿路感染症と闘うのでしょう?

答えは菌が膀胱の内側にどのように張り付いているかにあります。

尿路感染症を御する粘着状況

尿路感染症の9割以上の原因は大腸菌で、通常これは大腸経路内にあるものです。一般的な細菌があるべき場所ではないところ、尿路系などに多数存在する際に問題となります。

これは、非衛生的な食品加工工場でのキラーアウトブレイクと関係する大腸菌、つまり、私たちの国では、抗生物質の乱用によって作り出された様々な変異による菌とは異なります。この大腸菌は、普通、腸内フローラの正常な一部分で、通常は衛生状態が悪かった場合に膀胱に誤って移動したものです。

通常の大腸菌が尿路に入り倍増すると、尿路感染症の以下のよくある兆候と症状を経験します。

  • 排尿時の痛み
  • 頻繁な尿意
  • 下腹部の痛のみまたは疼き
  • 尿に血液(いつもではないが、時々)
  • 濁った尿

細菌が尿に含まれているなら、排尿とともに体から単純に排泄できないのはなぜかと疑問に思うかもしれません。

おわかりのように、各大腸菌の細胞壁は線毛と呼ばれる小さな指状の突起物で覆われており によって、菌が膀胱の内側の壁に「ひっつき」、尿管と腎臓の上方に働きかけます。

菌が尿の臓器にへばりつくので、簡単に洗い流せないのです。

これらの小さな指状の突起物はアミノ酸糖複合体、レクチンと呼ばれる糖たんぱく質によりひっつくのです。

菌の線毛上のレクチンはマンノースと結合し、これは細胞によって生成され、尿器官の内部裏地を覆います。マンノースにより菌がマジックテープのようにくっつきます。

レナード、ライトは D - マンノースを摂取すると何が起こるかについて説明します。

「大腸菌が掘り起こした甘い小さなマンノース分子が、上皮細胞の表面だけではなく、尿路の大腸菌を取り囲んでいればどうなるのかを想像してみてください。大腸菌は尿路に『漂う』D-マンノースにぶつかることなしに戻ることはできません。
美味しい餌に抵抗することができず、突然その中で泳いでいると、彼らは最も近いマンノース分子にしっかりとはまり込み、トイレへと楽しく旅立ちます。マンノース分子にしばりつけられた少数の大腸菌は、白血細胞および免疫系の他のエージェントの餌食に簡単になります。」

研究は、 D-マンノースの治療価値を裏付け

自然療法を採用する医師は、 1980 年代半ばには大きな成功を収めて以来、D-マンノースを使用しています。研究室の研究は現在、これらの医師と患者の多くが長年知っていたことを確認しました。
次の 3 つ研究を考慮してください。

  • 尿路に大腸菌を接種したラットに、 D-マンノースを与えると、 D-マンノースを与えなかったラットに比べて、尿中の細菌が大幅に低いレベルになっていることが分かりました。
  • マンノースのような物質を与えた大腸菌感染ラットは、尿路の細菌が90 %減されりました。
  • 人間での研究では、D-マンノースを取り込むと、尿経路マンノースレベルを上げるために必要な血液マンノースレベルが著しく上昇することがわかりました。

抗生物質は最後の選択

尿路感染症にできるだけ抗生物質の使用を回避するのはなぜでしょう?

非常に良い理由が数多くあります。

  • 抗生物質は人間とペットには、家畜と同様、過剰使用されており、この不注意な過剰利用により、 MRSA 、抗生剤耐性結核のような抗生物質耐性 菌が作り出されています。
  • 抗生物質は悪玉菌とともに善玉菌を殺し、前述したような、真菌感染症、下痢、およびその他の消化器系のトラブルとを引き起こします。
  • 多くの抗生物質にひどい副作用があり危険なアレルギー反応を引き起こす可能性があります。
  • 抗生物質治療が感染でのすべての細菌にうまく働くとは限らず、実際には、細菌の多くは、安静状態で持続しています。
  • 子供に不必要な抗生物質を用して免疫システムの成熟を阻むと自身の自然な防御機能が発展しなくなります。
  • 多くの場合、医師は「古い黄金律」の代わりにより新しい、非常に高価な抗生物質を尿路感染症に処方し、体に負担がかかることとなります。

最初の症状発生時に、尿路感染症の大部分は硬化させることができ、またはこれらのこの記事に記載されている腎臓の感染も防止することができます。

時折、予防策にもかかわらず、腎臓感染が進んでしまうこともあります。腎臓感染で特に熱がある場合は、医師に相談し抗生物質を摂取する必要があります。感染のさらなる広がりを防止し、一部の非常に深刻な問題が発生しないようにしてください。

腎臓の感染を見極める方法

尿路感染症は、尿路の一部に影響を与える場合がありますが、下部尿路、具体的には、膀胱(膀胱炎)、尿道(尿道炎)です。時には、尿路感染症は、腎臓(腎炎や腎盂腎炎)に感染するため、もっと深刻な感染症となり、病院に行く必要があります。
腎臓の感染症を速やかに解決していない場合、または血流にまで広がると、永久的な腎臓の損傷、腎障害が発生することもあります。

昔ながらの尿路感染症の症状に加えて、以前に挙げられていた、腎臓の感染の症状には以下が含まれます。

  • 背中、側面(サイド)または鼠蹊部の痛み
  • 腹部の痛み

抗生物質を使用しない場合は、抗生物質によって死亡した善玉菌を入れ替える高品質の高力価のプロバイオティクスを摂取することが重要です。抗生物質を使用する場合は直ちにプロバイオティクスの摂取をお勧めします。たとえば、午前 8 時と午後 8 時に抗生物質を使う場合、午後 2 時にプロバイオティクスを摂取して、抗生物質の影響を最小限に抑えます。

健康な尿路を促進する手順

女性として、健康な尿路を維持するためにあなたができる衛生手順があります。

  • 純粋な、濾過水を毎日大量に飲む
  • 必要な時に尿をする。行きたい気持ちに逆らわない
  • 菌が尿路に侵入するのを防ぐために前から後ろに拭く
  • 浴槽よりもシャワーを浴びる。熱い浴槽/ジャグジーは避ける
  • 性行為の前に性器の周辺を洗浄する
  • 女性用の衛生スプレーの使用を避ける。尿路に刺激を与える場合があるので
  • 染料による反応を防ぐため白い無臭のトイレットペーパーを使う、またはビデを使う

さらに、健康的なダイエットがカギで尿路をサポートしましょう。

研究によるとプロバイオティクス菌を含む製品を頻繁に消耗すると尿路の健康が促進できるそうです。たとえば、ケフィア、ザウアークラウトと他の発酵野菜などの発酵食品が尿路を含む健康全般に優れています。

前の記事 次の記事

免責条項: 本ウェブサイトのコンテンツは特に断りのない限りすべてDr. マーコーラの意見に基づいています。個別の記事は記載の通りに著作権を保持するそれぞれの執筆者の意見に基づいています。このウェブサイト上の情報は有資格の医療従事者との1対1の関係性を置き換えるものではなく、医師のアドバイスとして想定されるものではありません。Dr. マーコーラおよび彼のコミュニティによる研究と経験からの知識および情報の共有を想定しています。Dr. マーコーラは、あなたがご自分のヘルスケアに関する決定を、有資格の医療従事者とのパートナーシップの中で下すことを推奨します。あなたが妊娠中、投薬中、または内科的疾患がある場合は、このコンテンツに基づいて製品を使用する前にかかりつけの医療従事者に相談してください。