フランキンセンスオイル

早分かり

  • フランキンセンスオイルは、健康な細胞の再生を促進し、既存の細胞や組織を健康に保ちます。
  • 皮膚の健康に効き目があり、乾燥肌の治りを助けるとともに、エージングの兆候を和らげて、皮膚線状(ストレッチマーク)や傷を目立たなくさせます。
前の記事 次の記事

フランキンセンスオイル:オイル(香油)の中の「王様」

2016年8月9日 | 7,770 ビュー |

フランキンセンスオイルとは何でしょうか

オリバナムとも言われるフランキンセンスオイルの起源はボスウェリア属の木、特にボスウェリアサクラボスウェリアカルテリなどから来ています。乳白色の樹液は、樹皮から抽出され、数日間かけてゴム樹脂に硬化させます。その後、涙の形をした小滴に掻き落とします。

ボスウェリアの木は、アフリカやアラビア地方に生育します。例えば、イエメン、オマーン、ソマリア、エチオピアなどです。オマーンは、フランキンセンスの最もよく知られ、最も古い原産地です。そこから、地中海やインド、中国など各地へ何千年も間出荷されているのです。

最高品質のフランキンセンスは、透明かつ銀色を帯びていますが、わずかに緑の色合いをしています。茶黄色の品種は、最も値段が安く、容易に手に入ります。オマーンでは、最高のフランキンセンスは普通、サルタンのために取っておかれ、国外には出荷されません。

フランキンセンスは伝統的に、お香として燃すとともに、炭化させパウダーにすりつぶし、エジプト女性が用いたコールアイライナーを作る材料としました。今日、この樹脂は蒸留して、多くのメリットを持つ芳香精油を作る材料となっています。

フランキンセンスオイルの香りには、木、土、スパイスの香りを含み、わずかにフルーツの香りもします。そのため、気分を落ち着かせ、リラックスさせます。オイルの方が、樹脂よりもより甘く、新鮮かつ透明感があると言われています。

フランキンセンスオイルの使用法

フランキンセンスオイルは、中東で長い間大切にされています。中東では、何千年もの間、聖油として宗教儀式に使用されています。また、化粧品の成分としても人気があり、アングロサクソンや古代エジプト人の遺跡から発見されています。

フランキンセンスオイルは、健康のために使うことができる最高の精油の一つだと、私は信じています。フランキンセンスオイルが持つ気分を安らかにする特性はよく知られており、精神的なつながりを可視化、改善するとともに、ストレスや絶望感にうち克つのに役立ちます。

アロマセラピーでは、フランキンセンスオイルを吸入するか、噴霧器を使って拡散させて用います。とても効き目がある鎮静剤なので、精神的落ち着き、リラックス感、満足感が導き出され、不安、怒り、ストレスを和らげる効果があります。

フランキンセンスオイルは、健康な細胞の再生を促進し、既存の細胞や組織を健康に保ちます。皮膚の健康に効き目があり、乾燥肌の治りを助けるとともに、エージングの兆候を和らげて、皮膚線状(ストレッチマーク)や傷を目立たなくさせます。フランキンセンスオイルの引き締める特性は、次の項目に効き目があります。

  • 歯茎や毛根を強くする
  • 傷の出血を止める
  • 切り傷、ニキビ、虫刺され、ヤケドなどの治りを早めます。

フランキンセンスオイルの成分

フランキンセンスオイルの主な成分は、ケトンアルコール(オリバノール)、樹脂状物質(30〜60%)、a-およびp-ピネン、カンフェン、ジペンテン、フェランドレンなどのテルペン類です。また、アルファピネン、アクタノール、酢酸ボルニル、リナロール、酢酸オクチル、インセンソール、酢酸インセンソールも含みます。

モノテルペンとセスキテルペンが、フランキンセンスオイルの最も貴重な要素です。ConnieとAlan Higley著「エッセンシャルオイルのためのリファレンスガイド」によると、モノテルペンは、毒素から肝臓や腎臓を守るとともに、毒素の排出を助けます。また、防腐性能、抗菌性能、刺激性能、鎮痛性能(弱)、去痰特性などを有するそうです。

一方、セスキテルペンは、血液脳関門を通過でき、脳の辺縁系だけでなく、視床下部、松果体、下垂体腺を元気にします。

フランキンセンスオイルのメリット

フランキンセンスオイルの健康上のメリットは主に、抗炎症、引締め、防腐、殺菌、消化、利尿、去痰などの特性によります。それは、傷あとの改善、胃腸内のガスの排出、細胞防御、月経促進、子宮の健全性、傷の治癒などにも効き目があります。

フランキンセンスオイルは、強壮剤と考えられています。なぜなら、それは体内で働くあらゆる系統にメリットがあるからです。例えば、消化系、呼吸系、神経系、排泄系などです。また、栄養素の吸収を助け、免疫系を強化します。フランキンセンスオイルは、次に挙げるような一定の健康状態に有益だと分かっています。

