毒性シュガー

早分かり

  • ペプシコは、2015年にダイエット・ペプシのアスパルテームをスプレンダに置き換え、アスパルテームの健康への影響を警戒する消費者を取り戻す努力をしました
  • 2016年第一四半期、ダイエット・ペプシの売上は10.6%減少しました
  • 販売不振を脱却し、アスパルテーム抜きのダイエット・ペプシの味を明らかに嫌っている消費者を喜ばせるために、ペプシコは、アスパルテームを使ったダイエット・ペプシを市場に再投入しようとしています
前の記事 次の記事

アスパルテームが復帰しようとしています

2017年1月17日 | 3,259 ビュー |

Dr. Mercolaより

ダイエット・ソーダは、アスパルテームやスクラロース(スプレンダ)のような人工甘味料の不人気の高まりを受けて好まれなくなっています。ペプシコでさえダイエット・ペプシのアスパルテームをスプレンダに2015年に置き換え、アスパルテームの健康への影響を警戒する消費者を取り戻そうとしましたが、明らかにうまくいきませんでした。

当時、ペプシコは、ダイエット・ペプシからアスパルテームを取り除くことが消費者の第一の要請であると述べていました。ペプシのフレーバー部門の上級副社長であるSeth Kaufmanは、「米国でダイエット・コーラを飲む人は、アスパルテーム抜きのダイエット・ペプシを望んでいる」と述べました。

しかし、業界をウォッチしているベバレッジ・ダイジェストによると、炭酸飲料の年間一人当たり消費量は2015年、8オンスで650杯と1985年以来最低の水準となりました。

ペプシコの落ち込みが最も大きく、数量で3.1%減りました。ダイエット・ペプシは特に厳しく、6%近く減少しました。2016年第一四半期のダイエット・ペプシの売上高は、ベバレッジ・ダイジェストによると、さらに10.6%減少しました。

販売不振を脱却し、アスパルテーム抜きのダイエット・ペプシの味を明らかに嫌っている消費者を喜ばせるために、ペプシコは、「ダイエット・ペプシのクラシック甘味料配合」を市場に再投入しました。すなわち、これはアスパルテームで甘みを付けたダイエット・ペプシです。

ダイエット・ペプシ3種類のうち2つにアスパルテームが含まれています

クラシック・ダイエット・ペプシは、2016年9月、ライトブルーの缶を特徴にして市場に戻ってきました。シルバーの缶が普通のダイエット・ペプシで、スプレンダが甘味料です。

さらに、ペプシMAXもあり、これは黒い缶で、ペプシ・ゼロ・シュガーとして米国に再投入されました。これにもアスパルテームが含まれています。クリスタル・ペプシは、1990年代にデビューしたものですが、一時的かも知れませんが、2016年復活しました。

透明なソーダはカフェインやリン酸を含んでおらず、典型的な黒いソーダよりも健康に良いと認識されています。クリスタル・ペプシの限定的な再投入が販売不振と重なったのは決して偶然ではなく、健康意識の高い消費者がクリスタルクリアな餌に食いつくかどうかを見極める試みでしょう。

残念ながら、ラベルの貼り換えや再投入のすべてが的外れです。つまり、ソーダは健康に有害であるだけでなく、たとえそれがどんな色、色合い、フレーバーでも、あらゆる名前のダイエット・ソーダが有害の可能性があります。

アスパルテームはグルコース不耐症や糖尿病をもたらす可能性があります

体重過剰や肥満の人々の多くは、前糖尿病や2型糖尿病と格闘し、その結果、健康に良いと信じて砂糖の代わりに人工甘味料を選びます。しかし、研究によれば、アスパルテームを含む人工甘味料は、腸内微生物相を変化させて、体重増加7やグルコース不耐性を引き起こす可能性があります。

多く人が気づかないうちに、アスパルテームは、グルコースや水に比べて空腹評価を上げることが分かっていて、食べる意欲の上昇と関係があります(サッカリンやアセスルファムカリウムのような他の人工甘味料に比べて強いのです)。

