炭酸飲料

早分かり

  • 健康になりたいですか?炭酸飲料は、科学では全て述べきれない程、多くの点で健康に悪影響を及ぼします。
  • 平均的なアメリカ人が1間に飲むソフトドリンクの量は、60ガロン以上と言われている。次の炭酸飲料を手に伸ばす前に、ちょっと考えてみては?炭酸飲料1缶のエネルギーは150キロカロリー。砂糖10さじ分、カフェイン30-55mg、他にも人工着色料や亜硫酸が含まれている。
前の記事 次の記事

コーラを飲んで1時間後の体内で何が?

2016年4月27日 | 84,138 ビュー |
バージョン:日本語

健康になりたいですか?炭酸飲料は、科学では全て述べきれない程、多くの点で健康に悪影響を及ぼします。これから、コーラを飲んだあと身体に何が起こるのかを検証していきます。

最初の10分間。ティースプーン10杯分の砂糖が体内へ。これは1日分の許容量に相当する量です。これだけの量の砂糖で吐き気が起こらない理由はただ一つ、リン酸が甘みを軽減するからです。

飲んだ後20分間。血糖値が急上昇します。肝臓は急激なインスリンの増加に反応して大量の糖を脂肪に変換します。

飲んだ後40分未満。カフェインは完全に吸収され、瞳孔が開き、血圧は急上昇、肝臓から血中へ糖がさらに放出されます。

飲んだ後約45分。ドーパミンが放出され、脳の快楽神経系を刺激します(ヘロインを摂取した場合と同じ反応)。

飲んだ後60分。低血糖が起こります。

今日はどのくらい炭酸飲料を飲みましたか?あなたのお子さんはどうでしょう?2005年時点で、アメリカ人の食生活で一番のカロリー源として君臨していた精白パンが、ソフトドリンクにその座を譲りました。

平均的なアメリカ人が1間に飲むソフトドリンクの量は、60ガロン以上と言われています。次の炭酸飲料を手に伸ばす前に、ちょっと考えてみてください。炭酸飲料1缶のエネルギーは150キロカロリー。砂糖10さじ分、カフェイン30-55mg、他にも人工着色料や亜硫酸が含まれています。さらにこれは、危険性の高い高フルクトースの遺伝子組み換えコーンシロップの摂取源となっているという事実は、言うまでもありません。

炭酸飲料1缶は、他にはどのような成分が含まれるのでしょうか。

  • リン酸。カルシウムの吸収を妨げ、骨粗しょう症または歯や骨の軟化を引き起こす可能性があります。
  • 糖。糖は、インスリン濃度を上げ、高血圧、高コレステロール、心臓病、糖尿病、体重増加、早老症、その他多くの副作用をもたらす可能性があることが証明されています。ほとんどの炭酸飲料には、推奨栄養所要量(RDA)を超える糖分が含まれています。100-Plus Ways in Which Sugar Can Damage Your Healthという記事でもリスト化してご紹介しましたが、他にも様々な点で健康に多大な悪影響を及ぼします。
  • アスパルテーム。ダイエット炭酸飲料に砂糖の代替品として使われる人工甘味料です。アステルパームの摂取により、脳腫瘍、先先天性異常、糖尿病、情緒障害、てんかん/発作をはじめとする92種類以上の副作用があることが確認されています。
  • カフェイン。カフェイン入りの飲料は、興奮状態、不眠、高血圧、不整脈、血中コレステロール値の上昇、ビタミン/ミネラル不足、胸のしこり、先天性異常、ガンなどを引き起こす原因となります。
  • 水道水。水道水には、塩素、トリハロメタン、鉛、カドミウムなどの化学物質および様々な有機汚染物質が含まれる可能性があるため、そのまま飲むのは避けましょう。また、水道水は、多くのボトル入り飲料の主成分ともなっています。

炭酸飲料や甘味飲料の過剰消費が、肥満の世界的流行に拍車をかける原因の1つとなっているのは明白です。

英国の医学雑誌The Lancetザ・ランセット)で発表された研究(査読有り)では、炭酸飲料の消費量と小児肥満の強い関連性を示しました。習慣的に炭酸飲料を飲んでいた12歳の子供達には、炭酸飲料を飲む習慣のない子供達に比べて肥満の傾向が高いことが分かりました。事実、研究期間中の約2年間、毎日甘味料の入ったソフトドリンクを飲ませ続けた結果、肥満のリスクは60%も上昇したことが分かりました。

さらにもう1つ、体重で悩んでいる方に恐るべき事実です。1日にたった1缶の炭酸飲料を、1年間飲み続けるだけで、体重は15ポンドも増加する可能性があるのです。

炭酸飲料が健康に悪影響を及ぼすことを示す統計結果は他にもあります。

  • 1日1缶の炭酸飲料で、糖尿病のリスクが85%上昇する。
  • 炭酸飲料を飲む人はガンのリスクが高くなる。政府が定める飲料水中のベンゼンの許容量が5 ppbであるのに対し、一部の飲料で79 ppbが検出されています。また、調査の対象となった100銘柄の飲料のうち、そのほとんどに検出可能なレベルのベンゼンが含まれることが分かった。
  • 炭酸飲料はDNAにもダメージを及ぼすことが確認されている。安息香酸ナトリウムという保存料が原因となっている。DNAの中枢部の働きを止めてしまう保存料であり、多くのソフトドリンクに使用されている。これは最終的に、パーキンソン病や肝硬変などの疾患を引き起こす原因となる。

もしあなたがまだ炭酸飲料を愛飲しているのなら、まずその習慣を止めることが健康改善の近道です。代わりに、真水がよりよい選択でしょう。もし炭酸入りがよければ、ライムやレモンを搾った炭酸ミネラル水がお勧めです。

ましてや子供に飲ませる理由は1つもありません。絶対、絶対に、ゼロです。どんな場合でもです。炭酸飲料を止めることこそが、あなたやお子さんの健康上の問題を解決する最も重要な要素の1つです。

炭酸飲料が中毒になって苦しんでいる人には(砂糖はコカインより依存性が高いということを憶えていますか?)その不健康な習慣から脱するのに簡単かつ効果的な、ターボタッピングという方法をお勧めします。ターボタッピングは、ある一定の短い期間に集中して問題解決を行うために開発された感情解放テクニックEFT)をシンプルかつ賢く利用する方法です。
出典および参考資料
前の記事 次の記事

免責条項: 本ウェブサイトのコンテンツは特に断りのない限りすべてDr. マーコーラの意見に基づいています。個別の記事は記載の通りに著作権を保持するそれぞれの執筆者の意見に基づいています。このウェブサイト上の情報は有資格の医療従事者との1対1の関係性を置き換えるものではなく、医師のアドバイスとして想定されるものではありません。Dr. マーコーラおよび彼のコミュニティによる研究と経験からの知識および情報の共有を想定しています。Dr. マーコーラは、あなたがご自分のヘルスケアに関する決定を、有資格の医療従事者とのパートナーシップの中で下すことを推奨します。あなたが妊娠中、投薬中、または内科的疾患がある場合は、このコンテンツに基づいて製品を使用する前にかかりつけの医療従事者に相談してください。