• Pyramid Training
    ピラミッド・トレーニング
    1. ピラミッド・トレーニングは休息で止まらずに、筋肉群を鍛えます。軽いウエイトと多くの反復で始めて、次に、筋肉が消耗するまで、繰り返しの数を減少させながらウエイトを約15パーセント徐々に増加させます。
  • Tabata Protocol
    田端プロトコル
    1. 田端和泉博士の20秒の高強度の動きと、10秒の休憩によるインターバルタイプ・トレーニング(HIIT)プロトコルです。このサイクルは8回の繰り返します。このプロトコルは、糖尿病の危険を減らし、有酸素運動および嫌気性キャパシティーを高め、休息中でも、運動後の12時間でさらに150カロリーを燃焼させてくれます。
  • Interval Cardio
    インターバル・カーディオ
    1. 30秒間疾走し1分休憩を交互にするような短く、より強度の高い運動を行えば1時間の間ジョギングを行う必要はなくなります。私のピークフィットネス運動(最大の力で30秒運動し90秒回復)は、私が個人的に好み推奨するHIITアプローチです
  • Mix Cardio
    カーディオウエイト混合
    1. カーディオとウエイトは同じ時に行ってもかまいません。チェストフライのような上半身運動のあとで、下半身スクワット、次に、簡単なHIIT活動で終了します。個人的に私は、パワー・プレート伸張、10回の懸垂、10回のディップおよび20回の逆さま腕立て伏せで、典型的にはピークフィットHIIT運動を仕上げています。
  • Drop Sets
    ドロップ・セット
    1. ドロップ・セットでは、典型的なウエイトで始め次にウエイトを徐々に落とします。これがあなたのEPOC(燃焼カロリー)を増加させ、休息なしで、間に休息を挟まずセットを行なうことです。ウエイトを各セットの後で20パーセント、および最後のセットでは50パーセント落としてみてください。
  • Plyometrics
    プライオメトリックス
    1. プライオメトリクスは、素早く瞬発的な動きが特徴で、短時間で多くのカロリーを消費しながら筋力を強化する事ができます。例えば、プライオメトリックの腕立て伏せを行うには、胸骨がフロアに触れたらポジションをk-婦詞、約3秒間呼吸し、その後、上方へ爆発的プッシュを行ないます。さらに、ジャンプスクワット、小さな箱か低い椅子をジャンプすることなどを試してもよいでしょう。
  • Super Setting
    スーパーセット
    1. スーパーセットは間の休息なしで、バック、チェスト、二頭筋および三頭筋のような対立筋グループの運動を行なうことを指します。これは時間を節約し、より多くの筋肉増強刺激を得ることを可能にします。たとえば近く握ったダンベルとチェスト・プレスを交互にしてみてください。
  • Compound Sets
    ジャイアントセット
    1. 細い筋肉および筋肉質の体を構築する、ジャイアントセットです。同じ筋肉群に3つの運動を課します。列として各セットの間に休息の10秒を含みます)。これは、筋肉増殖を促進し時間を省いて、短期間で筋肉を有効に緊張させて負荷をかけます。
  • Giant Sets
    2つの動作を1つに
    1. 一度に2つの動きを組込む場合、より短い時間で全身運動が可能です。例えば、スクワットとオーバーヘッドプレス、または
      突きとラテラルレイズを組み合わせてみm手ください。
  • Total Body Workout
    ジャイアントセット
    1. 細い筋肉および筋肉質の体を構築する、ジャイアントセットです。同じ筋肉群に3つの運動を課します。列として各セットの間に休息の10秒を含みます)。これは、筋肉増殖を促進し時間を省いて、短期間で筋肉を有効に緊張させて負荷をかけます。