「ダイエット」製品によく使われる物質として、アスパルテームが実際には体重を増やす可能性があるという事実は、何と紛らわしいことでしょうか。

『ジャーナル・オブ・応用生理学、栄養、代謝』に最近掲載された研究もまた、アスパルテームの摂取がより深刻なグルコース不耐性と、とりわけ肥満な人にとっては、関連していることを示した。この研究は次のように述べています:

「この研究は、アスパルテームの摂取が、肥満が深刻な個体ほど大きな糖尿病リスクを持つ可能性があるという証拠を提示する。アスパルテームは、痩せているだけでなく肥満のげっ歯類におけるインスリン抵抗性の障害に関連する腸内微生物相の変化と関係することが報告されている。

我々は、アスパルテームが、肥満者のグルコース耐性のより深刻な障害に有意で関連していることを観察した、」

問題なのは、アスパルテームだけではありません

今回始めて人工甘味料が代謝問題に結びつけられたわけではありません。例えば、PLOS ONEに掲載されたいろいろな研究があります。

「人工甘味料を含むソフトドリンクを常に摂取することは、腹部肥満、インスリン抵抗性やグルコース耐性の異常、脂質異常症、高血圧などメタボリックシンドローム障害に関連する。

特に、毎日のダイエット・ソーダ(主にN-a-L-アスパルチル-L-フェニルアラニンメチルエステル、アスパルテームなどで甘くされている)を摂取するは、2型糖尿病とメタボリックシンドロームの相対リスクをそれぞれ67%、36%増加させると報告されている。」

しかし、健康上の問題と関連しているはアスパルテームだけでないので、ペプシコのスプレンダで甘味付けしたダイエット・ソーダを飲んでいれば賢いのだと考えていると、間違いです。アスパルテームと同様にスプレンダは、あなたの身体のインスリン反応に影響します。

研究参加者がスプレンダで甘味付けした飲料を飲むと、彼らのインスリンレベルは、グルコースチャレンジ試験前に水分のみを摂取した場合に比べ約20%上昇しました。

血糖値もまた、より高いレベルでピークに達したので、「人工甘味料は、血中インスリンとグルコース応答の強化に関連していたのである」と、研究者は述べ、さらに次のように続けました。

「我々は、スクラロースが、グルコースやグルコース摂取に応答するインスリンに影響することを発見したが、そのメカニズムは分かっていない。スクラロースが影響を持つことを示しただけだ。

糖尿病ではない肥満の人では、スクラロースが、口に何か甘いものを入れて何の影響もないでは済まないことを示した。ただ、それが日常生活のシナリオにとって何を意味するのかはまだ分かっていないが、我々の発見は、もっと研究が必要であることを強調している。」

誤解しないように:ダイエット・ソーダは健康なせんたくではありません

ペプシコは、それが現在食い込めていない市場の一角に入り込もうと切望しています。それは、健康を意識している消費者です。ダイエット・ソーダの再編は、その目的への計画の一部にすぎません。

皮肉なことに、遺伝子組換え(GE)成分を含有する製品について、州や連邦政府に表示義務を求める法案を葬り去るため、モンサント社よりも多くの資金を投じたペプシコは、自社のトロピカーナジュースについて、GMO(遺伝子組み換え作物)を含まない製品群をリリースする予定があります。

しかし、間違ってはいけません。ダイエット・ペプシの場合、彼らは望むように名前を付け、それを好きな色の缶に入れることはできますが、健康にとって最悪の飲料の仲間だという事実を変えることはできないのです。

アスパルテームは、脳障害やその他の健康上の悪影響をもたらす可能性があります

資金的に独立した研究の94%は、アスパルテームは、うつ病や頭痛などの有害作用を引き起こすことを発見しています。ある研究では、ラットにアスパルテームを投与した24時間後でさ、メタノールが検出可能であったということです。メタノールは、脳内に酸化ストレスを誘発する原因となります。

アスパルテームは、アスパラギン酸とフェニルアラニンから構成されています。しかし、フェニルアラニンはメチル基を有するように合成的に修正されており、それが甘味の大部分を提供しています。