  • 関節炎及び関節リウマチ(RA)— Cardiff大学の科学者たちの研究によると、フランキンセンスは、主要な炎症分子の生産を抑制できるので、関節炎などを引き起こす軟骨組織の破壊を防ぐのを助長するそうです。

    さらに、インドフランキンセンス別名ボスウェリンもボスウェリア属の一つで、動物実験では、炎症を著しく抑えることが分かっています。実は、それは私の個人的なお気に入りの一つです。なぜなら、私の以前の関節リウマチ(RA)患者のの多くにとってそれが天然鎮痛剤としてよく効くのを目撃したからです。
  • 風邪や呼吸器疾患— フランキンセンスオイルは、気道や肺に沈着した痰を切ることができるとともに、気管支炎関連のうっ血を緩和することができます。
  • 口腔の健康問題— このオイルの殺菌性能により、口臭、虫歯、歯痛、口内炎、その他の感染症を防ぐことができます。
  • 消化不良— フランキンセンスオイルは、胃液、胆汁、その他の酸の分泌を促進し、蠕動運動を刺激して、食べ物が腸を通って適切に移動することを可能にします。
  • 子宮の健康— フランキンセンスオイルは、女性のエストロゲンの生成を調節し、閉経後の腫瘍や子宮内ののう胞形成(子宮がん)のリスクを減らします。また、閉経前の女性の月経周期を調節します。

フランキンセンスオイルの調製法

フランキンセンスオイルは、生の樹脂を水蒸気蒸留して作ります。フランキンセンスオイルを購入するとき、最高品質の100%精油だけを選ぶようにしてください。

また、フランキンセンスオイルを芳香オイルと勘違いしないでください。精油は植物から生成しますが、芳香オイルは普通人工的に作られ、合成化学品を含むことが多いのです。芳香オイルの香りが良く、値段が安いことが多いといっても、有機精油が持つセラピー効果はありません。

フランキンセンスオイルはどのように効果を発揮するのでしょうか

フランキンセンスオイルの効き目やメリットは、ディフューザや噴霧器を使って吸入するか、少量を内服することにより得ることができます。痛み止めとしては、このオイルを痛い部位に単にすり込みます。一方、ディフューザや吸入器具を使う場合は、風邪の治療や呼吸系の詰まりを解消するのに効果を発揮します。また、2,3滴を清潔な布に落として、香りを吸入することもできます。あるいは、お風呂のお湯に入れて、それに浸かって活力を取り戻すこともできます。

フランキンセンスオイルは、直接皮膚につけることができます。また、その他のキャリアオイルと混ぜることもできます。例えば、ホホバ、スィートアーモンド、アボカド、パチョリ、ローズマリー、クラリセージ、柑橘類、バジルオイルなどです。

フランキンセンスオイルは安全ですか

はい、フランキンセンスオイルはおおむね安全です。ただし、まずスポット試験をすることを勧めます。事前に、このオイルに敏感かどうかを確かめてください。フランキンセンスオイルを内服する場合、食用のキャリアオイル(例、ココナッツオイル)、ハチミツ小さじ1杯に一滴垂らして薄めるのが最良です。あるいは、グラス一杯の蒸留水や非酸性飲料、非乳製品飲料に垂らすのも良いでしょう。舌に1、2滴垂らすこともできます。ただし、このオイルの内服は、6才以下の子供には勧められません。

6以上の子供やティーンエイジャーは、もっと薄めた方が良いでしょう。

また、フランキンセンスオイルのブランドがすべて、内服用に作られてはいないことに注意すべきです。従って、使う前にラベルを確認してください。

フランキンセンスオイルの副作用

このオイルを使うことによる深刻な副作用は報告されていません。ただし、まれに、フランキンセンスオイルは、発疹や吐き気、胃の痛み、胃酸過多などの胃腸障害を引き起こす可能性があります。また、抗凝血作用があり、出血障害または抗凝固薬を服用している人の場合、異常出血のリスクを高める可能性があります。

フランキンセンス精油はまた、妊婦や授乳中のお母さんにはお勧めできません。なぜなら、それは月経促進剤として機能するので、月経を誘導して、まだ生まれていない胎児にとって危険となるかもしれないからです。

前の記事 次の記事

免責条項: 本ウェブサイトのコンテンツは特に断りのない限りすべてDr. マーコーラの意見に基づいています。個別の記事は記載の通りに著作権を保持するそれぞれの執筆者の意見に基づいています。このウェブサイト上の情報は有資格の医療従事者との1対1の関係性を置き換えるものではなく、医師のアドバイスとして想定されるものではありません。Dr. マーコーラおよび彼のコミュニティによる研究と経験からの知識および情報の共有を想定しています。Dr. マーコーラは、あなたがご自分のヘルスケアに関する決定を、有資格の医療従事者とのパートナーシップの中で下すことを推奨します。あなたが妊娠中、投薬中、または内科的疾患がある場合は、このコンテンツに基づいて製品を使用する前にかかりつけの医療従事者に相談してください。