フェニルアラニンのメチル結合(メチルエステルと呼ばれる)は非常に弱いので、フェニルアラニン上のメチル基が容易に分解してメタノールを形成することができます。

アスパルテームが液体の場合、それは、メチルアルコールまたはメタノールに分解し、ホルムアルデヒドに変換されますが、ここがアスパルテームの問題の根っ子なのです。

要するに、動物やヒトは共に、各細胞にペルオキシソームと呼ばれる小さな構造を持っています。それは、あなたの身体のあらゆる細胞ごとに数百もあり、様々な化学物質を解毒するように設計されています。

ヒトは、ヒト以外の動物と同じ数のペルオキシソームを細胞に持っていますが、ヒトのペルオキシソームは、有毒なホルムアルデヒドを無害なギ酸に変換することはできません。ホルムアルデヒドは、網膜損傷を引き起こし、DNA複製を妨げ、先天性欠損症を引き起こす可能性のある既知の発ガン物質です。

ダイエット・ソーダは、もっとジャンクフードを食べたい気にさせます

ダイエット・ソーダは、最悪の詐欺です。なぜなら、それを飲む人は、若干のカロリーをカットすることによって身体に良いことをしているのだと信じることが多いからです。

しかし研究では、ダイエット・ソーダを飲む人は、後日、ソーダで消費しなかったカロリーを、より高糖度、高ナトリウム、高不健康脂肪を食べて「補う」可能性を示しています。

ダイエット飲料がカロリーへの渇望や欲望を満たさなかったので、彼らはより多くのジャンクフードを食べなければと思うようになるでしょう。

肥満の成人が最も悪影響を受けたのです。彼らは、ダイエット飲料に関連する不健康な食品からのカロリー摂取の日々の増加割合が最も高かったのです。それは、人工甘味料を摂取する可能性が高い人々はまた、それによって害を受ける可能性が最も高いことを示しているのです。

アスパルテームや他の人工甘味料を捨てる準備ができましたか

そこで私は、ターボタッピングというエネルギー心理学的テクニックを試すことを強くお勧めします。これは、多くの「炭酸飲料中毒者」がその習癖を克服するのを助けたもので、あらゆる種類の渇望(ダイエット・ソーダへの渇望も含む)に効きます。ターボタッピングを試した後でもまだ渇望がある場合は、食事に変更を加える必要があるでしょう。私の栄養計画は、それをゆっくりしたペースで実行するのに役立つでしょう。(英語のみ)

最高かつ最も費用対効果の高い飲み物を選ぶなら、ろ過された水道水です。あなたの水道水の純度が確認できない場合は、高品質の水ろ過システムの使用を強くお勧めします。セルツァーまたはミネラルウォーターは、あなたが特にソーダの味を懐かしむ場合、選択肢となります。

レモンやライムの絞って入れることは、風味とバラエティーを加える一つの方法であり、ソーダ愛好家の多くは、ソーダをスパークリング水に置き換えれば、ソーダを忘れるのが簡単であると感じるでしょう。無糖紅茶とコーヒーはまた、健康飲料になり得ます。健康を台無しにすることなく、あなたの飲料の選択の幅を広げてくれるでしょう。

前の記事 次の記事

免責条項: 本ウェブサイトのコンテンツは特に断りのない限りすべてDr. マーコーラの意見に基づいています。個別の記事は記載の通りに著作権を保持するそれぞれの執筆者の意見に基づいています。このウェブサイト上の情報は有資格の医療従事者との1対1の関係性を置き換えるものではなく、医師のアドバイスとして想定されるものではありません。Dr. マーコーラおよび彼のコミュニティによる研究と経験からの知識および情報の共有を想定しています。Dr. マーコーラは、あなたがご自分のヘルスケアに関する決定を、有資格の医療従事者とのパートナーシップの中で下すことを推奨します。あなたが妊娠中、投薬中、または内科的疾患がある場合は、このコンテンツに基づいて製品を使用する前にかかりつけの医療従事者に相談してください。